芸術

未上演の子供向けバレエ作品「とんぼとあり」@ボリショイ劇場芸術展

肌寒い日が続くモスクワです。

ボリショイ劇場芸術展開催にあたり、Instagramで新しいアカウントを作り日々更新しておりました。

mavita_bolshoi のアカウント こちらクリックするとページに飛びます

そしてこれからこのinstagramにも紐づけて、以下の趣旨でこのサイトでも情報をアップしていこうと思います。

 

1776年に創設されて以来、243年の歴史を持つボリショイ劇場。

その長い歴史の中で、人気がある作品がレパートリーとして残ってきたわけですが、
構想を練っても未上演で終わったものや、2、3回の上演で打ち切りになってしまったもの
政府から圧力がかかってしまったもの(ロシアの歴史を考えると当たり前にあることですが)などなど

消えてしまった幻の作品も山ほどあります。

そして振付家・演出家・デザイナー・作曲家などのクリエイティブな人たちが沢山関わってきており
今日に続く作品は時代の流れの中で刷新されてきています。

劇場という箱があって、舞台芸術は土地や人々に根付く文化なのですね。

日本での展示会で公開できるものから連れていけないものも沢山あります。
instagramにも紐づいているので、日々そちらからもチェックしてみてください。詳細をこちらでご紹介していきます。

これからこの趣旨の元、いろんな作品や舞台の構成要素の一部をここで綴っていきたいと思います。

 

 

まずはこちら。ソ連アニメに関連した作品のイラストを発見しました。

子供向けバレエ【とんぼとあり】1951年

instagramでもアップしたものです。ページに飛びます

イワン・アンドレーヴィチ・クリーモフという作家の1808年の寓話が元になっています。

 

ボリショイ劇場での作製に関わったのは

А.Л.Птушко アレクサンドル・プトゥシコ (映画監督・アニメーター、ソ連人民芸術家)*余談ですがこの人はソ連映画「石の花」の監督でもありました

Л.И.Мильчин レフ・ミリーチン(映画監督・アニメーター・名誉芸術家)

Ю.М.Ефимов ユーリー・エフィーモフ(ソ連/ベラルーシの指揮者・国民芸術家)

1951頃にこの方達によってソ連アニメ「とんぼとあり」を子供向けの舞台作品として上演しようと試みた作品。

いわゆるイソップ童話の「アリとキリギリス」と同じような内容なのですが
こちらのアニメ、ソ連の人々の様子がよく描かれています。「労働」の尊さを謳ったアニメ。プロパガンダ的なものですね。
しかしソビエトアニメはやはり音楽の使い方、優しい動き、表情の豊かさ、そして独特の色遣いが特徴的です。

 

こちらの記事でもご紹介しましたが、アニメ界で経験を積んだ人たちが舞台の世界でも活躍しています。

ボリショイ劇場美術館100周年記念展 

上のアニメを見ていただくとわかるのですが、いろんなキャラクターが登場します。

 

そして、

毛虫に乗った動物や昆虫たちだけでなく、実はこんなキャラクターも考案されていました。

アイスクリーム売り子猫さん。笑 Кошки-Мороженщицы 1951
ちょっとセクシー系なのかなと

 

あとはこちら。
お母さんスズメが双子スズメを乳母車に乗せています
Воробьиха с детьми 1951

車体はいがぐりで車輪はきのこ??

 

なんと素朴で可愛いのでしょうか。(一瞬おばあちゃんスズメと孫スズメっぽいですが笑)
アニメには登場しないキャラクターを、舞台では色々と創作しようと考えていたのでしょうね。

 

上演に至らなかった明確な理由は分かりませんが、当時、時代の先端を行くアニメーターや監督たちが集まって、オーケストラの音楽の構想も練りながら、想像の限りのキャラクターたちを思い描いてあーだこーだと意見を出し合っていたのだろうなと思うと、ワクワクしますね。

この絵柄の絵本があればいいのになと、妄想は広がります。笑

 

この先、新しいクリエーターたちが再現&今の時代に合わせて造ってみよう!となる日が来るのかも知れませんね。
無限の可能性が舞台には広がっています。

 

 

おまけ/ご参考:

А.Л.Птушко プトゥシコのドキュメンタリー(ロシア語)

【ボリショイ劇場芸術展】新しいinstagramアカウントを作りました

【ボリショイ劇場芸術展】を日本で開催しようと、約3年前からずっと日本での営業活動を続けておりました。
この度主催新聞社が決まり、2022年の開催を目指してこれから協力頂ける美術館探しの段階となりました。

ボリショイ劇場美術館100周年記念カタログの表紙がアカウントの写真になっています

(⬆︎この写真からアカウントに飛びます)

 

展示会について、2017年にこちらの記事にもアップしています

新企画*劇場芸術の多面性を知って貰うために

ボリショイ劇場バックステージツアーを始めて8年目。もう8年!?と驚きなのですが
今までご参加下さった人たちがいたからこそ、続けることが出来たツアーです。

今まで何度ツアーをご案内してきたのかもはや数えられないのですが(ちゃんと数を把握しないとです)
一度として劇場が同じ状態だったことはありませんでした。

 

上演演目によっても舞台の様子が違いますし、
防火用のシャッターが降りていることもあったり(!)幕が閉まっていることもあれば
裏方さんたちの作業、舞台背景画が上がって舞台裏まで見えたり、
照明さんフル稼働、ダンサーやオペラ歌手たち、オーケストラのリハーサル、
ピアノでの練習やフルオーケストラ+舞台衣装つきのリハーサルなどなど・・・
指揮者の方がプリプリ怒っていたり、ダンサーが悪態をついていたり、先生の迫力にダンサーが負けていたり
面白い一面も垣間見れます。笑

特に普段着で練習をしているオペラ歌手の方達。普通の人たちなのに、いきなり歌い出すとびっくりします。

上演を待つひっそりとした劇場

劇場は生きている空間です。

そこで毎日毎日練習行われ、生の舞台が上演されていて
沢山の人たちの手がかかり思いが込められています。

 

そういった伝統を守っている劇場という空間がどんなところか、肌で感じてもらえたらと思って始めたツアー。
そしてロシアを訪れる人たちだけでなく、日本でより多くの人たちに、劇場を作る多面的な要素に触れてもらう
機会を作れたら、という思いがあふれてきました。

ボリショイ劇場美術館館長さんに直接提案して快諾して貰えて、委任状と開催全権を頂いて
日本であちこち動きまくっていましたが、快諾してくれたのは、日本人のツアー参加者の方達のお陰様です。
熱心に話を聞いてくれるしマナーをちゃんと守ってくれると
(当たり前のことなのですがそうもいかない人たちもいます…)劇場でとても評判が良いんです。

 

途中、中々進まずめげそうにもなっていましたが、せっかくボリショイ劇場がくれたチャンス、
ここで潰してなるものかと、諦めずにここまでやってきました。

 

バレエを習っている子供達や親御さんたちにこそ、今一生懸命頑張っているバレエが
何回回れるかとか痩せているとか、足がどれだけ高く上がるかやジャンプを競うものではなく
物語、踊りやマイムの意味、作曲家の意図、時代背景、衣装やデザインとの調和といった
単純に技術だけではない「バレエ」の奥行きを知ってもらうきっかけになったらと思います。
先生方からも是非、子供達に伝えてもらいたいです。

そして芸術が好きな人、観劇やコンサート通いが趣味の人、ロシアの作曲家や文学が好きな人、
デザインやアートに関わっている人、ロシアという国そのものに興味がある人

少しでも引っかかる要素があったら、足を運んでみようと思って貰えるような展示会を実現したいと思います。

劇場はダンサーやオペラ歌手たちだけのものではありません。
お客さんの目で育っている文化です。

これから展示会開催に向けて、ボリショイ劇場美術館員の方たちとのやり取りや、劇場の様子など
instagramのアカウントから公開していこうと思います。
是非こちらフォロー下さい。

https://www.instagram.com/mavita_bolshoi

名前:The Art of the Bolshoii Theatre
ユーザーネーム:mavita_boishoi

大きなオーケストラピット。毎日ここで音楽が響いています

またこのブログでも随時進捗状況をアップしていきますので覗いてみてください。

どうぞ宜しくお願い致します。