レオン・バクスト生誕150年展@プーシキン美術館

6月からモスクワのプーシキン美術館 Государственный музей изобразительных искусств имени А.С. Пушкинаで《レオン・バクスト生誕150年》Лев Бакст / Leon Bakst. К 150-летнию со дня рождения展が開催中です

バクスト展

プーシキン美術館

バレエ・リュスの作品の衣装、スケッチ、映像、舞台背景画や資料等々約250の作品が並んでいます。20世紀初頭、当時の女優さん達が来ていたドレスもあり、刺繍の細かさや品のある色合いは見てるだけでうっとり。勿論、バクスト自身の画家としての功績、バレエ・リュスでの活躍を堪能出来ます。

階段から見えるドレス達

階段から見えるドレス達

こちらのPVがとても素敵です。

館長さんのご挨拶。どんな展示会になっているか映像で分かります。(ロシア語のみ)

 

画集、ポストカード、マグネット等グッツも少しあります。ノートを購入♪

11×16㎝のノート

11×16㎝のノート

プーシキン美術館オフィシャルサイト 日本語もあり(!)

バクスト展+本館の常設展も一緒に見られるチケットもあります。ご利用案内・チケット料金など
ぶらぶらして疲れたらほっと一休み。プーシキン美術館の地下にあるカフェもお勧め♪
8月28日まで開催中。月曜日は休館日なのでお気をつけ下さい。

コメントを残す