Tag Archive: ボリショイ劇場バックステージツアー

自主的に自粛モードのモスクワ

コロナウィルスの影響で、3月17日から4月10日までの公演及びイベント等も全て中止になったため、

ボリショイ劇場のバックステージツアーもご案内出来なくなってしまいました。

この時期ご注文頂いていた皆様、本当に申し訳ございません。とても残念です。

それでもライトアップはされるのだ

 

5月1日まで全ての外国人(例外もありますが)のロシア国内への入国も出来なくなり、

一時帰国中でロシアに戻れなくなっている方や、会社の方針で一旦日本へ緊急帰国する方など

先週は周りがざわつきました。

 

しかし案外、ロシア人は冷静です。

思うに、90年代の物がない時代、国が崩壊、銀行も軒並み潰れたり、ものすごくタフな時代を生きたソ連人の方々

その時期に幼少期を過ごした30代・40代も健在。

20代はソ連を知らない子たちなのでやはり全然感覚は違うとは言え、親や周りの大人を見て育っているので案外動じていないようにも思います。

 

危機に対して免疫がある、というのは本当に強いなと感じます。

自家製の酢漬けを作る時だ!と張り切るおばちゃんおばあちゃん

いつもはパン1本抱えているだけのおじいちゃんも、さすがに袋に詰まった食料品を運んでます。

保存の効く蕎麦の実となぜか砂糖を大量買い。あとパスタやお米も売れています。

 

 

ちなみに
スーパーのカートに「蕎麦の実、砂糖、トイレットペーパー」がセットになって既に用意されているお店がある
という噂も耳にしました。コロナセットとでも言うのでしょうか。笑
(実際見てないので本当かどうかは不明ですが・・・)

 

一瞬スーパーからトイレットペーパーが消えた店舗もありましたが、すぐに補充されていますし

物資にはあまり困っていないです。マスクは中国からの輸入されなくなって早い段階から不足していましたが。

それでも街中のマスク率は50%以下のようにも思います。

ガラガラなメトロ

 

テレワークが導入され、モスクワ市からも不要にうろうろしないようにという御触れもありますが

なんとなく皆が自主的に自粛モードになっているなと感じます。

そしてどこか「なんとかなるさ」という雰囲気。

危機に強い人たちだと、改めて思います。

 

メトロのエスカレーターもご覧の通り

 

今後どうなるか、様子を見るしかないなという感じですね。

皆様お気をつけてお過ごしください。

北海道新聞【道新こども新聞】に掲載頂きました

本日2月29日付けの北海道新聞【道新こども新聞】にバックステージツアーの様子の記事が掲載されました。

実は・・・

取材日のツアーは運悪く(?)初演を控えた舞台の追い込み調整の日で、舞台上の撮影は著作権上厳禁。

(初演・公開前に見れた参加者はラッキーなことなのですが😅)

撮影は止めてくれと言われましたが、「舞台上は絶対に撮らないから!」となんとか説得。

・・・かつ、観客席も照明がついておらず、薄闇の中でのご案内。笑

 

このままでは撮影不可かなと思っていたら、パッと観客席の明かりが!

劇場よ、ありがとうーと心底ホッとした瞬間でした。

 

その一瞬の隙を逃さず撮影された記者さんはさすがプロです。😝 (☝️左上の綺麗な写真をご覧下さい)

 

そんなドタバタな裏話がありましたが、本日無事に掲載して頂くことが出来ました。

 

新聞を読む子供たちに、

 

世界は広いんだぞーってことと

知ることって楽しいぞーってことを

 

少しでも感じて貰えたら良いなと思います。

 

ちなみに舞台調整をしていたのはニコライ・リムスキー=コルサコフのオペラ『サトコ

先日2月14日に無事に初演されましたが、今回の演出はものすごく評判良いです。

初演前、オペラ歌手たちはかなりタフなリハーサルをこなしていたようですが・・・

ロシア語のオペラは中々馴染みがないかも知れませんが、機会があれば是非観てみて下さい。

👇こちらは1980年にボリショイで上演されていた以前の「サトコ」の一部です

迫力のある合唱と、ロシアの民族衣装が楽しめます。

素敵にまとめて下さった北海道新聞の小林記者に感謝申し上げます。

ありがとうございました。