CATEGORY

芸術

初演キャンセル『ヌレエフ』@ボリショイ劇場

ボリショイ劇場で初演予定だった「ヌレエフ」の上演がキャンセルとなりました。 こちらのニュース映像↓どんな感じの舞台か、少し垣間見れます ウーリン総裁曰く来年の5月に再度上演を行う予定とのこと。インタビューの全てはこちら(ロシア語のみ) 色んな噂が流れてはいますが、気の毒なのはダンサーだなぁと思います。 6月末に日本公演から戻ってすぐ短期間で仕上げて。色々追い込まれて、その上でのキャンセル。 &nb […]

ボリショイ日本公演に思うダンサーのキャリアについて

6月1日からボリショイバレエの日本公演が始まりました。まずは広島から、 そして本日4日からは東京文化会館で「ジゼル」と「白鳥の湖」が連日上演されます。 先日早稲田大学の方でまたバーチャル・バックステージツアーの講義をさせて頂く機会がありました。その時にダンサーについても色々調べていたのですが、今回の来日公演にあたってのダンサーたちへのインタビューや他の劇場内部の人たの話によると、どうやら2016年 […]

バーチャル・バックステージツアー@朝日新聞社

先日アップした怒濤の日々の合間に2回一時帰国していたのですが、2回目の先月4月は朝日新聞社で「バーチャルバックステージツアー」なる講演会をさせて頂きました。 今年は1957年のボリショイ劇場初来日公演から丁度60周年記念の年になります。6月に来日公演を控えており、そのプレイベントとして早稲田大学バレエ史研究家の川島京子先生とご一緒させて頂きました。 以前、同志社大学の学生さんのゼミで講演をしたこと […]

新企画*劇場芸術の多面性を知って貰うために

ボリショイ劇場のバックステージツアーの案内を始めて、丁度5年が経とうとしています。 このツアーはロシアの劇場芸術の伝統を知って貰うことは勿論、舞台って何だか良く分からないという方に、 「バレエ=女性だけのものという思い込みに気付いて貰う」 「観劇に対するハードルを下げる」 「バレエや舞台に対する偏見を少しでも払拭する」 ということが最大の目的です。 しかしロシアにいらっしゃる日本人の数はそこまで多 […]

ベートーヴェンのピアノコンサート@モスクワ音楽院

先日カワイピアノの方からお声掛け頂き、モスクワ音楽院教授パーヴェル・ネルセシアン(1964年ー)によるピアノリサイタルに行ってきました。 彼はドレンスキー教授の下で研鑽を積み、現在は世界各国でコンサートやマスタークラスも開催しているそう。ルガンスキーやマツーエフもこのドレンスキー教授の門下生だったのですね。音楽関係に関しては詳しくないので、色々繋がってくると面白いです。 プログラムはベートヴェンの […]

レオン・バクスト生誕150年展@プーシキン美術館

6月からモスクワのプーシキン美術館 Государственный музей изобразительных искусств имени А.С. Пушкинаで《レオン・バクスト生誕150年》Лев Бакст / Leon Bakst. К 150-летнию со дня рождения展が開催中です バレエ・リュスの作品の衣装、スケッチ、映像、舞台背景画や資料等々約250の作品が […]

リガ・ぶらぶら街歩き/レオン・バクスト展

先日行ったラトビアのリガではたまたまですが、バクスト展を見付けてしまいました。 現在モスクワのプーシキン美術館でも開催中ですが、ここでも・・・!と一気にテンションが上がってしまいました。 今年はバクスト生誕150周年の年に辺り、あちこちで展示会が開催されているんですね。 レオン・バクストは1866年現在のベラルーシ生まれ。一家で当時ロマノフ王朝の都であったサンクトペテルブルグに移住しペテルブルグ帝 […]

ぶらぶらアルバート通り@商売ベタなおじさん

久しぶりに歩行者天国&お土産屋通りとして観光名所になっている旧アルバート通りをうろうろしていたら、なんとも素敵な線描画(線画)を発見。友人曰くサンクトペテルブルグでは昔からずっとお土産としても有名だとか。。全く知りませんでした。 それにしても可愛いです。 サイズも小さいし、日本の家屋で飾るのには丁度良い大きさじゃないかなと思います。 この作家さんはサンクトペテルブルグ在住のНина Ива […]

ロマン・ヴィクチュクの世界 オスカー・ワイルド『サロメ』

先日『サロメ』を観てきました。 シュトラウスのオペラ『サロメ』ではなく、演劇の方です。 ロマン・ヴィクチュク劇場の『“サロメ” オスカー・ワイルドの奇妙な戯れ』です。 劇場はA・Jigarhanyana (А.ЖДИГАРХАНЯНА) 最寄りはウニベルシテート駅。 今年初の舞台鑑賞は演劇でスタートでした。 オペラ『サロメ』は オスカー・ワイルドの耽美的、退廃的な戯曲を、R.シュトラウスが極彩色の […]

>総合芸術としてのバレエ

総合芸術としてのバレエ

舞台というものは演者たちだけでは成り立ちません。裏舞台で支えている多くの人々の尽力あってこそ表舞台がより引き立ちます。
建築・歴史・哲学・文学・音楽・美術・デザイン・踊り・歌、全てを包括しているのが劇場芸術です。
生活の中で芸術はなくても良いものかも知れません。しかしあるとより豊かになるものだと私は考えます。 人でしか紡ぐことの出来ない伝統の世界。色んな角度から眺めてみると、きっと新しい発見があるはずです。

CTR IMG