ロシアあるある

異文化を知る。言葉は文化を作るもの

今日は国際婦人デー🌷

ロシアではバシモイマルタと呼ばれる祝日です。

金曜日から、花束を持った男女で街中溢れています😃

私も女の子〜💐

 

今日は言葉と文化のお話を。

 

ネットが主流となった現代において、
〈どこに住んでいるか〉というのは案外関係なくなってきている昨今。

 

選ぶ職種によってはパソコンや携帯があれば、世界のどこにいても仕事は可能になっているし
ぶっちゃけ旅先でも移動中でもネットで仕事が可能って、どんだけ忙しいのだ?と思うけれど

仕事を仕事だと思っていない人も多く、なんとなく、趣味と仕事の境界線が薄れている人が増えているのも確かで。

 

「自分にできることをする・やりたい」という感覚が少しずつ少しずつ、
しかし確実にじわじわ人々の意識と行動に浸透しているのを肌で感じます。

 

しかし、やはりお国が違えば事情が違い、普段の日常生活やビジネスもその国によって違いがあるのは当然です。

だって気候も、風習も、習慣も、人々の意識も、つくられ方が全く違うので。

 

「なんでこうなんだ」「なんでこれが分からないんだ」「どうしてそうなるんだ」

 

なんてイライラしても

相手には全く通じません。そりゃ当然のこと。

 

なんでこんなに理不尽なんだ!と感じているのは

今までの思い込みと自分の文化圏の中で刷り込まれた自分の中の蓄積の問題であり
その国の人たちを責めることでは全くない。

 

むしろ責めること自体が傲慢な行為なんですよね。
「私視野が狭いんです!」って自分の評価と品性を下げているだけ。

 

だって、言葉が違うのですから。

 

言葉が違うのは、文化が異なるから。そんなの当たり前のことだったんだなと
我が身を振り返ってみても実感します。

 

 

生活の面でも、手に入らない食材、日用品、また逆にその国でしか買えないものもあり
そういったちょっとした不足が常に付きまといます。

しかし、

 

なければないで、どうにかなるのも日常で。

 

あれば便利だけれど、なければないで他で代用したり工夫したりとアイディアが生まれます。

 

そして「ある」ことに感謝の念が湧く。
これは真理だと思います。

 

何より言葉というものは、勉強すれば頭に入りますが、
それを自分の日常の動作や思考に落とし込んで使うのはまた事情が違ってきます。

 

つまり、言葉が人間の思考を作り、その思考が文化を生み出しているということですね。

 

だからこそ自国の国語を大事にするということは、とても重要ですし必須事項なのだと思います。
言葉を大事にすることが考える力をつけ、文化を守る基盤になると言うか。

 

 

 

さて、

外国で暮らすことは自分の国以外なのだから、その国に住まわせてもらっているお客さんです。

事情も違って当たり前で、日本と比べることはナンセンス。

 

勿論大変なことや理不尽な思いをすることもたっっっっくさんありますが

むしろその違いを俯瞰して楽しめるようになれると、見える世界も感じ方も変わります。

 

ビジネスのチャンスも、文化交流の面白さも実はこういった「差」の部分に転がっているのだし、

そんなものかと受け止める自分の器を作ることの方が先決なのです。

 

instagramにもアップしましたが(クリックするとページへ飛びます)このリボンは嫌だったのでしょう。ムスッとしているミーのような表情がたまりません…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロシアで起業すること。持続の秘訣

ロシアで起業して、一人で仕事をしています。

と言うと、大変でしょうと驚かれることが多いのですが、

突っ走ってきた時間を思い出してみると…確かに本当に、大変だったなぁと。笑

 

 

その渦中にいると、沢山あり過ぎて意識し切れませんでしたが

やはり言いようのないストレスで身体おかしくしたりなど、常にプレッシャーと闘っていたなと。

きっちり体調崩してますし。(自慢できることでは全くありませんが)

 

ボリショイ劇場のバックステージツアーも9年目に入りました(instagramのページに飛びます)

 

ロシアは特に書類大国。

何かしらの申請や手続きにはいまだに(これでも減りましたが)すごい量の書類が必要です。

そして一つでもミスや足りない書類があると無下に突き返されます。

車で片道約2時間で行くような僻地にあるお役所でも同様。
4時間掛けて往復して長時間待って提出しても、書類受理されずにトホホと泣きながら帰るなんて、通常運転。

 

お金払って代行してもらう業者も勿論ありますが、基本私は自分でやっています。

 

 

そして役所の人たちの「ザ・ソ連対応」は

従業員が若い世代に変わってもその威圧感はシッカリ引き継がれており
上から対応の若者だらけ・・・

 

なぜそうなるのだろう?と思いますが、環境が人を作るとはこういうことかと思います。

 

ただ、顔見知りになったり「あ、こいつまた来たな」と、顔を覚えて貰えるようになったりすると
少しずつ対応が変わるのもロシアの特徴。

ロシア人は実はとても情に厚い国民性でアジア的です。

親しくなった人には特にその威力を発揮します。

情報をくれたり面倒見てくれたり・・・時間を掛けてこう言う人脈を作るのも、生き残る術です。笑

 

案外あっさりミスを修正してくれたり「今回だけだぞ」と受理してくれたり、優しくされることも少しずつ増えます。
ただ、ご機嫌に左右されるのが玉に瑕。

 

全ては担当者のその日のコンディション次第。

 

元々の個人の性格もあるとは思いますが、権力を持つ・決定権を持つというのは
人を勘違いさせる栄養になるのでしょうね。

 

書類の翻訳をお願いしにいった役場の壁にかかっていた、いろんな国のお金コレクション。担当してくれたおじちゃんの趣味だとか

 

やりたいことをやる、と言うのは、こういったことを含めて覚悟していないと出来ないことなのだなとも思います。

ただ、自分で決めたことだから、それが当然と受け入れるしかない。

そして当然と思っていれば、その時その時に愚痴が出たとしても、消化して立ち向かうしかなく鍛えられて行くものです。

 

ただ人間って弱いので、

その愚痴を聞いてくれるような友達や相談し合える人、同じような立場の仲間、
ストレス発散に付き合ってくれる人、気分転換しようと普通に受け止めてくれる人
などなど

そう言う人たちとの関係を築いて行くことも大事なのだと思います。

 

結局一人で出来ることって少ないんです。

 

周りに助けてもらってしか、物事って進みません。

 

一人で起業していたとしても、人と関わることでしか仕事ややるべき事って成り立たない。

弱い自分と向き合わされるし、それを認めざるを得ない。

 

ただ付き合ってくれる人や助けてくれる人たちの優しさや親切が本当に身に染みます。
自分もその人にとってそうありたいと、学びます。

そして時間をかける事でしか得られないことや、見えない景色もあるのだなと。

 

頼れる人間関係を築くことが、生きて行くために、そして楽しい人生を歩むために大切なのでしょうね。
それってどんな立場の人であっても同じです。仕事だけでなく全てのことにも言えます。

 

「お互い様」でしか成り立たない。

 

ビジネスの持続も、人間関係も、日常生活も、どの国にいても

 

人の人生においての基本はこれだと、私は思います。

 

 

*おまけ*

お誕生日に頂いた花束。薔薇の香り大好きな乙女ふぁーさん