芸術

“無” は豊かさの原点

今日はスペインでは3賢者の聖書の物語を祝う日(Three Kings Day / Dia de los Reyes Magos)なのですね♪

3人の賢者の美しいカードを頂きました♡

2018年が明けてあっという間に1週間が経とうとしています。

寝正月だった人、お仕事に追われた人、家族や友人と密な時間を過ごした人、皆それぞれに満喫されたでしょうか。

ここ数年、モスクワの年末年始の装飾が煌びやかになり、また街並みが整備されるに従ってロシア人の生活様式がどんどん変化しているんだろうなと感じます。このスピード感は世界中同様かもしれませんね。
90年代の混乱期からすると、本当に全くの別世界です。

12月24日のボリショイ劇場

特に年末年始の装飾に関しては、ヨーロッパの真似をしようとして大分洗練されつつあります。が、何よりも土地が広いため全てが大きくなり“やり過ぎ感”が出ています。そうすると、どうしても野暮ったくなるのが関の山。
派手な色を好み「小さくまとまって小綺麗に」なんていう発想も概念もほぼないに等しい人たちなのでどうしても 
うーん・・・という感じ。
しかしそれを否定しているわけではなく、それがロシア人らしさ、広大な大陸の人たちらしさなのだろうなと思います。

ラッピングされてしまっているツム百貨店

このお正月は19世紀前後に活躍した指揮者及び音楽家をあれこれ調べていましたが、0を1にする作業の方が、1を10にする作業よりも何倍ものもがきや葛藤があるのだと改めて思いました。

無から有を生み出す力って、やはり並大抵のものではありません。しかしそれをやってのけた巨匠たち、そして才能を与えられたが故に苦しみも味わった音楽家たちの努力あってこそ、現在の芸術は人から人へ繋がって繋がって今に至っているのだと思います。何かしらの楽曲を生み出しても、その真価を理解し、また人々に受け入れられて初めて「作品」として世に残ります。たとえ素晴らしいものだったとしても、それを演奏する技術や理解力また意図を読み取る感性や忍耐力がなければ、永遠に世の中に残らない作品だってきっとあるはずです。そしてあったのだと思います。
これは音楽だけでなく文学も美術でもなんでも同様です。

しかし、有名な芸術作品だけでなく、私たちの生活にはそれこそ色んな美があふれています。

たとえば、手仕事による日用品を「用の美」とし、柳宗悦は “生活の中に美が宿る” と民藝運動を提唱しました。
当たり前にある日常の中に散りばめられているあたたかなものに目を向けています。
これはさらに言うと、物質的なものだけでなく自分たちの日々の生活の中にあるちょっとした出来事を愛しんだり、また自身の感性を信じてみることが原点なのではないか、なんて思います。

結局自分の好きなもの、何か心に触れるものが、自分の生活も人生も彩るのだと思います。

キラキラ

またキャンパスいっぱいの豪華さよりも、引き算や余白の美を尊ぶ日本画のように “ないところ” ーその余白にこそ想像や豊かさが含まれているのではないでしょうか。歌川広重などの浮世絵には余白から生まれる情景があります。

何かで埋めてしまうのではなく、その「ない」ことも、怖がらずに大事にしていけば良いのかもしれませんね。

胸のうずく旋律、ひと筆の傾き、言葉を紡ぐ音色
こういった無から有を生み出す人の感性が、人を感動させまた力づけます。

何も「ない」からこそ、無限なのだなと。

・・・なんて思った2018年の始まりでした。

モッフリぐっすり

では、良い週末を!

 

モスクワ・クラシックバレエ団 in Japan

久しぶりのブログ更新です😅

12月初旬、モスクワ・クラシックバレエ団の日本公演に行ってきました。
丁度日本で別の用事があったので、せっかくだからとバレエ団の日程にも合わせて帰国。

久しぶりに入った上野の東京文化会館の楽屋では、とても懐かしい気持ちでいっぱいになりました。

舞台袖の柱は各国の来日した劇場のアーティストたちのサインが残されています。文化会館はその柱を残して全体をリフォームをしたと聞いています。

色んな劇場のポスターも

舞台袖からの景色はやっぱり懐かしい

このブログでも何回か取り上げているむっちゃんこと吉田むつきはこのバレエ団でずっと舞台に立ち続けています。
中国の踊りは「顔採用」なんて半分本気半分おバカなこと言っていますが、実力あっての配役です。

楽屋でパチリ。

40本のバラの花束と。素敵な紳士からの贈り物

関東から九州まで、ハードな日程をこなし、彼女たちも無事にモスクワに戻ってきました。

これからトルコ公演(!)と国内公演と大変そうですが、皆ガンバレ!

大盛況でした

モスクワではしょっちゅうこのバレエ団の舞台を観ていますが、今回はとってもウルウルしてしまいました。日本で観ると非常に感慨深いです。

舞台装置の色使い、衣装の趣、やっぱりロシアのバレエ団の独特な個性を感じました。団長のカサートキナと先月惜しくも亡くなってしまったご主人のワシリョーフ、この二人の功績はやはりすごいものだなと改めて思います。

続けていくことの途方もなさ、人が変わってもずっと守られるバレエ団のスタイル。ダンサーは勿論、裏方さんや衣装さん、メイクさんそして劇場という場所がその全てを守る媒体になっているのだなと、その壮大さに改めて気付かされます。

チャイコフスキーの音楽もやっぱり素晴らしいです。

モスクワに戻ってもずっと聴きっぱなし。笑

バレエではありませんが、観ていてとても気分の良い動画を見つけました♪ロッテルダムのオーケストラです。

「くるみ割り人形」はこの時期ならではの風物詩。是非機会を見つけて楽しんでください 😀

劇場情報