年末年始と言えばの『くるみ割り人形』

年末年始になると各劇場で『くるみ割り人形』が盛んに上演されます。
皆とりつかれた様に(!?)くるみ割り人形を観に行きます。

モスクワクラシックバレエ団@ノーバヤ・オペラ

モスクワクラシックバレエ団@ノーバヤ・オペラ

しかし、その気持ちも何となく分かります。

テーマはクリスマスの夜と季節感たっぷりの題材ですし、何よりチャイコフスキーの音楽は
夢の国へと誘う効果絶大。更に耳に馴染んだメロディと、くるくる回るダンサー達の
踊りにすっかり目を奪われます。

特にロシアは1月7日がクリスマスということもあり、年末から7日までがピーク。

ボリショイ劇場、ダンチェンコ劇場(スタニスラフスキー・ネメローヴィチ=ダンチェンコ劇場)
モスクワクラシックバレエ団(@ノーバヤ・オペラ/ドム・ムーズィキ)など
主な劇場ではピークがやっと過ぎ、ダンサー達はほっと一息のところでしょう。
きっと皆1年分のくるみの音楽を聴いたでしょうし、暫く頭から離れなくて大変だと思います。笑

ダンチェンコ劇場 最後のカーテンコール

ダンチェンコ劇場*最後のカーテンコール

年末にノーバヤ・オペラで2014年から上演されているオペラの『くるみ割り人形』を
観に行ってきました。

ちょっとぼやけていますが主役のマーシャ(クララ)登場人物はみな綿飴みたいな頭をしていました。

ちょっとぼやけていますが主役のマーシャ(クララ)登場人物はみな綿飴みたいな頭をしていました。ほわほわしてて可愛かったです

2015年はチャイコフスキー生誕175周年だったので、あちこちの劇場で記念公演があったり
作品が作られたりしていたのですが、その一環です。

マーシャ(クララ)のお父さんとお母さん

マーシャ(クララ)のお父さんとお母さん

「愛を希望を」という歌詞が印象的ではあり、耳に馴染んでいるメロディだけあって
終わった後に思わず歌詞を口ずさんでしまいました。
ロシア語のオペラなので字幕は英語だろうと思っていたら、なんと字幕もロシア語でした!
観に行かれる方はご注意下さい。

感想はというと、
やはりオペラとして作曲された音楽ではないので、オペラにする必要はなかったのではないか??
というもの。

しかしバレエもオペラも結局は人の好み。色んな感想があって良いと思います。
音楽はやはり聴き応えがあるなぁと思いました。

12月は世界中の劇場できっとこの『くるみ割り人形』が盛んに上演されていたと思います。
風物詩とはいえ、ダンサーの皆さん、お疲れ様でした!!

コメントを残す