生活

覚悟とは

留学を考えているとか、お子さんをバレエ留学させたいとかそういう話を聞くのですが、「留学」が果たして良いのかなーと思ったので、今日はそれについてです。

以前コンプレックスという記事をアップしましたが、それにちょっと似ている内容になるかも知れません。

この薔薇私の?

私がバレエ学校に留学した時は15歳で、中学校の卒業式間近の時でした。
その時はとにかく高校へ行くならその3年間留学する!と決めていたので、その夢が叶ってウキウキしていた状況でした。

しかしモスクワに来てみると全く予想出来ていなかった環境で、かつ職業訓練としてバレエに従事している同年代の生徒達を目の当たりにして、バレエは趣味の延長でしかなかったこと・自分の不甲斐なさなど、とことん凹んでしまい挫折のようなものを味わいました。

「こんなはずではなかった」という思いを抱えた私。

それはつまり、全く覚悟が足りてなかったのです。

 

あれから大分時間が経ってしまいましたが、中学生の後(15歳)に留学するのと、高校を終えてから(18歳)留学するのとでは、根本的に気持ちの構え方が違うのだなと友人と話していて気がつきました。

高校生だと卒業後は友人達も大学生になったり専門学校へ入ったり、就職したりそれぞれの人生に進んで行きます。その時に留学を選ぶのと、周りの皆と一緒にある意味中学の延長上にある高校へ上がる時に留学するのではやはり将来に対する考え方が違いますよね。若ければ若いほど、漠然とした不安はもっと漠然としています。しかし二十歳も近くなると、やはり自分の人生の捉え方のようなものがぼんやり、しかし少しリアルに見えるようになります。たった3年の差なんですけど。

10代って多感な時期で、物事の捉え方があやふやで、自信がなくてけれど何でも一生懸命で気持ちと身体のバランスがずれて…と忙しい時期ですよね。なので留学は若ければ良いという訳でもなく、また非常に個人差のあることだと思います。

親の理解や周りの人たちのサポートがあってこその留学だとは思いますが、そこへ行って現実と向き合うのは本人です。そこで何が出来るのか、何をするのか、どんな状況でも本人も親御さんも受け止める覚悟がないと現実に飲まれてしまうだけです。

・・・と別に脅かす訳ではありませんが(笑)

バレエ留学に限らず、語学留学や浪人、進学、就職、転職、結婚、子育てなど生活の中で何かを選択するときって、きっと何かしらの覚悟が伴います。
ただそれはそんな大それたことでもなく、単純に「自分で選ぶ」ということなんだと思います。

 

なので情報に流されることなく、チャンスがあれば掴めば良いし、やってみて失敗しても、それは失敗ではなく人生の糧になるわけだし、そこから学ぶことも沢山あります。やってみてその方向へ進まなかったということは、きっとそれ以外に自分がやらなきゃいけないことや行くべき場所があるという事ですし。それに気がつけるチャンスなのだと。

 

何でも試してみないと分かりません。
なので躊躇することなく、自分が良しと思う事があれば思い切って飛び込んでみてはどうかと思います。

自分が選んだのであれば、きっとどんな結果になっても後悔しないですし。
というか後々振り返ったときに、後悔するよりもきっと学びの方が断然多い人生になりますから。

どんな毎日でも夜は明けます

どんなことも、挑戦あるのみですね。

 

 

 

 

 

なぜこんなに面倒・ロシアの滞在登録手続き

先日第13回モスクワ国際バレエコンクールが開催されました。

結果は日本のニュースにも出ていましたが現在カザンの劇場に所属している日本人2名と、今年ボリショイバレエ学校を卒業した千野真沙美さんの息子さん、マルク君がそれぞれ受賞しました。コンクールは通過地点であり現在の彼らの技術を披露する場なので、これからの彼らのダンサーとしての活動の方がメインになってきます。楽しみですね♪

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170621/k10011024521000.html

私は今回帰国してモスクワに戻って来てから滞在登録の関係でばたばたしていたため、気持ちに余裕がなく(汗)クラシック部門は観に行けなかったのですが、振付部門の日だけ観に行きました。

ちなみに今回の滞在登録は2017 年 FIFA コンフェデレーションズカップ、そして 2018 年 FIFA ワールドカップが開催される時期の前後に特別に適用される法令によるもの(2017年は6月1日〜7月12日迄適用)
安全対策の一環だそうです 🙄

通常観光の場合はホテルが手続きをしてくれますが、居住している外国人に対して、ロシアでは入国日から7営業日の内に滞在登録の義務が課せられています。ビザの種類によって猶予日数は変わってきますが、今回の法令では全ての外国人対象で、しかもロシア入国24時間以内に滞在登録及び通知をしなくてはならないと。しかも土日祝日の考慮もないという。。。この事を帰国前に知ったので一抹の不安を抱えたままの日本滞在でした。しかも私は11日(日)に戻って来る予定で、翌日はロシアのお誕生日で祝日(6月12日)だったため、本当に業務日なのか一体どうなるやらという感じでした。

日本でも住民票を移したり届けをだしたり等々、役所に行って作業をしなくてはいけない面倒なこともありますが、ロシアではこういった一連の作業は本当に面倒な上に、担当者の気分次第ということもあって、追い返されたり受理されなかったりすることも良くあります。1つのミスも許されない・しかし機嫌が良ければ何とかなる場合もあるというもの。ロシアあるあるの1つです。ただ、逆に言うと、受理さえして貰えれば後は安心とも言えます。…この受理さえして貰えれば、というのがミソですが。

念のため出発前成田空港で弁護士さんに再確認したところ、この作業、今までは連邦移民局(ФМС)が管轄でしたが、法令が変わり内務省(МВД)にその機能が移ったと(!)言われどこに行けば良いのやらと、益々不安になりました。←結局今まで同じ場所で、中の機能が変わっただけだったようです。

ロシアでの手続き関係は本当に骨折りですし、何よりも精神的に疲労します。お役所の人たちの横柄さにもびくびく・うんざりしますが、毎年のように法律が変わったり新しい法令が出たりすることに、役所の人たちも同様にうんざりしているのだと思います。新しい法令に追いつかない・また適応しなくてはならないのにもまたイライラするんでしょうね。そのとばっちりが一般の我々に降りかかるという図です。これも一昔と比べれば大分良くなってきているとは思いますが。。ネットが普及している現代においても、未だに手続きは紙・紙の世界です。

*****

12日祝日、警備の方には今日はやっていないと追い返されかけましたが、なんとか頼み込んで中に入れて貰うと、担当者の方がいるではありませんか!一時的な法令ですがちゃんと機能していたようです。(*日本の感覚では当たり前のように感じるとは思いますが、ロシアではやはり不思議に感じます)警備の人に色々言われた時に引き下がらなくて良かったと焦りました。翌日だと既に罰金の対象になっていましたし。

ロシア語ですが、登録についてのサイトはこちらです。

とまぁ、ロシアに住むにあたっての面倒臭い一面のお話でした。
どどっと精神的疲労が…(^^;)

現在から2017年7月12日までにロシアに入国される方、どうぞお気をつけ下さい。

*おまけ*

私のお家はここにゃ。登録よろしく