劇場

時代を超えた不朽の作品『白鳥の湖』1877年初演の失敗

7月末のシーズン・オフまでボリショイ劇場の特別展示室ではチャイコフスキーの『エフゲニー・オネーギン』特集
をしております。

余談ですが『エフゲニー・オネーギン』というとこの3幕のポロネーズの音楽に聴き覚えのある方が多いと思います。

このオペラが初演されたのは1881年のボリショイ劇場。

「失敗するかも?」という疑念があったので、1881年の初演の時は舞台装置や衣装は作られず、いろんな作品から衣装や装置やらあれこれ持ち寄っての上演だったそうです。寄せ集めだったんですね。笑

 

なぜ「失敗するかも」と思われていたかというと、

 

プーシキンの小説の舞台化が可能か否かという疑問もあったのだと思いますが
4年前の1877年に、この作曲家の大作『白鳥の湖』がこの劇場でも初演された際、大失敗に終わっていたからです。

さらに台本を忠実に描き、壮大な交響曲的に仕上げられていた音楽は、当時の聴衆にはちょっと難しかったというのが
その要因だとも言われています。

 

が、そうではなかったようで

当時のバレエの演目は、ダンサーたちが好き勝手に自分の得意な踊りを披露するということが日常的に行われていた為、
この『白鳥の湖』も同様、ダンサーたちは自分の見せ場を盛り込んだ踊りを挟み込んだそう。
つまり音楽の一貫性に欠けていたんです。

そして主役を踊ったポリーナ・カルパコワはすでに全盛期を過ぎていたということもあり、
イマイチ盛り上がりに欠けてしまったのだとも思います。

ボリショイ劇場特別展示室より エフゲニー・オネーギン特集

 

ちなみに

当時はバレエ音楽=二流というように、バレエ音楽を手がける音楽家は少し下にも見られていたこともありました。

何故かというと、演出家やダンサーの意思で曲をカットしたり短縮するように注文されたりし、
それに合わせて作り替えたり調整することを要求されたからです。

 

つまり 曲<踊り と考えられていたんですね。

 

なので簡単に作曲家の意図を無視してしまうので(そもそも意思を持たないようにしていたかも知れませんが)
何かを生み出したいと考えている作曲家としては欲求不満に陥ってしまうのは想像に難しくありません。

言われた通りに作曲することを得意とする人なら別なんでしょうね。
相手の意図を汲み取るいう能力も、それもまたイマジネーションがいるものですし。

 

1877年当時のポスター(クリックするとinstagram mavita_bolshoiに飛びます)

 

しかしチャイコフスキーはもともとバレエ自体を愛していたようで、
『白鳥の湖』の作曲を劇場から依頼を受けた時は名誉に感じたでしょうし、自分なりの壮大な構想を練ったのだと思います。

 

しかし、残念ながらこの作品は評価されませんでした。

 

その後場所は移り、サンクトペテルブルグへ

 

当時の帝室マリンスキー劇場のウセヴィロジュスキー監督は1890年にマリウス・プティパ振り付け、チャイコフスキー作曲での『眠りの森の美女』を成功させ、

更に1892年には現在ではクリスマスの風物詩『くるみ割り人形』も作曲依頼をし好評を得た後、

1895年、『白鳥の湖』の再演(蘇演)を成功させます(!)

 

(三大バレエの誕生をこんなカンタンに段飛ばしのように書いて良いのでしょうか。笑^^;)

 

段階を踏んで・踏んで、再演に至らせた。彼はこのバレエの可能性を諦めなかったんですね。

 

ウセヴィロジェスキー監督が、プティパの振付家としての才能と、またチャイコフスキーの音楽性を信頼し諦めなかったからこそ、現代にまで続くこの三大バレエが続いている ということですね。

 

ただ1893年に、その上演を待たずチャイコフスキーは亡くなってしまいます。

1906年のオデット(白鳥)の写真

その後様々な振付家や演出家によって手が加えられながら、現在もこの1895年に大成功を収めたプティパ版をベースにした『白鳥の湖』が世界中で上演されています。

1976年 セメニャカのオデット

誰もが聞いたことのある物悲しいようなオーボエの旋律のこの作品は

もし、プティパがフランスからロシアに渡っていなかったら

もし、ウセヴィロジュスキーが監督官になっていなかったら

もし、劇場のトップが保守的で不評を恐れてお蔵入りにしていたら・・・

といろんなことが歴史の時間の中で織り合わさったからこそ、作品が世に残ることになったんですね。

ヴィルサラーゼの背景画。白鳥の湖3幕

 

そう思うとどの時代も才能を引っ張り上げる「誰か」がいるものです。

そしていつの世も創り上げる人たちの尽力あってこそ物事って成し遂げられていますね。

 

1877年のポスターを眺めながら、そんなことに思いを馳せてしまいました。

 

*こちらは道化師で岩田守弘さんが出演されています。2002年のボリショイ劇場が改修前に入る時の映像です*

 

『白鳥の湖』に関してはまだまだ沢山ネタがあるので、これから色々アップしていきます♪

instagramのmavita_bolshoiの方も併せて覗いてみてください。

 

Kバレエカンパニー時代の仲間との再会

先週ボリショイ劇場新館でイングリッシュ・ナショナル・バレエ団の『ジゼル』が来ていたのですが

FacebookでKバレエカンパニー時代のダンサー仲間がモスクワ行きまーす

というようなアップを見て、あ、そうだ、彼はこのバレエ団だった!と記憶が繋がりました。

 

今回上演されたアクラム・カーンのジゼルはこちら⬇︎

2019 Dance Europe 長野由紀さんの解説を発見。←是非!

 

早速メッセージをして、公演と公演の隙間時間に会えることに。

なんと15年ぶり(!)の再会。

彼は2002年の「眠りの森の美女」の時からKバレエにjoinしたKボーイズ。所謂同期です。
マドリード出身でイングリッシュナショナルスクールを卒業。Kバレエカンパニーを経てイングリッシュナショナルに入団しました。

ダニエルのご紹介byEnglish National Ballet official site

彼はモスクワは今回初めて。とても素敵なところだと気に入ったと言っていました。よかった。笑

 

それにしても、と

「ロシア人のダンサーって、本当皆一様に体型も背丈もスタイルの良さも同じで驚いた」

「250人−300人のダンサーを抱えている劇場ってとってもアメージングだよ」

「くるみ割り人形の時、僕たちは毎日クレイジーな公演数を60人という少ない人数でこなしているけど

ボリショイはそれだけダンサーがいるからいいね」

そして

 

「お客さんの反応が特別にすごい。やはり芸術が根付いている国なのだなと実感せざる得ない」

 

と言っていた言葉が印象的でした。

 

ヨーロッパのダンサーでさえ(というとちょっと語弊がありますが)ロシアの劇場芸術の深さを体感したようです。
もちろん彼らのパフォーマンスが評価されたということではありますが、コンテンポラリーがヨーロッパ程根付いていないモスクワでも、お客さんの反応がかなり良くて最高だったと言っていました。

モスクワで再会できるとは。嬉しいサプライズ

 

「僕たちのカンパニーはもう皆んなバラバラで、人種も違うしのっぽもいればチビもいるしふくよかな子もいれば痩せてる子もいる。同じなんていうのは考えられないのだけど、ロシアは皆同じなんだね。本当にびっくりした。」

と。

この言葉から感じるのは、ロシアはやはりバレエ=エリート教育が根付いているのだなと。

ロシア人のダンサーたちは皆体型がバレエ向きと言われています。

所謂細く長い骨、小さい顔に長い手足(体のバランス)高い背丈、高い甲、強い筋肉、股関節の可動域、

どれをとっても「普通以上」を求められる世界です。というかそういう人たちを選んで教育します。

もちろん、背の低い子もいますし、甲がそこまで高くない子もいます。
しかし、殆どのダンサーが所謂「バレエ向き=姿の美しさ」を兼ね備えているのは確かです。
つまり容姿でも選んでいます。(身も蓋もない・・・)

 

極端にいうと、骨格の美しさなんてDNAの問題ですが。笑 本人にはどうしようもないこと。

 

そして先生の圧力が激しいバレエ学校で8年間磨き抜かれた子たちが劇場でダンサーとなります。

そして舞台を楽しみに通うお客さんのなんて多いこと。
それは寒い冬が長い気候も大いに関係していますが、モスクワのあちこちに劇場があることや、地方都市に行っても必ず立派な劇場が聳え立っていることからも容易に想像がつきます。

 

そうです、ダンサーたちを育てる教育期間が整っていていると同時に、舞台を観るお客さんたちも一緒に育っているのです。彼らのパフォーマンスを楽しみに観る観客の目が、またダンサーを育てます。そしてそんな環境で舞台に立つダンサーも磨かれないわけがありません。

全ては相乗効果。

この日丁度バックステージツアーのご案内もあったのですが、参加して頂いたご夫婦が

「こんな劇場という環境を整えて維持するということが出来るからこそ、アーティストが育つのですね」

と同じようなことを言っていたのも印象的でした。

 

 

環境が人を作ると良く言われますが、

【教育・場所・指導者・演者・協力者・支援者】どれが欠けてもこの劇場芸術は守られません。

つまり

【国立のバレエ学校・劇場・先生/芸術監督・ダンサー/オペラ歌手・デザイナー/指揮者/オーケストラ・国/スポンサー/企業】

これらを揃える環境を、長い年月をかけて積み重ねてきた伝統です。

 

舞台はダンサーだけでは成り立たない。お客さんありきだと言っていたダニエルの言葉も印象に残りました。

「白鳥の湖」舞台袖にて。右から3番目がダニエル「なんだこれ、僕ドラッククイーンみたいじゃないか!」と。ふたりで大笑いしました

15年前一緒に舞台に立っていた時は哲也さんが作り出してくれている環境やスポンサー、お客さんに感謝はしていながらも、きっとお互い自分に必死過ぎて、そんなことまでに思いを巡らせられなかったように思います。

役がつくか、失敗しないか、うまく踊れるか、理想と現実の間で追いついていない自分が悔しい などなど

そういうことに気持ちが引っ張られているのは若さゆえ当然のことなのですが(むしろそれがないと上達しません)
やっぱり歳を重ねてくるから見えてくる世界もあるように思います。

 

良い意味での諦めです。これって本当に大事なこと。

 

これはもちろん、バレエの世界だけでなく普段の生活、人生にもどんな世界にも言えることですね。

ボリショイ劇場のスタッフエントランス前にて

 

あの頃の仲間は皆もうそれぞれでバラバラですが、舞台を共にした時間ってずっと消えないんだなと改めて実感。
渦中にいる時は神経質にピリピリしてて本当にドロドロな自分との葛藤で忙しかったですが・・・笑

 

これからのキャリアについても話してくれました。同い年の彼はもう身体あちこちにガタがあちこちきてるよーしんどいよ〜とお茶目に語っていましたが、もう本当に辛いのだと容易に想像がつきます。老いには勝てません。しかしそことどうやって付き合うかですし、この年齢まで続けてきたからこその深みも表現も出来るわけで。

ダンサーという現役を最後まで全うして(その予定で)その後のことも彼なりに考えているようです。いつでも応援してます。

 

環境を整えていく重要性。これってどんな世界にも通用することだと思います。

時間がかかることですが、微力ながらもその一端を担うことが日本で出来ないかなと改めて思いました。
ボリショイ劇場の協力を得られる今だからこそ、私にだけでなく日本のバレエ界にも、もちろんバレエ界以外でも芸術が好きな人たちにとっても、劇場芸術を通して新しい世界を知ることの面白さを知ってもらう機会を作っていきたいなと。

 

また皆に会いたいです。

「眠りの森の美女」のパンプレットより。懐かしいとしか言えない。笑