Tag Archive: 舞台芸術

新企画*劇場芸術の多面性を知って貰うために

ボリショイ劇場のバックステージツアーの案内を始めて、丁度5年が経とうとしています。

この方はそろそろ3歳。視線の先には何がいるんだろう・・・

このツアーはロシアの劇場芸術の伝統を知って貰うことは勿論、舞台って何だか良く分からないという方に、

「バレエ=女性だけのものという思い込みに気付いて貰う」

「観劇に対するハードルを下げる」

「バレエや舞台に対する偏見を少しでも払拭する」

ということが最大の目的です。

しかしロシアにいらっしゃる日本人の数はそこまで多くありません。もっと広く沢山の人に知って貰える機会を作れないだろうかという思いが常にあり、ずっと前から温めていた案を思い切って劇場に提案したところ、快諾を得ることが出来ました。

『ボリショイ劇場芸術展』を日本で開催します。

舞台は生ものなので観劇こそ、その魅力を知る一番の手立てなのですが、いきなり観劇っていうのもハードルが高い/チケットは高価で手が出しにくい/そもそも男だと観に行きにくい・・・と感じている方も多いのが現状です。

しかし舞台芸術は、ダンサーや歌手だけでは成り立たず、文学という題材があり、音楽、美術、デザイン、照明技術、舞台装置、全てが揃って初めて出来上がります。つまり、一つの舞台を創作するために様々な分野の人たちが、日々化学反応を起こしているんですね。

例えばこんなユニークなデッサン画だったり

「サロメ」1921年の衣装デッサンも。アルバムから抜粋

劇場という場所はロシアの文化・芸術エッセンスがぎっしりつまっていて、更に言うと国家の凝縮版と言っても過言でないほど色んな事が濃縮された場所です。

ロシア語、劇場、建築、デザイン、ロシア美術、オペラ、文学、チャイコフスキーやトルストイ等々・・・

「ロシア」に纏わるキーワードにちょっとでもひっかかる人たち、歴史好きの人、そして美術やデザイン、カラーコーディネートや衣装、音楽は勿論、身体能力の高さはピカイチ・アスリートなダンサーたちの動き、人間ってすごい!としか思えない全身楽器のような声の歌手、そんなこんなが好きな人たちの興味を満たす要素が実はたっぷり詰め込まれた場所。それが劇場です。
よく考えたら、これらは男女関係なく色んな人が楽しんでいるものですよね。

こんな衣装もあります

「舞台って何だろう?何がどう関わって出来ているんだろう?」
こういった疑問を紐解きながら、舞台芸術の多面性を知って貰えたらという思いがあります。踊りや歌などのパフォーマンスは勿論ですが、それ以外のディテールも楽しめるのが劇場芸術の醍醐味なんです。

こちらはドム・ナショーキナ(モスクワ)での展示会。真ん中にある『ボリス・ゴドノフ』の衣装は日本にも持って行きたいと考えています

 

総合的なプロデュースを任されているのでこれからどんどん動いて行く予定ですが、皆さんのご提案、意見、希望、そして応援メッセージなど(笑)美術館関係者の方を含め、メディアや各企業、そしてロシアやボリショイ劇場に興味のある方、ご連絡頂ければ幸いです。

ロシアや劇場と日本そしてアート好きな方を繋げ新しい発見が出来るような、そんなわくわくする機会を作りますっ♪

こちらから時々進捗状況をアップしていくので是非覗いて下さいね。どうぞ宜しくお願い致します!

 

 

 

『Mavita』の意味

mavita_logo
Mavitaってなんですかと良く質問を頂くので、ここでご紹介します。

古いラテン語で
「Ars longa vita brevis」 (アルス ロンガ ヴィータ ブレーヴィス)という言葉があります。

単純に訳すと
「芸術は人の人生より長い」という意味になります。

この言葉を知ったとき、本当にそうだなとしみじみ実感しました。

美術品、陶器や彫刻、建築そして絵画、文学、音楽、バレエやオペラも全て
人の生み出した作品は、その作者がこの世を去ったとしても失われることがありません。
歴史に名を馳せる芸術家の作品や名作と言われている物は尚更ですが、
一般に家庭で代々引き継がれて大事に使われている物や伝統なんかもそうです。

ずっと人から人へと引き継がれていきます。

長い長い歴史の積み重ね

長い長い歴史の積み重ね

会社を立ち上げることになって社名を考えていたとき、この言葉を使いたいなと思いました。

MavitaのMは「Media−媒体」のM。(そして私の名前「萌生−Moeha」のM)
Mavitaのaは「art−芸術」のa
Mavitaのvitaは上記から「人」「人生」「生命」「生きる」などの意味。
私の名前にも「生」がついているので、ある意味自分の名前をもじっているとも言えます。

そう、Mavitaは完全に造語です。“人と芸術を繋げる媒体” になりたいという思いを込めました。

自分が日本で舞台に立っていた時、
お客さんの大半が女性で占められていることに違和感を覚えていました。
ロシアやヨーロッパの劇場に来るお客さんは老若男女問いません。
勿論、これはバレエやオペラは西洋のもので、文化として根付いているからなのですが
日本でも頑張っている劇場やダンサーが沢山います。
しかし観る側の層がふくらまないと、踊る側も本当の意味で根付かないんですね。

このような現状の中劇場芸術とは何か知るきっかけ作りをしたいと考えていた矢先、
ボリショイ劇場のバックステージツアー案内の話を頂きました。
微力ではありますが、ロシアを訪れる日本人の方達に少しでも舞台芸術に興味を持って貰える機会を作って行けたら・・・と思っています。

ご興味のある方は是非一度バックステージツアーにご参加下さい。
劇場の歴史は勿論、バレエやダンサーの日常、学校や動きの説明等を織り交ぜた1時間半のご案内です。
*全て日本語です。
HP8