舞台

久しぶりの『スパルタク』

4月初旬、久しぶりにボリショイ劇場の『スパルタク』を観て来ました。

カーテンコール

現在ボリショイ劇場で上演されているグリゴローヴィチ版の同演目は1968年の4月9日が初演でした。つまり今年は丁度50周年に当たる年。久しぶりにハチャトリアンの壮大な音楽と、男性ダンサー総動員の迫力のある舞台に大興奮。笑

1968年の初演の際、指揮をしたのは現在もボリショイ劇場の指揮者を務めているゲナーディー・ラジデェストヴェンスキー(Геннадий Рождественский)だったのですね。彼も86歳でまだご健在。現在91歳のグリゴローヴィチしかり、天才たちと今を共有出来るということはとても幸運なことだと思います。

グリゴリーヴィチの演出は無駄なマイムを排除して、ダンサーのステップで音楽を見せるというものですが、そのステップの中に登場人物たちの葛藤、愛や仲間への思いを込め、また音楽の旋律は彼らの感情を最大限に生かす役割を担っています。音楽と演出、振り付けや舞台装飾と、舞台を作る一つ一つの構成要素が合わさって全てがピタリとはまる。それが舞台芸術の素晴らしさであり、生物というドラマを仕立て上げます。

主役の4人。カプツォーワ、ロブーヒン、シプリナ、ボロチコフでした

ダンサーたちはその表舞台を飾る代表であり、総仕上げを担っている責任重大な人たちですが、ダンサー含め舞台に関わる全ての人の尽力あってはじめて、お客さんを楽しませることが出来ます。

「完璧」な本番を提供することがいかに大変か…

バックステージツアーでは、舞台の裏方さんたちの作業風景や、歌手やダンサー、オーケストラの練習風景、また照明調整の場を垣間見ることがあります。(*注:劇場スケジュールは毎日違っているので見学出来る日と見学出来ない日があります)

本番とは違う普段の劇場の姿に触れる度に思うのは、
舞台だけでなく、どんな物事も自分一人の力だけでは成し得ない事が沢山あるのだなという事です。

現在マリウス・プティパ特集をしている特別展示室より

舞台ってやはり全身で楽しむのもだなと、改めて感じた夜となりました。

 

モスクワ・クラシックバレエ団 in Japan

久しぶりのブログ更新です😅

12月初旬、モスクワ・クラシックバレエ団の日本公演に行ってきました。
丁度日本で別の用事があったので、せっかくだからとバレエ団の日程にも合わせて帰国。

久しぶりに入った上野の東京文化会館の楽屋では、とても懐かしい気持ちでいっぱいになりました。

舞台袖の柱は各国の来日した劇場のアーティストたちのサインが残されています。文化会館はその柱を残して全体をリフォームをしたと聞いています。

色んな劇場のポスターも

舞台袖からの景色はやっぱり懐かしい

このブログでも何回か取り上げているむっちゃんこと吉田むつきはこのバレエ団でずっと舞台に立ち続けています。
中国の踊りは「顔採用」なんて半分本気半分おバカなこと言っていますが、実力あっての配役です。

楽屋でパチリ。

40本のバラの花束と。素敵な紳士からの贈り物

関東から九州まで、ハードな日程をこなし、彼女たちも無事にモスクワに戻ってきました。

これからトルコ公演(!)と国内公演と大変そうですが、皆ガンバレ!

大盛況でした

モスクワではしょっちゅうこのバレエ団の舞台を観ていますが、今回はとってもウルウルしてしまいました。日本で観ると非常に感慨深いです。

舞台装置の色使い、衣装の趣、やっぱりロシアのバレエ団の独特な個性を感じました。団長のカサートキナと先月惜しくも亡くなってしまったご主人のワシリョーフ、この二人の功績はやはりすごいものだなと改めて思います。

続けていくことの途方もなさ、人が変わってもずっと守られるバレエ団のスタイル。ダンサーは勿論、裏方さんや衣装さん、メイクさんそして劇場という場所がその全てを守る媒体になっているのだなと、その壮大さに改めて気付かされます。

チャイコフスキーの音楽もやっぱり素晴らしいです。

モスクワに戻ってもずっと聴きっぱなし。笑

バレエではありませんが、観ていてとても気分の良い動画を見つけました♪ロッテルダムのオーケストラです。

「くるみ割り人形」はこの時期ならではの風物詩。是非機会を見つけて楽しんでください 😀

劇場情報