バレエ

覚悟とは

留学を考えているとか、お子さんをバレエ留学させたいとかそういう話を聞くのですが、「留学」が果たして良いのかなーと思ったので、今日はそれについてです。

以前コンプレックスという記事をアップしましたが、それにちょっと似ている内容になるかも知れません。

この薔薇私の?

私がバレエ学校に留学した時は15歳で、中学校の卒業式間近の時でした。
その時はとにかく高校へ行くならその3年間留学する!と決めていたので、その夢が叶ってウキウキしていた状況でした。

しかしモスクワに来てみると全く予想出来ていなかった環境で、かつ職業訓練としてバレエに従事している同年代の生徒達を目の当たりにして、バレエは趣味の延長でしかなかったこと・自分の不甲斐なさなど、とことん凹んでしまい挫折のようなものを味わいました。

「こんなはずではなかった」という思いを抱えた私。

それはつまり、全く覚悟が足りてなかったのです。

 

あれから大分時間が経ってしまいましたが、中学生の後(15歳)に留学するのと、高校を終えてから(18歳)留学するのとでは、根本的に気持ちの構え方が違うのだなと友人と話していて気がつきました。

高校生だと卒業後は友人達も大学生になったり専門学校へ入ったり、就職したりそれぞれの人生に進んで行きます。その時に留学を選ぶのと、周りの皆と一緒にある意味中学の延長上にある高校へ上がる時に留学するのではやはり将来に対する考え方が違いますよね。若ければ若いほど、漠然とした不安はもっと漠然としています。しかし二十歳も近くなると、やはり自分の人生の捉え方のようなものがぼんやり、しかし少しリアルに見えるようになります。たった3年の差なんですけど。

10代って多感な時期で、物事の捉え方があやふやで、自信がなくてけれど何でも一生懸命で気持ちと身体のバランスがずれて…と忙しい時期ですよね。なので留学は若ければ良いという訳でもなく、また非常に個人差のあることだと思います。

親の理解や周りの人たちのサポートがあってこその留学だとは思いますが、そこへ行って現実と向き合うのは本人です。そこで何が出来るのか、何をするのか、どんな状況でも本人も親御さんも受け止める覚悟がないと現実に飲まれてしまうだけです。

・・・と別に脅かす訳ではありませんが(笑)

バレエ留学に限らず、語学留学や浪人、進学、就職、転職、結婚、子育てなど生活の中で何かを選択するときって、きっと何かしらの覚悟が伴います。
ただそれはそんな大それたことでもなく、単純に「自分で選ぶ」ということなんだと思います。

 

なので情報に流されることなく、チャンスがあれば掴めば良いし、やってみて失敗しても、それは失敗ではなく人生の糧になるわけだし、そこから学ぶことも沢山あります。やってみてその方向へ進まなかったということは、きっとそれ以外に自分がやらなきゃいけないことや行くべき場所があるという事ですし。それに気がつけるチャンスなのだと。

 

何でも試してみないと分かりません。
なので躊躇することなく、自分が良しと思う事があれば思い切って飛び込んでみてはどうかと思います。

自分が選んだのであれば、きっとどんな結果になっても後悔しないですし。
というか後々振り返ったときに、後悔するよりもきっと学びの方が断然多い人生になりますから。

どんな毎日でも夜は明けます

どんなことも、挑戦あるのみですね。

 

 

 

 

 

初演キャンセル『ヌレエフ』@ボリショイ劇場

ボリショイ劇場で初演予定だった「ヌレエフ」の上演がキャンセルとなりました。

こちらのニュース映像↓どんな感じの舞台か、少し垣間見れます

ウーリン総裁曰く来年の5月に再度上演を行う予定とのこと。インタビューの全てはこちら(ロシア語のみ)

色んな噂が流れてはいますが、気の毒なのはダンサーだなぁと思います。
6月末に日本公演から戻ってすぐ短期間で仕上げて。色々追い込まれて、その上でのキャンセル。

 

先日このプラゴン(ゲネプロ)を見てきたのですが、正直言うと、色々間に合っていなかったのは確かだと思います。
7月2日開催のバックステージツアーで一部リハーサルの様子を見ました。その同じシーンを舞台で観たときに配置や雰囲気も全然違っていたので、構成が定まりきっていなかったのかなと。

この演目は踊りだけでなくオペラ歌手の歌もあり、俳優さんによる言葉や朗読もあり、ダンサー本人が言葉を話したりと通常のバレエとは別物になっているので、そりゃ色々まとまらないだろうなーと正直思います。
せっかくの初演であれば、やはり納得出来るものを世に出すのが劇場の役割です。
しかしキャンセルするという決断はとても重い責任が伴います。国立の劇場として「間に合いませんでした」は許されません。

 

ただ3年ほど前から国の政策で、国立の劇場(バレエ・オペラ・演劇)に対して年間の総上演数(国内のみ)が確か20公演以上も引き上げられ、劇場内でもタイトなスケジュールを組まざるを得ない状況なのだと思います。その被害を一番被るのがダンサーではあるのですが。

企業と同じで、そこに属しているダンサー(会社員)は結局組織を回すコマでしかありません。しかしその一人一人の力がなければ、大きな仕事も成し得ないのは、劇場であれ一般企業であれ自営業であれ全く変わりありません。

大きな組織を運営することはやはりどこかでしわ寄せがくるとは思います。ただ大きな組織だからこそ、世間から期待もされるし、新しいものを成し遂げられる人材を揃えることも出来る。

古典という伝統を守りつつも、時代の流れに沿って新しい物を造って行かなくてはならない義務が劇場にはあります。だからこそ、今回は「現代の英雄(2015)」で成功をおさめたチーム(キリル・セレブレニコフ/監督、ユーリー・ポソホフ/振付)を再結成し、新しいものを造ろうとしたのだと思いますし。その作品の一部↓

色んな人の期待を裏切る結果になってしまってはいますが、あれこれ言っても仕方ありません。

中途半端なものを出すのはやはりプロとしてあってはならない姿。振付家しかりダンサーしかり。

ということで賛否両論ありますし政治的な疑惑や噂も沢山飛び交ってはいますが、どれを信じるも全部、個人の自由。言いたいことを言えば良いと思います。来年5月に観たい人は観れば良いのだと思います。

舞台は結局個人の好みの世界ですから。

 

さて、遅ればせながら今回の題材になっているルドルフ・ヌレエフ(長野由紀さん/舞踊評論家の評)

異端児で性格に難あり・激しくこだわりの強い人というイメージですが、だからこそ素晴らしい偉業を残し後世に大きな影響を与えた伝説のダンサーだと思います。

古い映像ですが。『ジゼル」1979 Lynne Seymourと

個人的な趣味ですがローラン・プティの「若者と死」バリシニコフも良いですが、ヌレエフも見応えあります。

編集可能な映像ではなく、リアルな舞台で彼の激しい人生を表現するのは中々厳しいだろうなと改めて思いました。同性愛、葛藤、スキャンダルなど生々しさ満載な人生ですしね。美しい巨像の世界だけではないそのリアルな彼の姿を舞台で表現しようと挑戦してみたものの…やはり色んな障壁があったという感じでしょうか。

2018年の5月初旬、どのように仕上がってくるのか。再考の時間となりそうですね。