ロシアとは

謹賀新年 2019

新年明けましておめでとうございます。

どどーん!空軍博物館モニノにて。中々全部入り切らないとどんどん遠ざかっていった岸本さん。撮影ありがとうございました!

 

元旦の朝、モスクワはとても静かで、厳かな感じで好きです。

大晦日は朝方までお祝い騒ぎをして皆寝ているからなのですが。笑

どこにいても年越しはお蕎麦。やはり日本人ですね。笑

友人宅で年越しのお祝い後、タクシーのお兄さんに乗り込み際に「明けましておめでとう」とご挨拶したら、「僕は新年はお祝いしないんだよ。けど、あなたにとって素敵な1年でありますように」と返してくれました。

 

彼はアゼルバイジャン人でムスリム、いわゆるイスラム教徒だったんですね。

ロシアはムスリム系の割合は非常に高いです。カザフスタンやウズベキスタンといった元ソ連圏からの移民や出稼ぎ労働者も本当に沢山います。2011年にモスクワに戻ってきたときは、アジア系の顔の人つまり中央アジア系の人が増えたなーというのが印象的でしたし。モスクワに遊びに来る友人たちも街歩きをしていると、もっと白人だらけかと思ったと言います。

 

ロシアはユーラシア大陸なので、本当に「網羅してる」って感じです。

西欧風からスラブ、タタール、中央アジア、モンゴル系、ツンドラ地帯に住むチュクチ、そして中国、朝鮮系と、本当に様々です。

↑めちゃくちゃ大雑把に言いましたが。笑

 

日本人を見たのは生まれて2回目!とテンションが上がっていたお兄さん。

トルコ語がわかるのでアラビア語もすぐに習得出来たし読み書きも問題ないけど、95年にアゼルバイジャンから移住してきたときはロシア語に苦労したとのこと。トュルク系の人は元のルーツがトルコなので、そういえばトルクメニスタンに行った時も地元の人が同じような話をしていたなというのを思い出しました。ルーツって面白いなーと改めて思いました。世界が一気に凝縮されるというか。

 

彼の移住は紛争や政治的な問題もあったのだと思います。一身上の都合ではなく故郷や自国を離れなくてはいけなくなる人たちって今でも世界中にいるんだろうなとふと思いました。

どんな人種であれ宗教であれ肌の色であれ、皆人間という哺乳類でイキモノとして変わりません。
寝て・食べて・排泄してを基本に生活しています。
当たり前のことですが、本当に人それぞれでその人の人生があるのだなと
比べようのないものを実感した瞬間でした。

 

日本語を教えて欲しいというので、「こんにちは」と「ありがとう」を教えてあげました。
「ありがとう」を知ってたらもう全部OK。と自分で言った瞬間、本当にそうだよなーとしみじみ。笑

 

最後笑顔で「アリガトウ」と見送ってくれたお兄さん。彼にとって良い年となりますようにと、勝手に祈りました。
感謝の言葉って人をつなぎますね。

 

皆さんにとっても良い1年となりますように!

本年もどうぞ宜しくお願い致します。

ちゅーるデビューしてしまいました。鼻についてますけど…一心に。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夏の大イベント2018

久々のブログ更新です。

劇場がシーズン・オフに入り、私も休暇を頂いておりました。

6月に開幕したロシア・ワールドカップ2018。瞬く間にサッカー三昧の日々が過ぎ、7月15日はクロアチアvsフランスの決勝戦。そこに至るまでの各国の接戦は目を見張るもので、選手たちは今自分たちの持っているものを全て出し切るのみという状態でした。
勝負の世界は戦略をはじめ、各選手の体調、呼吸、タイミングやその日の気候、試合の日程、時間、対戦相手、そして会場の雰囲気とサポーターの空気感などいろんな状況が左右するというか、一筋縄にはいかないものなのだなと思いました。

大雨の中での表彰式。熱くなり過ぎた熱を冷ますような、色んなことを洗い流すような、締め括りのような雨でした

強いから勝てるというシンプルさと、人知を超えた何かがある、というのが今回の大会を通して感じたことです。

旗を持つボランティアスタッフのリハーサル@エカテリンブルグ

鳥肌が立ってしまうものすごいプレーを見せてもらえたり、思わぬ展開に動揺したり、また南米のサポーターたちの激しさにびっくりどっきりさせられたり。気持ちを揺さぶるってこういうことなんですね。

それにしても、期間中のモスクワは色んな国の人がうろうろしており、違う国になっていました(笑)

個人的には日本から応援に来たサポーターさんたちを劇場ツアーにご案内する傍ら、ワールドカップ関連のお手伝いもさせて頂き、人生で初めてというくらいサッカー漬けの日々を送りました。

アルゼンチンvsアイルランド戦@スパルタク

ファンの熱気に圧倒されるの巻。地鳴りです。

こんなに色んな国の人たちが集まる世界的なイベントだったのだ・・・と初めて気がつき(ファンの方には怒られてしまうかも知れませんが)ワールドカップって、またサッカーってすごいなぁと感服。

サッカーの関わり方、また思い入れなどは人それぞれだと思いますが、4年に1度という大きなイベントは気が遠くなるほど沢山の人たちの尽力の元で開催されていました。

そんな裏舞台を垣間見れたことは、とても貴重な経験です。

最後の数秒はあっという間の出来事。こんなことがあるのか…と、勝敗の世界の現実を見せられた印象深い試合@ロストフ・ナ・ダヌー

さて、

あの暑い/熱い日々は夢だったのか?というくらい、モスクワは一気に秋の気配が漂っています。