Tag Archive: チッポリーノ

ボリショイ劇場美術館100周年記念展 

2018年の12月19日から、ボリショイ劇場の近くにあるノーヴィー・マネージというところで

ボリショイ劇場美術館100周年記念展 が開催中です。

 

1918年から2018年の100年間の劇場そして舞台の歴史と、その間に上演されたもの、未上演に終わった幻の作品などを含め 貴重な資料がこれでもか!と展示されています。

 

リムスキー=コルサコフのオペラ「金鶏」コーナー

⬆︎このデッサン画の衣装はどーこだ⬆︎

上の衣装が勢ぞろいすると、舞台全体はこんな感じ

このデザインはマリア・アレクセーヴナ・サコーロワ(関連記事/ロシア語のみ)のもの。彼女はアニメーション・スタジオ「ソユーズムルトフィルム」で経験を積んでいたようです。

ウラジーミル・ダニレヴィチ-①やイヴァン・イワーノフ・ワノ-②、また日本でも人気のある『霧の中のハリネズミ』ユーリー・ノルシュテイン-③のもとで仕事をしていた模様。彼女の独特の世界観はアニメーションの世界から来ているのかと納得です。

夫のヴァレーリー・レヴェンターリと夫婦共々舞台装飾のデザイナーで、レヴェンターリはマヤ・プリセツカヤの舞台「カモメ」などの舞台デザインも担当しています。彼もボリショイだけでなく、スタニスラフスキー=ネメローヴィチ・ダンチェンコ劇場やモスクワ芸術座にも関わっています。

 

*上に出てきたソ連アニメ界の巨匠たち と、作品をピックアップ

①ウラジーミル・ダニレヴィチ Владимир Данилевич

https://www.ivi.ru/watch/67469

 

②イヴァン・イワーノフ・ワノИван Иванов-Вано

https://www.culture.ru/movies/436/konek-gorbunok

 

③ユーリー・ノルシュテインの関連記事はこちら→「霧の中のハリネズミ」はどうできたかスプートニクより

 

舞台背景画や衣装、舞台美術のデザインをしている芸術家は、日本ではそこまで知られていない人たちが多いのですが、ロシアでは名前が出ると「あぁ、あの人ね」とか「〇〇の△△にも関係してた人よね」とかそういうコメントをちらほら聞きます。

例えばフョードル・フェドロフスキーというボリショイ劇場の美術担当(1927-53)そして舞台監督、劇場沿革で要になっている人物は、劇場の舞台だけでなくクレムリンの赤い星のデザインをしており、

これですね (wikipediaより写真引用)

ソ連を代表する芸術家です。もちろん彼の作品もこの展示会であちこちで見ることが出来ます。

 

中々日本では馴染みのない名前ですが上記のようなサコーロワのように、名高いソビエトアニメのスタジオで鍛えられていたような、多岐にわたる分野で実力を積み上げた芸術家たちが劇場を支えてきていたんですね。

また彼らも劇場で育てられてきたとも言えます。

バレエ「チッポリーノ」のコーナー

子供向け作品だとやはり色が鮮やかです

「くるみ割り人形」のコーナー

バレエ「せむしの仔馬」のデッサン画

実物はこれ。結構シュール・・・

登場人物達はかなりカラフル。原作は童話ですし子供の目を引くような色使い

キャラクターが中々濃いです

 

もちろんクラシカルな作品の衣装や写真も。

 

真ん中は100年以上前に作られた「ドン・キホーテ」の衣装。ドム・ナショーキナの展示会(2013年)以来久々の再会!

オペラの衣装から

靴と被り物コレクション

舞台メイクの下絵とメイクさんの様子や

大道具さんたちのアトリエの様子など

バレエ「ライモンダ」の衣装。うっとりするくらい上品な色彩。そして昔のクラシック・チュチュのチュールの質感の違いも感じます。写真では伝わりにくいですが・・・。ヴィルサラーゼの世界観を垣間見れます。

120点の衣装とデッサン画やポスター計450点ほどの出品です。映像もありかなり見ごたえたっぷりな展示になっています。ちょっと多すぎて途中でぼーっとしてしまいましたが。。笑

 

この美術館の人たちと関わるようになって早7年。
ダンサーたちとは違った意味での劇場愛。 彼女たちは舞台美術や伝統を守る役割に誇りを持っています。
整理・保管・管理しながら、さらにパフォーマンスとしてだけではない舞台芸術の側面を知る機会を作っていこうと、バックステージツアーをはじめこういった美術展を国内外で開催し、子供達へのマスタークラスやイベントなど様々な活動を行なっています。
一言で保管と言っても、衣装は1着とは言え上着・下・タイツ・帽子・髪飾り・マスク小物等備品も多く、全部で1セットというものが多いのでバラバラにならないようには勿論、刺繍部分など装飾を良い状態に保つことや、保管状態によって色味が変化することを防がないといけません。ただでさえ既に何度も舞台の上で使われて劣化してしまっているものが多いですし、古い衣装の扱いは中々気を遣います。

彼女達の仕事を含め、この日本で公開したことがない美術作品たち。やっぱり日本で紹介するぞと改めて思いました。

 

舞台ってダンサー達だけで成り立たず、場所が全てを育てるのだということを改めて実感です。そしてそれを保管し次世代に繋げることで、また新しいインスピレーションを与えることだってあります。

ロシアらしい色彩、アヴァンギャルドの挑戦、昔のお針子さん達の色重ねのセンス、魅せ方のヒント、などなど

温故知新というか、昔のものからも新しい何かを感じ取り学ぶことって沢山あります。

 

 

身体から身体へしか継承できない形のないバレエやオペラは、劇場という箱の中で様々な分野のエキスパート達によって守られ化学反応を起こして開花していきます。

全て人ありき ・・・それってどんな環境もそうですよね。

こうやって脈々と繋がっていくのだと思います。

 

 

舞台を作る要素の、万華鏡のかけらたちに出会える機会です。
2019年2月10日まで開催。是非足を運んでみてください。

 

*こちらノーヴィー・マネージ/Новый манеж詳細*

  • アドレス: Георгиевский пер., 3/3, Москва
  • 最寄駅: Охотный Ряд, Театральная, Площадь Революции
  • 電話: +7 495 692‑44-59, +7 495 645‑92-77
  • 営業時間: 火-日 12:00–21:00(月曜休館)

Выставка «Музей и Театр. 100 лет вместе (1918-2018)»

横に長い建物です

 

子ども向け作品『チッポリーノ』の舞台


先日ボリショイ・バレエ学校の留学生仲間で戦友(!)でもあるむっちゃんが、ニコライ・アンドローソフ率いるバレエ団、ルースキ・セゾニの作品に客演するということでその舞台を観てきました。

彼女が踊ったのはラディッシュ(写真1列目ピンクの衣装です)1幕50分/全2幕で、常に舞台に出ずっぱりでした。よくあの短時間で覚えたなーと感心…笑

 

このバレエ団は現在ルースカヤ・ペースニャという劇場に所属しているバレエ団で、監督のアンドローソフさんはイーゴリ・モイセーエフ出身という筋金入りの元民族舞踊ダンサー。なので振り付けもキャラクターダンス要素が強いというか、演者の個性が際立つようなというか、いわゆるクラシック・バレエとは異なる舞台です。
しかも彼は左利きで、振り付けも「え、そうくるか!?」というような、クラシックバレエダンサーが思う「普通はこうだろう」みたいな流れを見事に裏切られるらしく、なかなか身体に入りにくいと苦労していました。

もちろん、基本としてクラシック・バレエが踊れないと話にならないのですが、この国ではその基盤の上に各踊りのプロフェッショナリズムを築いているように思います。

 

そしてもちろん体つきも違います。

更にキャラクターダンスの特徴として、泥臭い人間模様や普段の生活、また民話を題材にすることが多いためか演技も重要視されており、ダンサーとしての実力はもちろんですが俳優としての要素もかなり求められる分野です。

 

この作品の原作はジャンニ・ロダーニ

ここは野菜と果物たちの暮らす国。玉ねぎ坊やのチポリーノが、無実の罪で牢屋に入れられてしまったお父さんを救いだそうと大活躍。仲間たちと力をあわせて、わがままなレモン大公やトマト騎士に立ちむかいます。痛快な冒険物語。小学5・6年以上。「BOOK」データベースより引用

主役は玉ねぎ。その相手役のヒロインはラディッシュ。ぶどうのおじいさんやバイオリン弾きの梨、レモン公と悪役のトマトなどなど、個性豊かな登場人物たちが繰り広げる野菜の国の物語。

作曲はハチャトリアンで(日本では「剣の舞」で有名ですね)ところどころバレエ「スパルタクス」を彷彿とさせるようなドラマチックな曲調もありますが、基本的に楽しく耳に残るフレーズが多いのが特徴です。

 

お昼の部を観に行ったということもあり、ちびっこだらけで大盛況。子ども向けの作品にしては長い作品だとは思うのですが、皆飽きることなく食い入るように舞台に見入っていました。演出はもちろんですが舞台装置の色味や個性豊かなキャラクター、そしてお客さんを巻き込む演者達の演技力の高さはさすがだなという感じでした。(特にトマト。笑)こういう作品に小さい時から当たり前のように触れられる、またそういった作品をレパートリーに持ち、常に上演し続ける劇場運営。そういう伝統は廃れずにずっと続いて欲しいなと思います。このような活動の重要性は今すぐに結果が出るものではないとは思います。ただ、子ども達と一緒に時間を共有する家族の間に、人生の中の豊かさとして蓄積されていくものなのだと思います。

1961年のソ連アニメはこちら。ボリス・ジョーシキン監督作

あちこちのダンサーを借り出しての舞台でかつリハーサルの時間も少なかったようですが、‘やってのける’ロシア人のダンサー達の舞台根性には感心させられました。作品としてまとまっていると観せられるものになるというか、やはり基本的に舞台は演出ありきだということも改めて実感しました。

アンドローソフさん率いるルースキー・セゾン@ルースカヤ・ペースニャのサイトはこちら

instagramにカーテンコールの動画もアップしていますmoeha_mavita

 

それでは素敵なクリスマスを♪