バレエ

知っておこう劇場マナー

寒くなるにつれて劇場の熱が帯びてきました。
気温が下がり始めると劇場通いが盛り上がる季節になる、とも言えます。笑

イーゴリ公のオケリハ@ノーバヤ・オペラ

時が経つのは本当に早いです。

最も美しい季節とも言える黄金の秋

今年はあまり暑くならない夏でしたが、それでも爽やかで日が長く明るい季節は人々を開放的にさせていました。

その季節も終わってすとんと気温が落ち、黄金の秋と言われる美しい季節を愛でている間にこれまたあっという間に初雪が降り、季節が移ろいました。

雪の結晶が見えます

9月に劇場シーズンが始まり、早速あちこち劇場やコンサートホールに足を運びましたが、チャイコフスキーもベートーベンもボロディンもバレエや民族舞踊も、本当にいつも沢山の人に楽しまれ愛されているなぁと改めて思いました。

さて、厚着をするこの季節。ロシアでは基本的にコートはクロークに預けます。まず劇場に入ったらクロークへ向かい、身支度を調えてから観客席へ向かうのが基本的な流れになります。

*劇場に入ったら*
・クロークにコートを預ける(номерок/番号札はなくさないよう注意!)
・その際、бинокль/双眼鏡を借りると、終演後クロークの列に並ばず優先的にコートを受け取ることが出来る(劇場にもよりますが大体100ー200ルーブルくらい)長い演目や帰りに並びたくない人には使わなくても借りておくのもお勧め
・靴を履き替える場合、ブーツをクロークに預けることも可能
・大きい荷物やリュックなどは預けろと言われることもある(預けられる場合はその方が楽)
・携帯はマナーモードまたは電源を切るようにする。バイブも時として邪魔になるので注意
・勿論、上演中の写真及びビデオ撮影は禁止。そうしている人がいたとしても真似してはいけません

携帯のマナーモードが基本的に普及していないロシアでは、コンサートの最中、ここ!という見せ場や静かなシーンで携帯が鳴ることがしょっちゅうあります。オペラのアリアのシーンや、ショパンの静かな旋律の時にピロピローンとなると相当に興ざめです。会場全体が一斉にイライラしてしまうので精神衛生上本当に良くありません。しかしアナウンスをしていても一向に効果がありません。
この際『観劇モード』という、劇場に入った瞬間に自動的に音が鳴らなくなるシステムがあれば良いのにといつも憤慨しています。。

高揚したお客さんのざわめきを、どーんと包み込む空間

ドレスコードについても迷われる人もいらっしゃると思います。
夏場、男性のハーフパンツやサンダルは入場拒否されてしまうことはありますが、スーツやネクタイでないと駄目だと言うことはありません。基本的にジーパンでも大丈夫です。
女性もとびっきりのお洒落をする人もいれば(カンヌか!と突っ込みたくなるマダムもたまにいます。見てるのは楽しいですが。笑)普段着でも勿論構いません。
ただ自分なりに気持ちが上がる服装で行くとわくわくして楽しい時間が過ごせると思います。
コートさえしっかり厚手のものにしておけば、薄着でも大丈夫です。室内が暖かいロシアならではですね。

劇場は元々社交の場でもあり娯楽の場でもあります。会場全体を全身で満喫のみです 😀

他の観客の迷惑にならない振る舞いをすること、しかし遠慮せずお洒落も舞台もしっかり楽しむ♪こと。
これが大人の劇場マナーだと思います。

 

 

 

 

 

覚悟とは

留学を考えているとか、お子さんをバレエ留学させたいとかそういう話を聞くのですが、「留学」が果たして良いのかなーと思ったので、今日はそれについてです。

以前コンプレックスという記事をアップしましたが、それにちょっと似ている内容になるかも知れません。

この薔薇私の?

私がバレエ学校に留学した時は15歳で、中学校の卒業式間近の時でした。
その時はとにかく高校へ行くならその3年間留学する!と決めていたので、その夢が叶ってウキウキしていた状況でした。

しかしモスクワに来てみると全く予想出来ていなかった環境で、かつ職業訓練としてバレエに従事している同年代の生徒達を目の当たりにして、バレエは趣味の延長でしかなかったこと・自分の不甲斐なさなど、とことん凹んでしまい挫折のようなものを味わいました。

「こんなはずではなかった」という思いを抱えた私。

それはつまり、全く覚悟が足りてなかったのです。

 

あれから大分時間が経ってしまいましたが、中学生の後(15歳)に留学するのと、高校を終えてから(18歳)留学するのとでは、根本的に気持ちの構え方が違うのだなと友人と話していて気がつきました。

高校生だと卒業後は友人達も大学生になったり専門学校へ入ったり、就職したりそれぞれの人生に進んで行きます。その時に留学を選ぶのと、周りの皆と一緒にある意味中学の延長上にある高校へ上がる時に留学するのではやはり将来に対する考え方が違いますよね。若ければ若いほど、漠然とした不安はもっと漠然としています。しかし二十歳も近くなると、やはり自分の人生の捉え方のようなものがぼんやり、しかし少しリアルに見えるようになります。たった3年の差なんですけど。

10代って多感な時期で、物事の捉え方があやふやで、自信がなくてけれど何でも一生懸命で気持ちと身体のバランスがずれて…と忙しい時期ですよね。なので留学は若ければ良いという訳でもなく、また非常に個人差のあることだと思います。

親の理解や周りの人たちのサポートがあってこその留学だとは思いますが、そこへ行って現実と向き合うのは本人です。そこで何が出来るのか、何をするのか、どんな状況でも本人も親御さんも受け止める覚悟がないと現実に飲まれてしまうだけです。

・・・と別に脅かす訳ではありませんが(笑)

バレエ留学に限らず、語学留学や浪人、進学、就職、転職、結婚、子育てなど生活の中で何かを選択するときって、きっと何かしらの覚悟が伴います。
ただそれはそんな大それたことでもなく、単純に「自分で選ぶ」ということなんだと思います。

 

なので情報に流されることなく、チャンスがあれば掴めば良いし、やってみて失敗しても、それは失敗ではなく人生の糧になるわけだし、そこから学ぶことも沢山あります。やってみてその方向へ進まなかったということは、きっとそれ以外に自分がやらなきゃいけないことや行くべき場所があるという事ですし。それに気がつけるチャンスなのだと。

 

何でも試してみないと分かりません。
なので躊躇することなく、自分が良しと思う事があれば思い切って飛び込んでみてはどうかと思います。

自分が選んだのであれば、きっとどんな結果になっても後悔しないですし。
というか後々振り返ったときに、後悔するよりもきっと学びの方が断然多い人生になりますから。

どんな毎日でも夜は明けます

どんなことも、挑戦あるのみですね。