TAG

ロシア

自粛生活で思うこと。比較を良い方に捉えてみる一考

朝起きた時に外が明るい。 この感覚日本にいると当たり前ですが、この国だと「季節が変わった」を知る重要ポイント。笑 引きこもり生活続いていますが、呑気にそこに至福感を感じている今日この頃。   さて、今までのロシア政府の措置を振り返って考えてみると… ◉3月18日から5月1日まで全ての外国人の入国制限措置 ◉3月26日に、27日午前0時から全ての国際線の運航を停止すると発表。*執行18時間 […]

ロシアでのコロナ対策 / 3月29日アップデート

ここに来て一気に状況が変わりました、ロシア🇷🇺   3月26日に、プーチン大統領は3月28日から4月5日まで、感染拡大防止のために、有休扱いとして出勤禁止令(非労働期間)とし、自宅待機するように呼びかけました。 そして同日ソビャーニンモスクワ市長からも、同期間中市内の公園、公共施設、飲食店、ショッピングセンターやスポーツジムなどを休業し不要な外出を控えるよ […]

異文化を知る。言葉は文化を作るもの

今日は国際婦人デー🌷 ロシアではバシモイマルタと呼ばれる祝日です。 金曜日から、花束を持った男女で街中溢れています😃   今日は言葉と文化のお話を。   ネットが主流となった現代において、 〈どこに住んでいるか〉というのは案外関係なくなってきている昨今。   選ぶ職種によってはパソコンや携帯があれば、世界のどこにいても仕事は可能になって […]

ロシアで起業すること。持続の秘訣

ロシアで起業して、一人で仕事をしています。 と言うと、大変でしょうと驚かれることが多いのですが、 突っ走ってきた時間を思い出してみると…確かに本当に、大変だったなぁと。笑     その渦中にいると、沢山あり過ぎて意識し切れませんでしたが やはり言いようのないストレスで身体おかしくしたりなど、常にプレッシャーと闘っていたなと。 きっちり体調崩してますし。(自慢できることでは全くあ […]

海外で住むという事

コロナウィルスの騒ぎは中々治りませんが、一人一人が落ち着いて対処出来るように 情報に翻弄されることのないように、平常心で過ごされる事を願って止みません。     ロシアでもイタリアからの帰国男性の感染が認められ、親族や周りの友人も感染したというニュースがあります。 先日ロシア人の方に「コロナだ」と吐き捨てられました。 そういう偏見や心ない差別はやっぱり結構傷つきます。 &nbs […]

謹賀新年 2019

新年明けましておめでとうございます。   元旦の朝、モスクワはとても静かで、厳かな感じで好きです。 大晦日は朝方までお祝い騒ぎをして皆寝ているからなのですが。笑 友人宅で年越しのお祝い後、タクシーのお兄さんに乗り込み際に「明けましておめでとう」とご挨拶したら、「僕は新年はお祝いしないんだよ。けど、あなたにとって素敵な1年でありますように」と返してくれました。   彼はアゼルバイ […]

新企画*劇場芸術の多面性を知って貰うために

ボリショイ劇場のバックステージツアーの案内を始めて、丁度5年が経とうとしています。 このツアーはロシアの劇場芸術の伝統を知って貰うことは勿論、舞台って何だか良く分からないという方に、 「バレエ=女性だけのものという思い込みに気付いて貰う」 「観劇に対するハードルを下げる」 「バレエや舞台に対する偏見を少しでも払拭する」 ということが最大の目的です。 しかしロシアにいらっしゃる日本人の数はそこまで多 […]

ふぁーにゃ特集その①

ねこのきもち5月号に掲載された記念に、今日はふぁーにゃ特集です。 完全に飼い主の自己満足の回なので読み流して下さいませ(笑) 単なる飼い主の趣味となってしまいますが、これまで撮った写真をピックアップして並べてみたいと思います。 ふぁーにゃはブリティッシュ・ブルーの女の子。一緒に暮らし始めて丁度2年になります。 ロシア生まれなだけあり、中身はロシア人だと思われます。しかもしっかりロシア女子。 カメラ […]

>総合芸術としてのバレエ

総合芸術としてのバレエ

舞台というものは演者たちだけでは成り立ちません。裏舞台で支えている多くの人々の尽力あってこそ表舞台がより引き立ちます。
建築・歴史・哲学・文学・音楽・美術・デザイン・踊り・歌、全てを包括しているのが劇場芸術です。
生活の中で芸術はなくても良いものかも知れません。しかしあるとより豊かになるものだと私は考えます。 人でしか紡ぐことの出来ない伝統の世界。色んな角度から眺めてみると、きっと新しい発見があるはずです。

CTR IMG