ロシアとは

“無” は豊かさの原点

今日はスペインでは3賢者の聖書の物語を祝う日(Three Kings Day / Dia de los Reyes Magos)なのですね♪

3人の賢者の美しいカードを頂きました♡

2018年が明けてあっという間に1週間が経とうとしています。

寝正月だった人、お仕事に追われた人、家族や友人と密な時間を過ごした人、皆それぞれに満喫されたでしょうか。

ここ数年、モスクワの年末年始の装飾が煌びやかになり、また街並みが整備されるに従ってロシア人の生活様式がどんどん変化しているんだろうなと感じます。このスピード感は世界中同様かもしれませんね。
90年代の混乱期からすると、本当に全くの別世界です。

12月24日のボリショイ劇場

特に年末年始の装飾に関しては、ヨーロッパの真似をしようとして大分洗練されつつあります。が、何よりも土地が広いため全てが大きくなり“やり過ぎ感”が出ています。そうすると、どうしても野暮ったくなるのが関の山。
派手な色を好み「小さくまとまって小綺麗に」なんていう発想も概念もほぼないに等しい人たちなのでどうしても 
うーん・・・という感じ。
しかしそれを否定しているわけではなく、それがロシア人らしさ、広大な大陸の人たちらしさなのだろうなと思います。

ラッピングされてしまっているツム百貨店

このお正月は19世紀前後に活躍した指揮者及び音楽家をあれこれ調べていましたが、0を1にする作業の方が、1を10にする作業よりも何倍ものもがきや葛藤があるのだと改めて思いました。

無から有を生み出す力って、やはり並大抵のものではありません。しかしそれをやってのけた巨匠たち、そして才能を与えられたが故に苦しみも味わった音楽家たちの努力あってこそ、現在の芸術は人から人へ繋がって繋がって今に至っているのだと思います。何かしらの楽曲を生み出しても、その真価を理解し、また人々に受け入れられて初めて「作品」として世に残ります。たとえ素晴らしいものだったとしても、それを演奏する技術や理解力また意図を読み取る感性や忍耐力がなければ、永遠に世の中に残らない作品だってきっとあるはずです。そしてあったのだと思います。
これは音楽だけでなく文学も美術でもなんでも同様です。

しかし、有名な芸術作品だけでなく、私たちの生活にはそれこそ色んな美があふれています。

たとえば、手仕事による日用品を「用の美」とし、柳宗悦は “生活の中に美が宿る” と民藝運動を提唱しました。
当たり前にある日常の中に散りばめられているあたたかなものに目を向けています。
これはさらに言うと、物質的なものだけでなく自分たちの日々の生活の中にあるちょっとした出来事を愛しんだり、また自身の感性を信じてみることが原点なのではないか、なんて思います。

結局自分の好きなもの、何か心に触れるものが、自分の生活も人生も彩るのだと思います。

キラキラ

またキャンパスいっぱいの豪華さよりも、引き算や余白の美を尊ぶ日本画のように “ないところ” ーその余白にこそ想像や豊かさが含まれているのではないでしょうか。歌川広重などの浮世絵には余白から生まれる情景があります。

何かで埋めてしまうのではなく、その「ない」ことも、怖がらずに大事にしていけば良いのかもしれませんね。

胸のうずく旋律、ひと筆の傾き、言葉を紡ぐ音色
こういった無から有を生み出す人の感性が、人を感動させまた力づけます。

何も「ない」からこそ、無限なのだなと。

・・・なんて思った2018年の始まりでした。

モッフリぐっすり

では、良い週末を!

 

なぜこんなに面倒・ロシアの滞在登録手続き

先日第13回モスクワ国際バレエコンクールが開催されました。

結果は日本のニュースにも出ていましたが現在カザンの劇場に所属している日本人2名と、今年ボリショイバレエ学校を卒業した千野真沙美さんの息子さん、マルク君がそれぞれ受賞しました。コンクールは通過地点であり現在の彼らの技術を披露する場なので、これからの彼らのダンサーとしての活動の方がメインになってきます。楽しみですね♪

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170621/k10011024521000.html

私は今回帰国してモスクワに戻って来てから滞在登録の関係でばたばたしていたため、気持ちに余裕がなく(汗)クラシック部門は観に行けなかったのですが、振付部門の日だけ観に行きました。

ちなみに今回の滞在登録は2017 年 FIFA コンフェデレーションズカップ、そして 2018 年 FIFA ワールドカップが開催される時期の前後に特別に適用される法令によるもの(2017年は6月1日〜7月12日迄適用)
安全対策の一環だそうです 🙄

通常観光の場合はホテルが手続きをしてくれますが、居住している外国人に対して、ロシアでは入国日から7営業日の内に滞在登録の義務が課せられています。ビザの種類によって猶予日数は変わってきますが、今回の法令では全ての外国人対象で、しかもロシア入国24時間以内に滞在登録及び通知をしなくてはならないと。しかも土日祝日の考慮もないという。。。この事を帰国前に知ったので一抹の不安を抱えたままの日本滞在でした。しかも私は11日(日)に戻って来る予定で、翌日はロシアのお誕生日で祝日(6月12日)だったため、本当に業務日なのか一体どうなるやらという感じでした。

日本でも住民票を移したり届けをだしたり等々、役所に行って作業をしなくてはいけない面倒なこともありますが、ロシアではこういった一連の作業は本当に面倒な上に、担当者の気分次第ということもあって、追い返されたり受理されなかったりすることも良くあります。1つのミスも許されない・しかし機嫌が良ければ何とかなる場合もあるというもの。ロシアあるあるの1つです。ただ、逆に言うと、受理さえして貰えれば後は安心とも言えます。…この受理さえして貰えれば、というのがミソですが。

念のため出発前成田空港で弁護士さんに再確認したところ、この作業、今までは連邦移民局(ФМС)が管轄でしたが、法令が変わり内務省(МВД)にその機能が移ったと(!)言われどこに行けば良いのやらと、益々不安になりました。←結局今まで同じ場所で、中の機能が変わっただけだったようです。

ロシアでの手続き関係は本当に骨折りですし、何よりも精神的に疲労します。お役所の人たちの横柄さにもびくびく・うんざりしますが、毎年のように法律が変わったり新しい法令が出たりすることに、役所の人たちも同様にうんざりしているのだと思います。新しい法令に追いつかない・また適応しなくてはならないのにもまたイライラするんでしょうね。そのとばっちりが一般の我々に降りかかるという図です。これも一昔と比べれば大分良くなってきているとは思いますが。。ネットが普及している現代においても、未だに手続きは紙・紙の世界です。

*****

12日祝日、警備の方には今日はやっていないと追い返されかけましたが、なんとか頼み込んで中に入れて貰うと、担当者の方がいるではありませんか!一時的な法令ですがちゃんと機能していたようです。(*日本の感覚では当たり前のように感じるとは思いますが、ロシアではやはり不思議に感じます)警備の人に色々言われた時に引き下がらなくて良かったと焦りました。翌日だと既に罰金の対象になっていましたし。

ロシア語ですが、登録についてのサイトはこちらです。

とまぁ、ロシアに住むにあたっての面倒臭い一面のお話でした。
どどっと精神的疲労が…(^^;)

現在から2017年7月12日までにロシアに入国される方、どうぞお気をつけ下さい。

*おまけ*

私のお家はここにゃ。登録よろしく