Tag Archive: mavita_bolshoi

時代を超えた不朽の作品『白鳥の湖』1877年初演の失敗

7月末のシーズン・オフまでボリショイ劇場の特別展示室ではチャイコフスキーの『エフゲニー・オネーギン』特集
をしております。

余談ですが『エフゲニー・オネーギン』というとこの3幕のポロネーズの音楽に聴き覚えのある方が多いと思います。

このオペラが初演されたのは1881年のボリショイ劇場。

「失敗するかも?」という疑念があったので、1881年の初演の時は舞台装置や衣装は作られず、いろんな作品から衣装や装置やらあれこれ持ち寄っての上演だったそうです。寄せ集めだったんですね。笑

 

なぜ「失敗するかも」と思われていたかというと、

 

プーシキンの小説の舞台化が可能か否かという疑問もあったのだと思いますが
4年前の1877年に、この作曲家の大作『白鳥の湖』がこの劇場でも初演された際、大失敗に終わっていたからです。

さらに台本を忠実に描き、壮大な交響曲的に仕上げられていた音楽は、当時の聴衆にはちょっと難しかったというのが
その要因だとも言われています。

 

が、そうではなかったようで

当時のバレエの演目は、ダンサーたちが好き勝手に自分の得意な踊りを披露するということが日常的に行われていた為、
この『白鳥の湖』も同様、ダンサーたちは自分の見せ場を盛り込んだ踊りを挟み込んだそう。
つまり音楽の一貫性に欠けていたんです。

そして主役を踊ったポリーナ・カルパコワはすでに全盛期を過ぎていたということもあり、
イマイチ盛り上がりに欠けてしまったのだとも思います。

ボリショイ劇場特別展示室より エフゲニー・オネーギン特集

 

ちなみに

当時はバレエ音楽=二流というように、バレエ音楽を手がける音楽家は少し下にも見られていたこともありました。

何故かというと、演出家やダンサーの意思で曲をカットしたり短縮するように注文されたりし、
それに合わせて作り替えたり調整することを要求されたからです。

 

つまり 曲<踊り と考えられていたんですね。

 

なので簡単に作曲家の意図を無視してしまうので(そもそも意思を持たないようにしていたかも知れませんが)
何かを生み出したいと考えている作曲家としては欲求不満に陥ってしまうのは想像に難しくありません。

言われた通りに作曲することを得意とする人なら別なんでしょうね。
相手の意図を汲み取るいう能力も、それもまたイマジネーションがいるものですし。

 

1877年当時のポスター(クリックするとinstagram mavita_bolshoiに飛びます)

 

しかしチャイコフスキーはもともとバレエ自体を愛していたようで、
『白鳥の湖』の作曲を劇場から依頼を受けた時は名誉に感じたでしょうし、自分なりの壮大な構想を練ったのだと思います。

 

しかし、残念ながらこの作品は評価されませんでした。

 

その後場所は移り、サンクトペテルブルグへ

 

当時の帝室マリンスキー劇場のウセヴィロジュスキー監督は1890年にマリウス・プティパ振り付け、チャイコフスキー作曲での『眠りの森の美女』を成功させ、

更に1892年には現在ではクリスマスの風物詩『くるみ割り人形』も作曲依頼をし好評を得た後、

1895年、『白鳥の湖』の再演(蘇演)を成功させます(!)

 

(三大バレエの誕生をこんなカンタンに段飛ばしのように書いて良いのでしょうか。笑^^;)

 

段階を踏んで・踏んで、再演に至らせた。彼はこのバレエの可能性を諦めなかったんですね。

 

ウセヴィロジェスキー監督が、プティパの振付家としての才能と、またチャイコフスキーの音楽性を信頼し諦めなかったからこそ、現代にまで続くこの三大バレエが続いている ということですね。

 

ただ1893年に、その上演を待たずチャイコフスキーは亡くなってしまいます。

1906年のオデット(白鳥)の写真

その後様々な振付家や演出家によって手が加えられながら、現在もこの1895年に大成功を収めたプティパ版をベースにした『白鳥の湖』が世界中で上演されています。

1976年 セメニャカのオデット

誰もが聞いたことのある物悲しいようなオーボエの旋律のこの作品は

もし、プティパがフランスからロシアに渡っていなかったら

もし、ウセヴィロジュスキーが監督官になっていなかったら

もし、劇場のトップが保守的で不評を恐れてお蔵入りにしていたら・・・

といろんなことが歴史の時間の中で織り合わさったからこそ、作品が世に残ることになったんですね。

ヴィルサラーゼの背景画。白鳥の湖3幕

 

そう思うとどの時代も才能を引っ張り上げる「誰か」がいるものです。

そしていつの世も創り上げる人たちの尽力あってこそ物事って成し遂げられていますね。

 

1877年のポスターを眺めながら、そんなことに思いを馳せてしまいました。

 

*こちらは道化師で岩田守弘さんが出演されています。2002年のボリショイ劇場が改修前に入る時の映像です*

 

『白鳥の湖』に関してはまだまだ沢山ネタがあるので、これから色々アップしていきます♪

instagramのmavita_bolshoiの方も併せて覗いてみてください。

 

未上演の子供向けバレエ作品「とんぼとあり」@ボリショイ劇場芸術展

肌寒い日が続くモスクワです。

ボリショイ劇場芸術展開催にあたり、Instagramで新しいアカウントを作り日々更新しておりました。

mavita_bolshoi のアカウント こちらクリックするとページに飛びます

そしてこれからこのinstagramにも紐づけて、以下の趣旨でこのサイトでも情報をアップしていこうと思います。

 

1776年に創設されて以来、243年の歴史を持つボリショイ劇場。

その長い歴史の中で、人気がある作品がレパートリーとして残ってきたわけですが、
構想を練っても未上演で終わったものや、2、3回の上演で打ち切りになってしまったもの
政府から圧力がかかってしまったもの(ロシアの歴史を考えると当たり前にあることですが)などなど

消えてしまった幻の作品も山ほどあります。

そして振付家・演出家・デザイナー・作曲家などのクリエイティブな人たちが沢山関わってきており
今日に続く作品は時代の流れの中で刷新されてきています。

劇場という箱があって、舞台芸術は土地や人々に根付く文化なのですね。

日本での展示会で公開できるものから連れていけないものも沢山あります。
instagramにも紐づいているので、日々そちらからもチェックしてみてください。詳細をこちらでご紹介していきます。

これからこの趣旨の元、いろんな作品や舞台の構成要素の一部をここで綴っていきたいと思います。

 

 

まずはこちら。ソ連アニメに関連した作品のイラストを発見しました。

子供向けバレエ【とんぼとあり】1951年

instagramでもアップしたものです。ページに飛びます

イワン・アンドレーヴィチ・クリーモフという作家の1808年の寓話が元になっています。

 

ボリショイ劇場での作製に関わったのは

А.Л.Птушко アレクサンドル・プトゥシコ (映画監督・アニメーター、ソ連人民芸術家)*余談ですがこの人はソ連映画「石の花」の監督でもありました

Л.И.Мильчин レフ・ミリーチン(映画監督・アニメーター・名誉芸術家)

Ю.М.Ефимов ユーリー・エフィーモフ(ソ連/ベラルーシの指揮者・国民芸術家)

1951頃にこの方達によってソ連アニメ「とんぼとあり」を子供向けの舞台作品として上演しようと試みた作品。

いわゆるイソップ童話の「アリとキリギリス」と同じような内容なのですが
こちらのアニメ、ソ連の人々の様子がよく描かれています。「労働」の尊さを謳ったアニメ。プロパガンダ的なものですね。
しかしソビエトアニメはやはり音楽の使い方、優しい動き、表情の豊かさ、そして独特の色遣いが特徴的です。

 

こちらの記事でもご紹介しましたが、アニメ界で経験を積んだ人たちが舞台の世界でも活躍しています。

ボリショイ劇場美術館100周年記念展 

上のアニメを見ていただくとわかるのですが、いろんなキャラクターが登場します。

 

そして、

毛虫に乗った動物や昆虫たちだけでなく、実はこんなキャラクターも考案されていました。

アイスクリーム売り子猫さん。笑 Кошки-Мороженщицы 1951
ちょっとセクシー系なのかなと

 

あとはこちら。
お母さんスズメが双子スズメを乳母車に乗せています
Воробьиха с детьми 1951

車体はいがぐりで車輪はきのこ??

 

なんと素朴で可愛いのでしょうか。(一瞬おばあちゃんスズメと孫スズメっぽいですが笑)
アニメには登場しないキャラクターを、舞台では色々と創作しようと考えていたのでしょうね。

 

上演に至らなかった明確な理由は分かりませんが、当時、時代の先端を行くアニメーターや監督たちが集まって、オーケストラの音楽の構想も練りながら、想像の限りのキャラクターたちを思い描いてあーだこーだと意見を出し合っていたのだろうなと思うと、ワクワクしますね。

この絵柄の絵本があればいいのになと、妄想は広がります。笑

 

この先、新しいクリエーターたちが再現&今の時代に合わせて造ってみよう!となる日が来るのかも知れませんね。
無限の可能性が舞台には広がっています。

 

 

おまけ/ご参考:

А.Л.Птушко プトゥシコのドキュメンタリー(ロシア語)