Tag Archive: チャイコフスキー

時代を超えた不朽の作品『白鳥の湖』1877年初演の失敗

7月末のシーズン・オフまでボリショイ劇場の特別展示室ではチャイコフスキーの『エフゲニー・オネーギン』特集
をしております。

余談ですが『エフゲニー・オネーギン』というとこの3幕のポロネーズの音楽に聴き覚えのある方が多いと思います。

このオペラが初演されたのは1881年のボリショイ劇場。

「失敗するかも?」という疑念があったので、1881年の初演の時は舞台装置や衣装は作られず、いろんな作品から衣装や装置やらあれこれ持ち寄っての上演だったそうです。寄せ集めだったんですね。笑

 

なぜ「失敗するかも」と思われていたかというと、

 

プーシキンの小説の舞台化が可能か否かという疑問もあったのだと思いますが
4年前の1877年に、この作曲家の大作『白鳥の湖』がこの劇場でも初演された際、大失敗に終わっていたからです。

さらに台本を忠実に描き、壮大な交響曲的に仕上げられていた音楽は、当時の聴衆にはちょっと難しかったというのが
その要因だとも言われています。

 

が、そうではなかったようで

当時のバレエの演目は、ダンサーたちが好き勝手に自分の得意な踊りを披露するということが日常的に行われていた為、
この『白鳥の湖』も同様、ダンサーたちは自分の見せ場を盛り込んだ踊りを挟み込んだそう。
つまり音楽の一貫性に欠けていたんです。

そして主役を踊ったポリーナ・カルパコワはすでに全盛期を過ぎていたということもあり、
イマイチ盛り上がりに欠けてしまったのだとも思います。

ボリショイ劇場特別展示室より エフゲニー・オネーギン特集

 

ちなみに

当時はバレエ音楽=二流というように、バレエ音楽を手がける音楽家は少し下にも見られていたこともありました。

何故かというと、演出家やダンサーの意思で曲をカットしたり短縮するように注文されたりし、
それに合わせて作り替えたり調整することを要求されたからです。

 

つまり 曲<踊り と考えられていたんですね。

 

なので簡単に作曲家の意図を無視してしまうので(そもそも意思を持たないようにしていたかも知れませんが)
何かを生み出したいと考えている作曲家としては欲求不満に陥ってしまうのは想像に難しくありません。

言われた通りに作曲することを得意とする人なら別なんでしょうね。
相手の意図を汲み取るいう能力も、それもまたイマジネーションがいるものですし。

 

1877年当時のポスター(クリックするとinstagram mavita_bolshoiに飛びます)

 

しかしチャイコフスキーはもともとバレエ自体を愛していたようで、
『白鳥の湖』の作曲を劇場から依頼を受けた時は名誉に感じたでしょうし、自分なりの壮大な構想を練ったのだと思います。

 

しかし、残念ながらこの作品は評価されませんでした。

 

その後場所は移り、サンクトペテルブルグへ

 

当時の帝室マリンスキー劇場のウセヴィロジュスキー監督は1890年にマリウス・プティパ振り付け、チャイコフスキー作曲での『眠りの森の美女』を成功させ、

更に1892年には現在ではクリスマスの風物詩『くるみ割り人形』も作曲依頼をし好評を得た後、

1895年、『白鳥の湖』の再演(蘇演)を成功させます(!)

 

(三大バレエの誕生をこんなカンタンに段飛ばしのように書いて良いのでしょうか。笑^^;)

 

段階を踏んで・踏んで、再演に至らせた。彼はこのバレエの可能性を諦めなかったんですね。

 

ウセヴィロジェスキー監督が、プティパの振付家としての才能と、またチャイコフスキーの音楽性を信頼し諦めなかったからこそ、現代にまで続くこの三大バレエが続いている ということですね。

 

ただ1893年に、その上演を待たずチャイコフスキーは亡くなってしまいます。

1906年のオデット(白鳥)の写真

その後様々な振付家や演出家によって手が加えられながら、現在もこの1895年に大成功を収めたプティパ版をベースにした『白鳥の湖』が世界中で上演されています。

1976年 セメニャカのオデット

誰もが聞いたことのある物悲しいようなオーボエの旋律のこの作品は

もし、プティパがフランスからロシアに渡っていなかったら

もし、ウセヴィロジュスキーが監督官になっていなかったら

もし、劇場のトップが保守的で不評を恐れてお蔵入りにしていたら・・・

といろんなことが歴史の時間の中で織り合わさったからこそ、作品が世に残ることになったんですね。

ヴィルサラーゼの背景画。白鳥の湖3幕

 

そう思うとどの時代も才能を引っ張り上げる「誰か」がいるものです。

そしていつの世も創り上げる人たちの尽力あってこそ物事って成し遂げられていますね。

 

1877年のポスターを眺めながら、そんなことに思いを馳せてしまいました。

 

*こちらは道化師で岩田守弘さんが出演されています。2002年のボリショイ劇場が改修前に入る時の映像です*

 

『白鳥の湖』に関してはまだまだ沢山ネタがあるので、これから色々アップしていきます♪

instagramのmavita_bolshoiの方も併せて覗いてみてください。

 

やっぱりこれ『くるみ割り人形』の季節です

新年ということでやはり観ておきたい!と思い立ち、バレエ『くるみ割り人形』を観てきました。

ノーバヤ・オペラ

ノーバヤ・オペラというエルミタージュ公園の中にある劇場で、
今年はРусский класический балет имени М.Петипа (Russian Classical Ballet)が上演しています。
このバレエ団は2007年に発足したツアーカンパニーのようです。

演出はワイノーネン版をベースにしているものでした。

 

時期的に親子連れが多く子供も沢山いて大盛況。
彼らは幕が上がると指を差して「見てーママ!」など思わず声を出してしまったり。笑
隣に座っていたおばあちゃんが、ダンサーが出てくる度、何かリフトなどの大技があった時、またパッと照明がついた時などなどにいちいち「あらー」とか「すごい!」とか「素晴らしい!」とか呟いていて、あぁそうだよな、劇場ってそういう場所だよなーと改めて感じました。

2階席からの眺め。なんとこの席は400ルーブル(現在のレートだと700円しないくらいでしょうか)

1階のパルテールの一番後ろからはこんな感じ。アットホームな劇場です

 

やはりチャイコフスキーのはじめの序曲の旋律が始まった時は「きたーーー」とじわじわテンションが上がります。

 

*余談ですが・・・
以前から好きだったこの動画の演奏。今回改めて指揮者について調べたら分かったのがこちら。彼はロッテルダム・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者、ヤニック・ネゼ=セガン/Yannick Nézet-Séguinでした。この演奏本当にとても良いです。バレエなしでも聴いていてとても気分の良くなるテンポと滑らかさです。いつかこの指揮者のコンサート聴きに行きたい!

・・・さて話は戻り、じわじわくるのはこのはじまりの序曲。

しかし今回の演出は幕が開いたら後はすぐに家の中のシーンになりちょっと拍子抜けでした。(この動画でいうと序曲が終わったら一気に6:20に飛んでしまいます)というのも、通常はお客さんたちが主役のマーシャ(クララ)のお家に向かう外の情景の部分の曲が入ります(3:20から始まる情景のシーン)この、招待されたお家の中でのお話が始まるよーという導入場面がカットされていたんです。
演出や編曲はバレエ団によって異なるので仕方ありませんが、流れがぷつっと切れてしまうようなちょっとした違和感を感じました。
しかし、改めてチャイコフスキーの曲ってすごくドラマチックだし、ファンタジー溢れています。踊りはもちろんですが、盛り上がり方や見せ場をしっかり抑えています。
この曲もバレエも、もう120年以上前に誕生している作品なんですよね。。何度も改訂を繰り返しつつも、現代でもこんなに愛されている作品ってやっぱり有無を言わせない説得力があります。継承されている演出や振り付けはある程度完成されるので一定以上の満足感が絶対にあるというか。

個人的に気に入ったバストーチニー/東洋の踊り(日本ではアラビアの踊りと呼ばれています)

 

ダンサーたちの踊りはもちろんですが、魅せる装飾、お話を想像させる衣装、キャラクターたちの個性など様々な掛け合いが舞台の上にはあふれています。

 

主役のふたり。見せ場のリフトは残念ながら失敗してしまいましたが、まるで「大丈夫だよーそんな時もあるある!」という風にエールを送るお客さんの拍手はとても温かでした。怪我してなさそうでヨカッタ…

 

ベースにある物語、舞台装飾、衣装、照明、そして音楽とダンサーと観客、全てが揃っての “箱芸術” ですね。
皆がワクワクしながら一心に舞台を楽しんでいる姿を見て、尚更そのことを感じる時間でした。

 

劇場という場所はお客さんが集まって初めて成り立つもので、またお客さんが舞台を育てるものでもあります。
隣のおばあちゃんは最後までブラボー!と呼びかけ惜しみない拍手を送っていました。

 

そしてノーバヤ・オペラのオーケストラはいつ聴いてもやっぱりいいです。

モスクワに滞在されている方・また何か舞台を観たい方、この『くるみ割り人形』は1月8日までの連日2公演と、飛んで13日(日)も上演がありますよー

*チケット手配サイトのページはこちら

公園内の様子。ロシアのクリスマスは1月7日なので街中ツリーだらけ。どんどん盛り上がっております