おみやげもの

モスクワより、メリークリスマス☆

今日はクリスマスですね♪

ボリショイ劇場前。何となく見覚えのあるような・・・

ボリショイ劇場前。何となくどこかで見たことあるような・・・

といってもロシアのクリスマスは1月7日なので普通の日です。何故1月7日かというと、ロシア正教は元々ユリウス暦に基づいておりグレゴリオ暦と2週間のずれが生じるからです。しかし今年は週末に重なったので、何となくお祝いムード。

それにしても留学していた90年代は、12月は街中が賑やかになるわけでもなくライトアップがあるわけでもなく、かろうじて、“С Новым годом!“(ス・ノーヴィム・ゴードム)という文字がちらほらあってもうすぐ新年と分かるくらい。
日本だと12月は年の瀬で街中が華やぎ気持ちがわくわく・・・という感じだったので、何だか寂しいなぁなんて感じていましたが、最近のモスクワはすごい事になっています。

あちこちに出現するスケートリンク

あちこちに出現するスケートリンク

巨大な氷のすべり台まで出現

巨大な氷のすべり台まで出現

宗教関係なくお祝いならば祝おう!というロシア人のミーハー根性は日本人ととても良く似ています。笑
資本主義になって、商業的な価値観が広まっている証拠なんでしょうけど。

あちこちにキラキラ綺麗なクリスマスツリーが姿を現しています。

赤の広場にあるツリー

赤の広場にて。グムの前のツリー

といっても、ロシアではクリスマス用ではなく、まずはお正月を迎えるためのЁлка(ヨールカ)もみの木なのです。
ところ変われば習慣が違いますね。

 

さて、毎年12月にロシア国内と周辺諸国各地から民芸品や特産品が集まり開催されるラジアーというクリスマス・マーケットがあるのですが、そこで私、ずっと欲しかったものをとうとう買ってしまいました。

それはこちら。

くんくん、なんだこれ

くんくん、なんだこれ

コンパクトに持ちやすくしてもらい(といっても中々重かったですが)

img_0010

開いて

おおおお

おおおお

組み立てて

なになになに

なになになに

これはこういうもの?

これはこういうもの?

いえ、こういうものです

いえ、こういうものです

なるほど、よくわかった

なるほど、わかった

このメゼンスカヤ・ロスピシ(メゼン塗り)はロシアの北、アルハンゲルスク地方の民芸品。赤と黒と白の3色しか使わずシンプルな模様が特徴的です。馬、鹿や鳥、木や草花の模様が描かれていてとても原始的。何故かこのメゼン塗りがロシアの民芸品の中で私は一番好きなんです。
用途は様々ですが、取りあえずは椅子として使いはじめました。
家の中が益々楽しくなってしまって、益々引きこもりです。笑

ラジアーはどうやら3月にも開催するようですよ。

Ладья – Весенняя фантазия 2017

1 марта – 5 марта
Место проведения: ЦВК «ЭКСПОЦЕНТР» на Красной Пресне
ラジアー 春のファンタジア2017。3月1ー5日エクスポセンターで開催

手作りの物は本当に世界に1つしかありません。
ひとつひとつ丁寧に描かれ作られた職人さんの作品達はどれも魅力的です。
興味があれば是非足をお運び下さい。素敵な出会いがきっとあると思います♪

 

では、改めてメリークリスマス!素敵な1日を☆

 

リガ・ぶらぶら街歩き/お土産編

ふらりとラトビアはリガに行ってきました。バルト三国の真ん中に位置する小さな街。

ブレーメンの音楽隊

ブレーメンの音楽隊

旧市街の真ん中

旧市街の真ん中

実は今回3回目です。旧市街は1日あれば歩き回れる位の大きさで、ぶらぶらお散歩するのに丁度良い街。

ラトビアと言うと日本にも進出しているステンダーズというオーガニックコスメのお店がありますね。
ここ数年、ロシアのオーガニック製品やらナチュラル系のコスメやらを知るようになって結構興味を持つようになりました。先人の知恵やその地域ならではの伝統的な製法、所謂おばあちゃんの知恵的なものから作られた製品に出会うと、人間の間で育った文化なんだよな〜と妙に納得して愛着が湧いてしまうようになりました。民芸品も同様です。

ラトビアは天然ハーブ大国。冬の長い自然豊かな国ならではではでしょうね。
前行った時はやたらオブレピーハ(シーバックソーン)って思っていましたが、ロシアにも沢山あると気付いてからはラトビアらしいものに目を向けるようになりました。

毎回立ち寄るお店も出来ましたし、今回新規開拓のお店も見付けました。
そこでラトビア製ちょこっとお勧めのお土産をご紹介したいと思います。

 

MADARA
日本でも販売していますね。こちらの白樺エキスぎゅっと入りのアイクリームは気になっていたので購入。

左:セラム 真ん中:アイクリーム(タイムミラクル(TM) シリーズ) 右:ピュリファイリングフォーム(洗顔)

左:セラム 真ん中:アイクリーム(タイムミラクル(TM) シリーズ) 右:ピュリファイリングフォーム(洗顔)

 

Dzintars

1849年から続くナチュラル製品の老舗です。お値段もお手頃

1849年から続く歴史の長いナチュラル製品のお店。お値段もお手頃

色々なシリーズを出していますが、今回はLAURA MARSというラインのBBクリームか日焼け止めタイプのものを試しに買ってみたかったのですが、どの店舗を覗いても丁度扱いがなく次回にと。今回のは似たもので売り子さんにお勧めされたものです。

つけ心地が良さそうなライトファンデーション

つけ心地が良さそうなライトファンデーション

こちらは別ラインのリップ。

UV入りのリップ。ロシアも紫外線が強い&空気が乾燥しているのでリップは必需品です

UV入り。ロシアも紫外線が強い&空気が乾燥しているのでリップは必需品です

 

Linda Griin

こちらのハーブティーはとってもお勧めです。自然がぎゅっと詰まっている感じがします。

左:くろすぐり&西洋ノコギリソウ 真ん中:クラウンベリー&ミント 右:キクイモ&お花&シーバックソーン

左:くろすぐり&西洋ノコギリソウ 真ん中:クラウンベリー&ミント 右:キクイモ&お花&シーバックソーン

 

Lavandas
このお店ではラトビア製のものを始め色んな国のオーガニック製品が置いてあります。食品も充実しています。旧市街の外でちょっと歩きますが、お店のお姉さんもとても感じが良いです。

バスミルク。ローズとクレオパトラ(!)

バスミルク。ローズとクレオパトラ(!)

右のクレオパトラの裏を読むと、どうやらミルク風呂というのはクレオパトラが始めたという言い伝えがある?とか。使うの楽しみです。

こちらはステンダーズのバスソルト。

ローズとラベンダーのバスソルト

ローズとラベンダー

以前買ってみてバラの香りが濃く良かったのでリピート。ラベンダーもとてもリラックス出来そうです。

ちなみにラトビア製のバス用品、特にバスソルトやバスシュガー等はどちらかというと結構油っぽいです。バルト海に面し冬はマイナス30度夏はプラス30度まで上がり、空気も乾燥している気候が影響しているんでしょうね。乾燥肌の人にはかなりしっとりしますし良いかも知れませんが、バスタブがぬるぬるしたり床が滑りやすくなる可能性があるので使用の際には気を付けた方が良いと思います。

街の紹介をすっ飛ばしていきなりお勧めのお土産からアップするなんてどうかと思いますが・・・やっぱり可愛い!と大満足だったので早速。笑

次はたまたま見付けて大興奮だったART MUSEUM RIGA BOURSEで開催中のバクスト展についてです。お楽しみに♪

こちらも併せてどうぞ♪

リガ・ぶらぶら街歩き/レオン・バクスト展

リガ・ぶらぶら街歩き/ラトビア