イベント

【ボリショイ劇場芸術展】新しいinstagramアカウントを作りました

【ボリショイ劇場芸術展】を日本で開催しようと、約3年前からずっと日本での営業活動を続けておりました。
この度主催新聞社が決まり、2022年の開催を目指してこれから協力頂ける美術館探しの段階となりました。

ボリショイ劇場美術館100周年記念カタログの表紙がアカウントの写真になっています

(⬆︎この写真からアカウントに飛びます)

 

展示会について、2017年にこちらの記事にもアップしています

新企画*劇場芸術の多面性を知って貰うために

ボリショイ劇場バックステージツアーを始めて8年目。もう8年!?と驚きなのですが
今までご参加下さった人たちがいたからこそ、続けることが出来たツアーです。

今まで何度ツアーをご案内してきたのかもはや数えられないのですが(ちゃんと数を把握しないとです)
一度として劇場が同じ状態だったことはありませんでした。

 

上演演目によっても舞台の様子が違いますし、
防火用のシャッターが降りていることもあったり(!)幕が閉まっていることもあれば
裏方さんたちの作業、舞台背景画が上がって舞台裏まで見えたり、
照明さんフル稼働、ダンサーやオペラ歌手たち、オーケストラのリハーサル、
ピアノでの練習やフルオーケストラ+舞台衣装つきのリハーサルなどなど・・・
指揮者の方がプリプリ怒っていたり、ダンサーが悪態をついていたり、先生の迫力にダンサーが負けていたり
面白い一面も垣間見れます。笑

特に普段着で練習をしているオペラ歌手の方達。普通の人たちなのに、いきなり歌い出すとびっくりします。

上演を待つひっそりとした劇場

劇場は生きている空間です。

そこで毎日毎日練習行われ、生の舞台が上演されていて
沢山の人たちの手がかかり思いが込められています。

 

そういった伝統を守っている劇場という空間がどんなところか、肌で感じてもらえたらと思って始めたツアー。
そしてロシアを訪れる人たちだけでなく、日本でより多くの人たちに、劇場を作る多面的な要素に触れてもらう
機会を作れたら、という思いがあふれてきました。

ボリショイ劇場美術館館長さんに直接提案して快諾して貰えて、委任状と開催全権を頂いて
日本であちこち動きまくっていましたが、快諾してくれたのは、日本人のツアー参加者の方達のお陰様です。
熱心に話を聞いてくれるしマナーをちゃんと守ってくれると
(当たり前のことなのですがそうもいかない人たちもいます…)劇場でとても評判が良いんです。

 

途中、中々進まずめげそうにもなっていましたが、せっかくボリショイ劇場がくれたチャンス、
ここで潰してなるものかと、諦めずにここまでやってきました。

 

バレエを習っている子供達や親御さんたちにこそ、今一生懸命頑張っているバレエが
何回回れるかとか痩せているとか、足がどれだけ高く上がるかやジャンプを競うものではなく
物語、踊りやマイムの意味、作曲家の意図、時代背景、衣装やデザインとの調和といった
単純に技術だけではない「バレエ」の奥行きを知ってもらうきっかけになったらと思います。
先生方からも是非、子供達に伝えてもらいたいです。

そして芸術が好きな人、観劇やコンサート通いが趣味の人、ロシアの作曲家や文学が好きな人、
デザインやアートに関わっている人、ロシアという国そのものに興味がある人

少しでも引っかかる要素があったら、足を運んでみようと思って貰えるような展示会を実現したいと思います。

劇場はダンサーやオペラ歌手たちだけのものではありません。
お客さんの目で育っている文化です。

これから展示会開催に向けて、ボリショイ劇場美術館員の方たちとのやり取りや、劇場の様子など
instagramのアカウントから公開していこうと思います。
是非こちらフォロー下さい。

https://www.instagram.com/mavita_bolshoi

名前:The Art of the Bolshoii Theatre
ユーザーネーム:mavita_boishoi

大きなオーケストラピット。毎日ここで音楽が響いています

またこのブログでも随時進捗状況をアップしていきますので覗いてみてください。

どうぞ宜しくお願い致します。

いろんな表情。ボリショイ劇場バックステージツアーの様子2019年4月20日

先日、モスクワ写真部の大野真理さんに、バックステージツアーの様子を撮影して頂きました。

この日舞台上にかかっていた舞台装置は、連日上演されていたオペラ『椿姫』

2012年の初演の時、プラゴン(ゲネプロ・本番同様の最終リハーサル)に招待して貰うことが出来、
ベリエタージュ(3階席)の一番端っこのボックス席で観て、とっても感動したことを今でもはっきり覚えています。

プロローグの紗幕

もうボリショイにはいないのですが、ヴェネーラ・ゲマディエヴァの歌は素晴らしかったです

 

今回ツアーでは舞台上にこの舞台の装置がかかっていました。

こちらは2012年の舞台の時のカーテンコールの様子⬇️

いつもはボリショイ劇場美術館員の方が何かあった時のために付き添ってくれるのですが、この日は一人で回りなさいと良い意味で放置?され、お客さんと雑談をしながらゆっくりのんびり回りました。

オーケストラピット

どの席が良いかの座り比べをしたり

天井桟敷からの見え方を体験してもらったり

上から見ると全然景色が違います

大リハーサル・ルームでは、5月に初演のあるオペラ『エフゲニー・オネーギン』のリハーサルをしており、椅子から右足で立ち上がるだのパートナーの腕をとる音だの腕を組むタイミングだの細かな演技指導をしているところで、まさに「創っている」過程を見学することができました。

少人数ということもあり、衣裳部屋の刺繍担当の方達のお部屋にも入れて貰うことができ

アポロンの後ろ姿

この場所も見せて貰えました。

*残念ながら衣裳部屋は作業の状況や人数の関係で入室出来ないことの方が多いのですが、この日はお針子さんも時間があったようで、色々見せてくれました。

なかなかスポットライトの当たらない彼女達の仕事ぶり。
自分たちの職人技を知って欲しいという願望はあっても、やはり裏方さんたちです。
彼女達の仕事っぷりを日本での展覧会でご紹介出来ると良いなと考えています。

 

赤の美しい皇帝の間

いろんな部屋を回ります

 

地下のベートーベンホール

ツアーを始めて丸7年ですが、劇場は一度として同じ状態だったことはありません。

舞台もその日のキャスト、アーティストの体調、オーケストラとの呼吸、そしてお客さんとの空気感の共有で、たとえ同じ演目でも「同じ」ということがないのが舞台芸術です。それはツアーも同様。

似ている状況ということはありますが、それでもやはり常に何かしら違っており、
上演演目に合わせて転換作業をする裏方さん、練習をするアーティストたち、お掃除をするスタッフ、本当にいろんな人たちが作業をしている場所で、いつも違う顔を見せてくれます。
照明も一定ではありません。笑

オーケストラのリハーサルがあると、観客席で歴史の説明やお話が出来ず廊下に出てからになることもあり(その分リハーサルの演奏が聴けたり見れたりしますが)バレエやオペラのリハーサルが舞台上で行われていることもあれば、幕や防火用のシャッターがしまっていることも(!)あります。

その日のタイミングと私やお客さんたちの運にもよるのですが、そういったいろんな顔を見て貰って体感して貰うのが、このツアーの醍醐味だと思います。

生きている空間、そして人が伝統を紡いでいる空間。

そういう劇場を是非、覗きに来てください。

 

*次回のツアーは4月28日(日)11時からと、30日(火)12時からです*

静かにお客さんを待つ観客席は、「ドキドキ」が始まる場所です

真理さん、撮影ありがとうございました!!