CATEGORY

舞台

時代を超えた不朽の作品『白鳥の湖』1877年初演の失敗

7月末のシーズン・オフまでボリショイ劇場の特別展示室ではチャイコフスキーの『エフゲニー・オネーギン』特集 をしております。 余談ですが『エフゲニー・オネーギン』というとこの3幕のポロネーズの音楽に聴き覚えのある方が多いと思います。 このオペラが初演されたのは1881年のボリショイ劇場。 「失敗するかも?」という疑念があったので、1881年の初演の時は舞台装置や衣装は作られず、いろんな作品から衣装や […]

Kバレエカンパニー時代の仲間との再会

先週ボリショイ劇場新館でイングリッシュ・ナショナル・バレエ団の『ジゼル』が来ていたのですが FacebookでKバレエカンパニー時代のダンサー仲間がモスクワ行きまーす というようなアップを見て、あ、そうだ、彼はこのバレエ団だった!と記憶が繋がりました。   今回上演されたアクラム・カーンのジゼルはこちら⬇︎ 2019 Dance Europe 長野由紀さんの解説を発見。←是 […]

未上演の子供向けバレエ作品「とんぼとあり」@ボリショイ劇場芸術展

肌寒い日が続くモスクワです。 ボリショイ劇場芸術展開催にあたり、Instagramで新しいアカウントを作り日々更新しておりました。 そしてこれからこのinstagramにも紐づけて、以下の趣旨でこのサイトでも情報をアップしていこうと思います。   1776年に創設されて以来、243年の歴史を持つボリショイ劇場。 その長い歴史の中で、人気がある作品がレパートリーとして残ってきたわけですが、 […]

初めてお目にかかりました

先日のバックステージツアーでは、舞台裏までスコーンと吹き抜けの状態で作業をしており 滅多にお目にかかれない、舞台の天井にかかっている教会の鐘も見ることが出来ました。 今までツアーをしてきましたが初めてちゃんと見ました。 8年目にして初。笑 まぁお客さんに見せるものではないので目に触れないのは当然かもしれませんが。 ⬇︎この図で言うと、13番の位置ですね。 この解体図は2011年のリニ […]

ボリショイ劇場美術館100周年記念展 

2018年の12月19日から、ボリショイ劇場の近くにあるノーヴィー・マネージというところで ボリショイ劇場美術館100周年記念展 が開催中です。   1918年から2018年の100年間の劇場そして舞台の歴史と、その間に上演されたもの、未上演に終わった幻の作品などを含め 貴重な資料がこれでもか!と展示されています。   このデザインはマリア・アレクセーヴナ・サコーロワ(関連記事 […]

やっぱりこれ『くるみ割り人形』の季節です

新年ということでやはり観ておきたい!と思い立ち、バレエ『くるみ割り人形』を観てきました。 ノーバヤ・オペラというエルミタージュ公園の中にある劇場で、 今年はРусский класический балет имени М.Петипа (Russian Classical Ballet)が上演しています。 このバレエ団は2007年に発足したツアーカンパニーのようです。 演出はワイノーネン版をベー […]

2018年もあと2日。ゆく年の振り返り

この間明けたと思ったら、もうあと2日で終わってしまう2018年 😯   皆さんにとってどんな1年でしたか?   世界的な大イベント、ロシアワールドカップもかなり盛り上がりましたね。 イベントを動かす裏舞台の方達に触れる機会を持てたことは、とても貴重な経験となりました。 そして表舞台で活躍する選手たちの姿は、世界中の人たちの心を打つものだったと思います。   モスクワに […]

子ども向け作品『チッポリーノ』の舞台

先日ボリショイ・バレエ学校の留学生仲間で戦友(!)でもあるむっちゃんが、ニコライ・アンドローソフ率いるバレエ団、ルースキ・セゾニの作品に客演するということでその舞台を観てきました。 彼女が踊ったのはラディッシュ(写真1列目ピンクの衣装です)1幕50分/全2幕で、常に舞台に出ずっぱりでした。よくあの短時間で覚えたなーと感心…笑   このバレエ団は現在ルースカヤ・ペースニャという劇場に所属し […]

子ども向けの演目

連日マイナス10度超えのすっかりモスクワの冬らしい寒さになりました☃️ 年末年始は各劇場で『くるみ割り人形』の上演があります。チャイコフスキーの音楽は日本人の耳に良く馴染んでいますし、ファンタジー溢れる物語と舞台美術、そしてダンサーたちの踊りのコラボは必見。是非このさむーい時期に楽しんで貰いたい作品です。   さて、今回は子供向け演目をいくつかピックアップして […]

ボリショイ劇場バックステージツアーのお知らせ

気がついたらもう12月。この間お正月だったような気がしますが・・・笑 1年という年月は本当にあっという間ですね。 さて、今月12月のバックステージツアーは 19日(水)10時から行います。 年末年始のくるみ割り人形に向けて劇場もダンサーもバタバタモードだと思いますが。。 平日ですがもしご興味があれば是非ご参加ください。   そして来年2019年の1月は 13日(日) 26日(土曜) 27 […]

>総合芸術としてのバレエ

総合芸術としてのバレエ

舞台というものは演者たちだけでは成り立ちません。裏舞台で支えている多くの人々の尽力あってこそ表舞台がより引き立ちます。
建築・歴史・哲学・文学・音楽・美術・デザイン・踊り・歌、全てを包括しているのが劇場芸術です。
生活の中で芸術はなくても良いものかも知れません。しかしあるとより豊かになるものだと私は考えます。 人でしか紡ぐことの出来ない伝統の世界。色んな角度から眺めてみると、きっと新しい発見があるはずです。

CTR IMG