バレエ

やっぱりこれ『くるみ割り人形』の季節です

新年ということでやはり観ておきたい!と思い立ち、バレエ『くるみ割り人形』を観てきました。

ノーバヤ・オペラ

ノーバヤ・オペラというエルミタージュ公園の中にある劇場で、
今年はРусский класический балет имени М.Петипа (Russian Classical Ballet)が上演しています。
このバレエ団は2007年に発足したツアーカンパニーのようです。

演出はワイノーネン版をベースにしているものでした。

 

時期的に親子連れが多く子供も沢山いて大盛況。
彼らは幕が上がると指を差して「見てーママ!」など思わず声を出してしまったり。笑
隣に座っていたおばあちゃんが、ダンサーが出てくる度、何かリフトなどの大技があった時、またパッと照明がついた時などなどにいちいち「あらー」とか「すごい!」とか「素晴らしい!」とか呟いていて、あぁそうだよな、劇場ってそういう場所だよなーと改めて感じました。

2階席からの眺め。なんとこの席は400ルーブル(現在のレートだと700円しないくらいでしょうか)

1階のパルテールの一番後ろからはこんな感じ。アットホームな劇場です

 

やはりチャイコフスキーのはじめの序曲の旋律が始まった時は「きたーーー」とじわじわテンションが上がります。

 

*余談ですが・・・
以前から好きだったこの動画の演奏。今回改めて指揮者について調べたら分かったのがこちら。彼はロッテルダム・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者、ヤニック・ネゼ=セガン/Yannick Nézet-Séguinでした。この演奏本当にとても良いです。バレエなしでも聴いていてとても気分の良くなるテンポと滑らかさです。いつかこの指揮者のコンサート聴きに行きたい!

・・・さて話は戻り、じわじわくるのはこのはじまりの序曲。

しかし今回の演出は幕が開いたら後はすぐに家の中のシーンになりちょっと拍子抜けでした。(この動画でいうと序曲が終わったら一気に6:20に飛んでしまいます)というのも、通常はお客さんたちが主役のマーシャ(クララ)のお家に向かう外の情景の部分の曲が入ります(3:20から始まる情景のシーン)この、招待されたお家の中でのお話が始まるよーという導入場面がカットされていたんです。
演出や編曲はバレエ団によって異なるので仕方ありませんが、流れがぷつっと切れてしまうようなちょっとした違和感を感じました。
しかし、改めてチャイコフスキーの曲ってすごくドラマチックだし、ファンタジー溢れています。踊りはもちろんですが、盛り上がり方や見せ場をしっかり抑えています。
この曲もバレエも、もう120年以上前に誕生している作品なんですよね。。何度も改訂を繰り返しつつも、現代でもこんなに愛されている作品ってやっぱり有無を言わせない説得力があります。継承されている演出や振り付けはある程度完成されるので一定以上の満足感が絶対にあるというか。

個人的に気に入ったバストーチニー/東洋の踊り(日本ではアラビアの踊りと呼ばれています)

 

ダンサーたちの踊りはもちろんですが、魅せる装飾、お話を想像させる衣装、キャラクターたちの個性など様々な掛け合いが舞台の上にはあふれています。

 

主役のふたり。見せ場のリフトは残念ながら失敗してしまいましたが、まるで「大丈夫だよーそんな時もあるある!」という風にエールを送るお客さんの拍手はとても温かでした。怪我してなさそうでヨカッタ…

 

ベースにある物語、舞台装飾、衣装、照明、そして音楽とダンサーと観客、全てが揃っての “箱芸術” ですね。
皆がワクワクしながら一心に舞台を楽しんでいる姿を見て、尚更そのことを感じる時間でした。

 

劇場という場所はお客さんが集まって初めて成り立つもので、またお客さんが舞台を育てるものでもあります。
隣のおばあちゃんは最後までブラボー!と呼びかけ惜しみない拍手を送っていました。

 

そしてノーバヤ・オペラのオーケストラはいつ聴いてもやっぱりいいです。

モスクワに滞在されている方・また何か舞台を観たい方、この『くるみ割り人形』は1月8日までの連日2公演と、飛んで13日(日)も上演がありますよー

*チケット手配サイトのページはこちら

公園内の様子。ロシアのクリスマスは1月7日なので街中ツリーだらけ。どんどん盛り上がっております

 

 

 

2018年もあと2日。ゆく年の振り返り

この間明けたと思ったら、もうあと2日で終わってしまう2018年 😯

目の前の景色。ふぁーさんも今年を振り返り中?単純にぼーっとしてるだけか・・・

 

皆さんにとってどんな1年でしたか?

 

世界的な大イベント、ロシアワールドカップもかなり盛り上がりましたね。
イベントを動かす裏舞台の方達に触れる機会を持てたことは、とても貴重な経験となりました。
そして表舞台で活躍する選手たちの姿は、世界中の人たちの心を打つものだったと思います。

ベルギー戦@ロストフ・ナ・ダヌー

 

モスクワに戻って7年目。ボリショイ劇場のバックステージツアーを地道に重ねる中、9月にYahoo!ニュースの取材を受けることが出来ました。昔一緒に時間を過ごした仲間や知人から温かい言葉を掛けて貰い、懐かしく気恥ずかしく胸がいっぱいになりました。そしてバレエ学校時代の同級生との再会も果たせ、時間が経ったからこそ出来る話がありました。→サーシャとの再会

ツアーの様子 photo by奥村盛人

 

バレリーナとしてではなく違う立場で、舞台芸術とは何か・どんな世界なのかを知ってもらう機会を作るというコンセプトは、このツアーを始めた2012年から変わりがありません。もっと言うと、1997年にモスクワに初めて来てバレエ学校や劇場で受けた衝撃、怪我や手術、自分の身体と向き合うリハビリと正に停滞の時期、またKバレエ・カンパニーで熊川さんのトコトン追求思考に触れ、大学で実技ではない大きな枠での芸術とは何かを勉強する中で、自分には何が出来るのだろうと言う問いが少しずつ少しずつ縒り合わさって今の自分がいると思います。

バレエ学校時代

Kバレエ・カンパニー時代 当時のメンバーのサイン入りプログラム

長い時間を掛けて、自分の関わってきたバレエや劇場芸術の世界って何なのか。またその魅力や多面性を知ってもらうにはどうすれば良いのかが自分のテーマになっています。

取材の際に写真提供など色々協力してくれた大学時代の大好きな友人たち

この数年、日本で開催しようと考えているボリショイ劇場の芸術展の件で奔走してきましたが、自分の思う内容や見せ方と、日本で求められているものとのギャップに凹んだり、またあまりにも大きなものなのだと言うことを(今更!)自覚して自分の微力さに怖じけずいてしまい、暫く現実逃避をしていたようにも思います。堂々巡りに陥りパワー不足になって弱っている自分も自覚しました。

天井桟敷の一番端っこの席からの眺め。場所によって全然見え方が違うので、どこが好きか探すのも楽しみのひとつ

 

しかし、日本にいるバレエを習っている・楽しんでいる・好きな人たちに
*踊ることや技術に捉われることなく舞台の多面性を知ってもらうことで、もっと踊りに膨らみが出るスパイスに

また舞台芸術や音楽、デザインやロシアの文化などに興味を持っている人たちに
*音楽家、お針子さんたちの仕事や照明技術、そして文学を舞台にする演出というのは職人の仕事で、そんな多面的な要素がどう絡んでいるのか

さらに言うと、これからどんなことをしようか考えて迷ってしまっていたり、不安を感じている人たちにとっても
*舞台芸術の世界に少し触れることで 何だか面白そうと興味を持ってもらい、自分の人生に豊かさのトピックとして
生の舞台やコンサートを楽しむということを取り入れるヒントにと

 

そういうきっかけの場作りをして行くにはどうすれば良いか、何が可能か。
改めて考え始めています。

勇気付けられたむっちゃんの舞台

 

・・・ゆく年を振り返り改めて自分のコンセプトを確認させて貰いつつ。。

新しいものも柔軟に取り入れ周りの人に助けて貰いながら、具体化していきそうだなと
変化の兆しも見えてきています。

窓際に置いているお花がどんどん咲いてます。外は真っ白☃️右のおにぎりのような子はキルギスからやってきた子

 

くる年2019年も始まったら早いのだろうなって思いますが! 🙄

 

笑顔や優しさあふれる毎日が積み重なり、皆さんにとって素敵な1年となりますように。

どうぞ良いお年をお迎えください。