Tag Archive: 吉田むつき

子ども向け作品『チッポリーノ』の舞台


先日ボリショイ・バレエ学校の留学生仲間で戦友(!)でもあるむっちゃんが、ニコライ・アンドローソフ率いるバレエ団、ルースキ・セゾニの作品に客演するということでその舞台を観てきました。

彼女が踊ったのはラディッシュ(写真1列目ピンクの衣装です)1幕50分/全2幕で、常に舞台に出ずっぱりでした。よくあの短時間で覚えたなーと感心…笑

 

このバレエ団は現在ルースカヤ・ペースニャという劇場に所属しているバレエ団で、監督のアンドローソフさんはイーゴリ・モイセーエフ出身という筋金入りの元民族舞踊ダンサー。なので振り付けもキャラクターダンス要素が強いというか、演者の個性が際立つようなというか、いわゆるクラシック・バレエとは異なる舞台です。
しかも彼は左利きで、振り付けも「え、そうくるか!?」というような、クラシックバレエダンサーが思う「普通はこうだろう」みたいな流れを見事に裏切られるらしく、なかなか身体に入りにくいと苦労していました。

もちろん、基本としてクラシック・バレエが踊れないと話にならないのですが、この国ではその基盤の上に各踊りのプロフェッショナリズムを築いているように思います。

 

そしてもちろん体つきも違います。

更にキャラクターダンスの特徴として、泥臭い人間模様や普段の生活、また民話を題材にすることが多いためか演技も重要視されており、ダンサーとしての実力はもちろんですが俳優としての要素もかなり求められる分野です。

 

この作品の原作はジャンニ・ロダーニ

ここは野菜と果物たちの暮らす国。玉ねぎ坊やのチポリーノが、無実の罪で牢屋に入れられてしまったお父さんを救いだそうと大活躍。仲間たちと力をあわせて、わがままなレモン大公やトマト騎士に立ちむかいます。痛快な冒険物語。小学5・6年以上。「BOOK」データベースより引用

主役は玉ねぎ。その相手役のヒロインはラディッシュ。ぶどうのおじいさんやバイオリン弾きの梨、レモン公と悪役のトマトなどなど、個性豊かな登場人物たちが繰り広げる野菜の国の物語。

作曲はハチャトリアンで(日本では「剣の舞」で有名ですね)ところどころバレエ「スパルタクス」を彷彿とさせるようなドラマチックな曲調もありますが、基本的に楽しく耳に残るフレーズが多いのが特徴です。

 

お昼の部を観に行ったということもあり、ちびっこだらけで大盛況。子ども向けの作品にしては長い作品だとは思うのですが、皆飽きることなく食い入るように舞台に見入っていました。演出はもちろんですが舞台装置の色味や個性豊かなキャラクター、そしてお客さんを巻き込む演者達の演技力の高さはさすがだなという感じでした。(特にトマト。笑)こういう作品に小さい時から当たり前のように触れられる、またそういった作品をレパートリーに持ち、常に上演し続ける劇場運営。そういう伝統は廃れずにずっと続いて欲しいなと思います。このような活動の重要性は今すぐに結果が出るものではないとは思います。ただ、子ども達と一緒に時間を共有する家族の間に、人生の中の豊かさとして蓄積されていくものなのだと思います。

1961年のソ連アニメはこちら。ボリス・ジョーシキン監督作

あちこちのダンサーを借り出しての舞台でかつリハーサルの時間も少なかったようですが、‘やってのける’ロシア人のダンサー達の舞台根性には感心させられました。作品としてまとまっていると観せられるものになるというか、やはり基本的に舞台は演出ありきだということも改めて実感しました。

アンドローソフさん率いるルースキー・セゾン@ルースカヤ・ペースニャのサイトはこちら

instagramにカーテンコールの動画もアップしていますmoeha_mavita

 

それでは素敵なクリスマスを♪

極寒クリスマスとくるみ割り人形

極寒クリスマス(1/7)となったモスクワ。

分かりますか?吐く息で髪の毛が凍っています

マイナス30度近くなると、外に出た瞬間目がパリっという感覚を覚えます。眼球が凍ると知人が言っていました。笑
確かにそういう感覚です。
そして鼻の中が一瞬で凍り、ちくちくします。
頬もぴりぴりしてくるので、出掛ける前にはクリームやワセリンなどを塗っておく方が安心。

そんな中、

モスクワ国立クラシックバレエカサートキナ&ワシリョーフの『くるみ割り人形』の舞台を観に行ってきました。

連日公演の最終日ということもあり、皆かなりお疲れだったと思いますが、皆良く踊りきりました!!さすがです。1月2日の夜公演でスタートし、その後3日から8日まで(7日だけお休み)1日2公演ずつというハードスケジュールをこなしていました。

このバレエ団で日本人の友人が踊っているのですが、既に大ベテラン。吉田むつきさんと言います。バレエ学校留学時代からの戦友(笑) キャストも彼女しか踊れないという役も多く、任せておけば大丈夫というバレエ団の甘え?が彼女を疲労させているようにも思うのですが・・・しかしその信用を得られるというのは並大抵のことではありません。

毎度おなじみ2幕の中国の踊り。カーテンコールにて

バレエ団はプリマ・ソリスト・コールドバレエ(群舞)等と分けられていますが、その階級によって踊るものが変わっていきます。ベテランにしか踊れないものもありますが、作品を引き継いでいく若手も舞台経験を踏まないと育ちません。
つまりバレエ団は若いダンサーを「育てる」役割も担っています。若手に多少無理させたり思い切った経験をさせたりすることはどこの世界でも同様ですよね。ロシアの劇場やバレエ団はとにかく舞台数が多いので、挑戦出来る場数は圧倒的に多いです。だからこそ舞台度胸がつくダンサーが増えますし、観客の層が厚いのも踊り手が育つ所以です。

主役のふたり 左:ガジムラード・ダーエフ 右:ナタリヤ・オグネワ

この日の主役は大ベテランのオグネワと新人の男の子。彼が彼女に引っ張られてどんどん良くなっていく感じがしました。やはり、一緒に踊る事でしか学べないことが沢山あります。彼女の堂々とした振る舞いや呼吸など、側にいると引っ張られるんですね。それが芸というものだと思います。

どうなりたいか目標とする人を定めたり、どこに身を置くかというのはとても重要なことだと思います。

また舞台はプリマだけいても仕方がありません。主役だけでなく群舞や周りがいることで、はじめて生き生きとし観客を楽しませてくれるスペクタクルとなるんですね。

つまり有名な絵も、額縁がないと引き立たないのと同じです。

バレエは物語を言葉を使わず、踊りと音楽と衣装そして舞台美術で創り出すエンターテイメントであり総合芸術。それを時代時代のダンサー達が身体を通して引き継いでいく。
そうやって舞台芸術という形の残らない芸術が残っていきます。

真っ直ぐに伸びた不思議な雲が1日中ずっと流れていました

丁度大寒波に見舞われた新年。晴れた日が続くとても気持ちの良いお正月休みとなりました。