ツアー情報

初めてお目にかかりました

先日のバックステージツアーでは、舞台裏までスコーンと吹き抜けの状態で作業をしており

滅多にお目にかかれない、舞台の天井にかかっている教会の鐘も見ることが出来ました。

左上に大きのが見えます

今までツアーをしてきましたが初めてちゃんと見ました。
8年目にして初。笑

まぁお客さんに見せるものではないので目に触れないのは当然かもしれませんが。

⬇︎この図で言うと、13番の位置ですね。

解体図

この解体図は2011年のリニューアル・オープンの時にボリショイ劇場が発行したマンスリーの冊子から抜粋したものです。

当時は毎月発行していましたが、今では季刊誌(無料)になっています。

写真で見るとこんな感じです

⬆︎この写真はボリショイ劇場の本から抜粋しました。

こんな鐘が実は舞台の上にかかっているんですね〜その数35個(!)

こちらの本です⬇︎

ボリショイ劇場の説明がぎゅっと詰まっています

ボリショイ劇場の地下にあるおみやげ屋さんでも購入出来ます。

ロシア語/英語の併記になっています。

天井桟敷からの眺め

天井桟敷の方がパルテール(1階席)よりもものすごく音が響いており、解説のお話するのもちょっと大変でした。

音は上にぐいっと上がってきます。そしてこの劇場は本当によく音が響きます。

この鐘が聴けるのがムソルグスキーのオペラ「ボリス・ゴドノフ」
教会のシーンで響き渡ります。

他はグリンカの「皇帝に捧げし命」ボロディンの「イーゴリ公」などでも。ロシアオペラですね。
壮大な作品たち、機会があれば是非この劇場で堪能して頂きたいです♪

 

大リハーサルルーム

今回、リハーサルルームは使用されていなかったため、舞台上に上がらせてもらいました。

(注)ここには毎回上がれるわけではなく、その時の状況によります。

本当に劇場は毎回、違う顔を見せてくれます。

 

次回のバックステージツアーは7月7日(日)11時からです。

 

ボリショイ劇場バックステージツアーのお知らせ 2019年5月〜7月

ボリショイ劇場バックバックステージツアーのお知らせです

開催日】
5月18日(土)11:00
6月20日(木)15:00
6月24日(月)10:00
6月29日(土)11:00
7月7日(日)11:00
案内時間:1時間半

バックステージツアーの詳細はこちら

 

案内内容:
ベートーベンホール→パルテール(1階観客席)→天井桟敷→
大リハーサルルーム→ホワイエ→特別展示室→皇帝の間
*開催時間や案内ルートは変更する可能性もございます。
*全て日本語でご案内致します。

参加費用:3500ルーブル/1名

参加人数:15名まで
10歳以上が対象ですが別途相談可能。

締め切り:定員に達し次第締め切らせて頂きます。

*お問い合わせは以下からどうぞ*