CATEGORY

お知らせ

芸術の秋♪ボリショイ劇場バックステージツアー10月/2017のご案内

夏休みが終わり、劇場が盛り上がる季節がやってきました。 ボリショイ劇場は242シーズンがスタートです。 気温も一気に下がってきましたし、いよいよロシアらしい季節の到来とも言えます。笑   【バックステージツアー開催日】 10月8日(日)11:00〜 10月15日(日)11:00〜 10月19日(木)13:30〜 10月28日(土)11:00〜       & […]

「モスクワ・ナビ」紙媒体発行終了のお知らせ

2013年6月号からスターツコーポレーション株式会社(STARTS)から発行していましたフリーペーパー「モスクワ・ナビ」は今月の2017年7月号をもちまして紙媒体での発行が終了となりました。 スターツ・ロシアに駐在されていた前任者の方から始まったこのフリーペーパー。その方は以前駐在されていたトルコでイスタンブール・ナビを始め、モスクワに異動されてから日本人向けのフリーペーパーがモスクワにはなかった […]

初演キャンセル『ヌレエフ』@ボリショイ劇場

ボリショイ劇場で初演予定だった「ヌレエフ」の上演がキャンセルとなりました。 こちらのニュース映像↓どんな感じの舞台か、少し垣間見れます ウーリン総裁曰く来年の5月に再度上演を行う予定とのこと。インタビューの全てはこちら(ロシア語のみ) 色んな噂が流れてはいますが、気の毒なのはダンサーだなぁと思います。 6月末に日本公演から戻ってすぐ短期間で仕上げて。色々追い込まれて、その上でのキャンセル。 &nb […]

お知らせ☆宇宙飛行士訓練センター「星の街」ツアー

バックステージツアーとは全く別物で個人的なお知らせです。 8月3日(木)にガガーリン宇宙飛行士訓練センター「星の街」のツアー企画があります。 星の街はモスクワ郊外にあるスターシティにある宇宙飛行士の訓練施設です。 日本から来る友人の仕事関連の資料集めの一環でもあるのですが、一度行ってみたいという方がいらっしゃったらと思い、こちらから宣伝させて頂くことにしました。 去年の記事ですがロシアNOWの「宇 […]

新企画*劇場芸術の多面性を知って貰うために

ボリショイ劇場のバックステージツアーの案内を始めて、丁度5年が経とうとしています。 このツアーはロシアの劇場芸術の伝統を知って貰うことは勿論、舞台って何だか良く分からないという方に、 「バレエ=女性だけのものという思い込みに気付いて貰う」 「観劇に対するハードルを下げる」 「バレエや舞台に対する偏見を少しでも払拭する」 ということが最大の目的です。 しかしロシアにいらっしゃる日本人の数はそこまで多 […]

『婦人公論』海外女性通信@ロシア

2017年1月6日、中央公論新社より発売の雑誌 “婦人公論”  最新号の中にある 『海外女性通信』に記事を書かせて頂きました。               内容はバレエ『くるみ割り人形』のチケット事情。 ロシアでは年末からずっと『くるみ割り人形』の上演が各劇場で続いています。 更に丁度1月7日がクリスマスというロシアでは、時期が […]

Mavitaよりwebsiteに関するお知らせ

Mavitaよりお知らせです。 今まで使用しておりましたサイトMavita.netを閉じ、こちらのMavita blog『人と芸術時々猫』に統一致しました。 ブログタイトルの上方と右側に about Mavita、バックステージツアー、お問い合わせ この3つのメニューを追加致しました。 about MavitaにはMavitaの紹介と私自身の略歴を、 バックステージツアーには、ボリショイ劇場バック […]

モスクワより、メリークリスマス☆

今日はクリスマスですね♪ といってもロシアのクリスマスは1月7日なので普通の日です。何故1月7日かというと、ロシア正教は元々ユリウス暦に基づいておりグレゴリオ暦と2週間のずれが生じるからです。しかし今年は週末に重なったので、何となくお祝いムード。 それにしても留学していた90年代は、12月は街中が賑やかになるわけでもなくライトアップがあるわけでもなく、かろうじて、“С Новым годом!“( […]

佳世さんの引退

昨日(12/19)はボリショイ・バレエ学校の先輩でありKバレエカンパニーでもお世話になった長田佳世さんの引退公演の日でした。 新国立劇場の記事はこちら FacebookではKバレエの先輩や同期たち、またバレエ関係者たちが皆佳世さんの新国立劇場での最後の舞台カーテンコールの様子をアップしていました。 佳世さんの舞台、観たかったです。それだけが後悔・・・ 新国立劇場の公式サイト↓ ずっと頑張って来られ […]

>総合芸術としてのバレエ

総合芸術としてのバレエ

舞台というものは演者たちだけでは成り立ちません。裏舞台で支えている多くの人々の尽力あってこそ表舞台がより引き立ちます。
建築・歴史・哲学・文学・音楽・美術・デザイン・踊り・歌、全てを包括しているのが劇場芸術です。
生活の中で芸術はなくても良いものかも知れません。しかしあるとより豊かになるものだと私は考えます。 人でしか紡ぐことの出来ない伝統の世界。色んな角度から眺めてみると、きっと新しい発見があるはずです。

CTR IMG