ロシアあるある

ロシア人の人生観。もとい性質・特質勝手な見解

「ロシア人の人生観」なんて、ちょっと壮大なお題で言い過ぎました^^;(笑) 日常で感じることを数点ここに。

久々の赤の広場。ここではイベントが多いので、だだっ広く単なる「広場」になっている状態の方が最近レアです

 

大分前ですが、『ロシア人の恋愛観』その①その②という記事を書きました。改めてロシア人て刹那的な生き方が根底にあるなぁと感じます。今回は恋愛観ではなく生活や日常における価値観?的なものを。改めて感じることがあったのでシェアします。

 

*出来ない約束はしない、しかしした約束はどうしても守る*

例えば家にゲストで呼んだ時、「17時頃に集合」と言っておきながら、何かしらの理由で「18時半になる」「20時までには行きます」などなどどんどん延長していき、結局20時半頃に到着しても、悪気はない。

最終的に「来た」のだから、約束は果たした

というのが彼らの感覚。時間を守ること顔を見て話せた

という比重なのですかね。

明日会いましょうという約束をしても、「翌朝電話し合って決めよう」電話しても「お昼過ぎたらまたもう一回電話しよう」などなど、当日決めることなんてザラ。

 

*口頭での説明やパフォーマンスは得意

ロシア人はとても流暢にスピーチをします。例えばお誕生日の集まりで乾杯の前に一言述べるというのが彼らの習慣なのですが、その時に結構良い小話を挟んできます。しかも急に振られてもちゃんと話す。これはどの人もやってのけます。

日本人だと「え?何話したら良いの??」ととっても緊張して頭真っ白になってしまう人の割合の方が多い気がしますが、彼らは絶妙なコメントや、その場にふさわしい短い話をしてきます。(内容はもちろん人にもよりますが)

これは小学校の頃から試験がほぼ口頭テストなので、人前で自分の意見や見解を述べることを鍛えられまた慣れさせる教育システムの成せる技ではないか、と改めて思ったり。

 

*しかしイメージ像や長期的プランを描くのは苦手*

その場での咄嗟な対応は出来るのに、プランを考えたり先の長い計画に対しては、「?」という感じ。2、3ヶ月先の約束もイマイチちゃんと決められない。(というか考えたら前述の通り明日の約束も決められないんですもんね!笑)来年の企画なんて、「1年後なんてどうなるか分からないよ?」「何言ってるの?」「今話すこと?」そんな人が多いです。

もちろん会社のプロジェクトとか、長期的なプランなどは計画を練ることも出来ますが、

「終わりよければ全て良し」的に力任せでやってのける荒技がはびこっています。

ワールドカップ開幕前の道路工事とか、象徴的でした。笑

 

しかしこの「やってのける」んです。本当に。

むん。だってやってしまえるんだもの(意味不明に同意)彼女もまたロシア生まれ

結果的に間に合ったのだから、文句は言わせない。
そしてそれでどうにかなっている。

 

舞台の作品なんかもそう。過程を見ると「え、これで大丈夫なの!?」みたいな状態でも、本番になったらなぜかきっちりやり通す。文句を言いながらもやるべきことはやってしまう。

 

人生はいつ何が起こるか分からないというのを体感として知っている人たちだからかなと。その時に決めようという刹那的な生き方は国の崩壊とか政治的なこととか、そういうことにずっと振り回され・かつ支持してきた人たちのDNAにいつの間にか刷り込まれた生きる術なのかも知れません。

長期プランが苦手なのもそう思うと納得です。とにかく「今」何しよっか。という。

 

そういやモロッコ料理やさんにジョージア料理のハチャプリ(ピザのようなもの)があったな。つまりなんでもありってことかな

 

まぁそんな壮大な話ではなく、単にどうにかなる精神や約束を果たせないだけ・・とも言えますが。笑

 

矛盾と共存しちゃう国、それがロシアです。

・・・さてと、とっても勝手な見解(つぶやき)でした。アシカラズ

 

 

やっぱりこれ『くるみ割り人形』の季節です

新年ということでやはり観ておきたい!と思い立ち、バレエ『くるみ割り人形』を観てきました。

ノーバヤ・オペラ

ノーバヤ・オペラというエルミタージュ公園の中にある劇場で、
今年はРусский класический балет имени М.Петипа (Russian Classical Ballet)が上演しています。
このバレエ団は2007年に発足したツアーカンパニーのようです。

演出はワイノーネン版をベースにしているものでした。

 

時期的に親子連れが多く子供も沢山いて大盛況。
彼らは幕が上がると指を差して「見てーママ!」など思わず声を出してしまったり。笑
隣に座っていたおばあちゃんが、ダンサーが出てくる度、何かリフトなどの大技があった時、またパッと照明がついた時などなどにいちいち「あらー」とか「すごい!」とか「素晴らしい!」とか呟いていて、あぁそうだよな、劇場ってそういう場所だよなーと改めて感じました。

2階席からの眺め。なんとこの席は400ルーブル(現在のレートだと700円しないくらいでしょうか)

1階のパルテールの一番後ろからはこんな感じ。アットホームな劇場です

 

やはりチャイコフスキーのはじめの序曲の旋律が始まった時は「きたーーー」とじわじわテンションが上がります。

 

*余談ですが・・・
以前から好きだったこの動画の演奏。今回改めて指揮者について調べたら分かったのがこちら。彼はロッテルダム・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者、ヤニック・ネゼ=セガン/Yannick Nézet-Séguinでした。この演奏本当にとても良いです。バレエなしでも聴いていてとても気分の良くなるテンポと滑らかさです。いつかこの指揮者のコンサート聴きに行きたい!

・・・さて話は戻り、じわじわくるのはこのはじまりの序曲。

しかし今回の演出は幕が開いたら後はすぐに家の中のシーンになりちょっと拍子抜けでした。(この動画でいうと序曲が終わったら一気に6:20に飛んでしまいます)というのも、通常はお客さんたちが主役のマーシャ(クララ)のお家に向かう外の情景の部分の曲が入ります(3:20から始まる情景のシーン)この、招待されたお家の中でのお話が始まるよーという導入場面がカットされていたんです。
演出や編曲はバレエ団によって異なるので仕方ありませんが、流れがぷつっと切れてしまうようなちょっとした違和感を感じました。
しかし、改めてチャイコフスキーの曲ってすごくドラマチックだし、ファンタジー溢れています。踊りはもちろんですが、盛り上がり方や見せ場をしっかり抑えています。
この曲もバレエも、もう120年以上前に誕生している作品なんですよね。。何度も改訂を繰り返しつつも、現代でもこんなに愛されている作品ってやっぱり有無を言わせない説得力があります。継承されている演出や振り付けはある程度完成されるので一定以上の満足感が絶対にあるというか。

個人的に気に入ったバストーチニー/東洋の踊り(日本ではアラビアの踊りと呼ばれています)

 

ダンサーたちの踊りはもちろんですが、魅せる装飾、お話を想像させる衣装、キャラクターたちの個性など様々な掛け合いが舞台の上にはあふれています。

 

主役のふたり。見せ場のリフトは残念ながら失敗してしまいましたが、まるで「大丈夫だよーそんな時もあるある!」という風にエールを送るお客さんの拍手はとても温かでした。怪我してなさそうでヨカッタ…

 

ベースにある物語、舞台装飾、衣装、照明、そして音楽とダンサーと観客、全てが揃っての “箱芸術” ですね。
皆がワクワクしながら一心に舞台を楽しんでいる姿を見て、尚更そのことを感じる時間でした。

 

劇場という場所はお客さんが集まって初めて成り立つもので、またお客さんが舞台を育てるものでもあります。
隣のおばあちゃんは最後までブラボー!と呼びかけ惜しみない拍手を送っていました。

 

そしてノーバヤ・オペラのオーケストラはいつ聴いてもやっぱりいいです。

モスクワに滞在されている方・また何か舞台を観たい方、この『くるみ割り人形』は1月8日までの連日2公演と、飛んで13日(日)も上演がありますよー

*チケット手配サイトのページはこちら

公園内の様子。ロシアのクリスマスは1月7日なので街中ツリーだらけ。どんどん盛り上がっております