ロシアあるある

“無” は豊かさの原点

今日はスペインでは3賢者の聖書の物語を祝う日(Three Kings Day / Dia de los Reyes Magos)なのですね♪

3人の賢者の美しいカードを頂きました♡

2018年が明けてあっという間に1週間が経とうとしています。

寝正月だった人、お仕事に追われた人、家族や友人と密な時間を過ごした人、皆それぞれに満喫されたでしょうか。

ここ数年、モスクワの年末年始の装飾が煌びやかになり、また街並みが整備されるに従ってロシア人の生活様式がどんどん変化しているんだろうなと感じます。このスピード感は世界中同様かもしれませんね。
90年代の混乱期からすると、本当に全くの別世界です。

12月24日のボリショイ劇場

特に年末年始の装飾に関しては、ヨーロッパの真似をしようとして大分洗練されつつあります。が、何よりも土地が広いため全てが大きくなり“やり過ぎ感”が出ています。そうすると、どうしても野暮ったくなるのが関の山。
派手な色を好み「小さくまとまって小綺麗に」なんていう発想も概念もほぼないに等しい人たちなのでどうしても 
うーん・・・という感じ。
しかしそれを否定しているわけではなく、それがロシア人らしさ、広大な大陸の人たちらしさなのだろうなと思います。

ラッピングされてしまっているツム百貨店

このお正月は19世紀前後に活躍した指揮者及び音楽家をあれこれ調べていましたが、0を1にする作業の方が、1を10にする作業よりも何倍ものもがきや葛藤があるのだと改めて思いました。

無から有を生み出す力って、やはり並大抵のものではありません。しかしそれをやってのけた巨匠たち、そして才能を与えられたが故に苦しみも味わった音楽家たちの努力あってこそ、現在の芸術は人から人へ繋がって繋がって今に至っているのだと思います。何かしらの楽曲を生み出しても、その真価を理解し、また人々に受け入れられて初めて「作品」として世に残ります。たとえ素晴らしいものだったとしても、それを演奏する技術や理解力また意図を読み取る感性や忍耐力がなければ、永遠に世の中に残らない作品だってきっとあるはずです。そしてあったのだと思います。
これは音楽だけでなく文学も美術でもなんでも同様です。

しかし、有名な芸術作品だけでなく、私たちの生活にはそれこそ色んな美があふれています。

たとえば、手仕事による日用品を「用の美」とし、柳宗悦は “生活の中に美が宿る” と民藝運動を提唱しました。
当たり前にある日常の中に散りばめられているあたたかなものに目を向けています。
これはさらに言うと、物質的なものだけでなく自分たちの日々の生活の中にあるちょっとした出来事を愛しんだり、また自身の感性を信じてみることが原点なのではないか、なんて思います。

結局自分の好きなもの、何か心に触れるものが、自分の生活も人生も彩るのだと思います。

キラキラ

またキャンパスいっぱいの豪華さよりも、引き算や余白の美を尊ぶ日本画のように “ないところ” ーその余白にこそ想像や豊かさが含まれているのではないでしょうか。歌川広重などの浮世絵には余白から生まれる情景があります。

何かで埋めてしまうのではなく、その「ない」ことも、怖がらずに大事にしていけば良いのかもしれませんね。

胸のうずく旋律、ひと筆の傾き、言葉を紡ぐ音色
こういった無から有を生み出す人の感性が、人を感動させまた力づけます。

何も「ない」からこそ、無限なのだなと。

・・・なんて思った2018年の始まりでした。

モッフリぐっすり

では、良い週末を!

 

知っておこう劇場マナー

寒くなるにつれて劇場の熱が帯びてきました。
気温が下がり始めると劇場通いが盛り上がる季節になる、とも言えます。笑

イーゴリ公のオケリハ@ノーバヤ・オペラ

時が経つのは本当に早いです。

最も美しい季節とも言える黄金の秋

今年はあまり暑くならない夏でしたが、それでも爽やかで日が長く明るい季節は人々を開放的にさせていました。

その季節も終わってすとんと気温が落ち、黄金の秋と言われる美しい季節を愛でている間にこれまたあっという間に初雪が降り、季節が移ろいました。

雪の結晶が見えます

9月に劇場シーズンが始まり、早速あちこち劇場やコンサートホールに足を運びましたが、チャイコフスキーもベートーベンもボロディンもバレエや民族舞踊も、本当にいつも沢山の人に楽しまれ愛されているなぁと改めて思いました。

さて、厚着をするこの季節。ロシアでは基本的にコートはクロークに預けます。まず劇場に入ったらクロークへ向かい、身支度を調えてから観客席へ向かうのが基本的な流れになります。

*劇場に入ったら*
・クロークにコートを預ける(номерок/番号札はなくさないよう注意!)
・その際、бинокль/双眼鏡を借りると、終演後クロークの列に並ばず優先的にコートを受け取ることが出来る(劇場にもよりますが大体100ー200ルーブルくらい)長い演目や帰りに並びたくない人には使わなくても借りておくのもお勧め
・靴を履き替える場合、ブーツをクロークに預けることも可能
・大きい荷物やリュックなどは預けろと言われることもある(預けられる場合はその方が楽)
・携帯はマナーモードまたは電源を切るようにする。バイブも時として邪魔になるので注意
・勿論、上演中の写真及びビデオ撮影は禁止。そうしている人がいたとしても真似してはいけません

携帯のマナーモードが基本的に普及していないロシアでは、コンサートの最中、ここ!という見せ場や静かなシーンで携帯が鳴ることがしょっちゅうあります。オペラのアリアのシーンや、ショパンの静かな旋律の時にピロピローンとなると相当に興ざめです。会場全体が一斉にイライラしてしまうので精神衛生上本当に良くありません。しかしアナウンスをしていても一向に効果がありません。
この際『観劇モード』という、劇場に入った瞬間に自動的に音が鳴らなくなるシステムがあれば良いのにといつも憤慨しています。。

高揚したお客さんのざわめきを、どーんと包み込む空間

ドレスコードについても迷われる人もいらっしゃると思います。
夏場、男性のハーフパンツやサンダルは入場拒否されてしまうことはありますが、スーツやネクタイでないと駄目だと言うことはありません。基本的にジーパンでも大丈夫です。
女性もとびっきりのお洒落をする人もいれば(カンヌか!と突っ込みたくなるマダムもたまにいます。見てるのは楽しいですが。笑)普段着でも勿論構いません。
ただ自分なりに気持ちが上がる服装で行くとわくわくして楽しい時間が過ごせると思います。
コートさえしっかり厚手のものにしておけば、薄着でも大丈夫です。室内が暖かいロシアならではですね。

劇場は元々社交の場でもあり娯楽の場でもあります。会場全体を全身で満喫のみです 😀

他の観客の迷惑にならない振る舞いをすること、しかし遠慮せずお洒落も舞台もしっかり楽しむ♪こと。
これが大人の劇場マナーだと思います。