バレエ

バレエを習うことによって得られるもの

先日アップした「子どもにバレエを習わせてみたい、と思ったら」ですが

色々とご感想を頂いたので少し掘り下げてみたいと思いました。

 

あくまでもざっくりした目安だけをピックアップしましたが、本来はもっとやることは細かく、
またいろんなレッスン方法があると思います。

そして子どもによって身体の成長も違いますし、
できること・できないこと、得意なこと・不得意なこともそれぞれです。

 

ただ一つ言えるのは早くからバレエを習わせることが絶対ではない、ということです。

 

その子どものタイミングがありますし、家庭環境や他の習い事の兼ね合いもあるとも思います。

勿論、幼少期から股関節を開くストレッチをしたり、身体の柔軟性を高める体操をさせておくのは
後々有利になることはあると思いますし、それは否定しません。
しかし、柔軟性だけがバレエではありません。
筋力も鍛えていかないと、身体の柔らかさが仇となる場合もあります。

一つの例としてですが、
ヤマハ音楽教室の3歳児ランド(今は名称が違い‘おんがくなかよしコース’となっていました)
というものがあります。私も幼少期に通っていました。

このコースを今調べても、幼いお子さんに合わせたプログラム、
想像力を伸ばしたり音感を遊びながら鍛えたり、身体を使って音楽を感じるという教育をされています。
いわゆる絶対音感というのを鍛えてくれる内容だと思います。
音楽と身体と一体で考える、音楽を通して得られる子どもの学びの場です。

 

バレエも同じで、身体を通して音感を鍛えていくこと、

身体を自由に動かすこと=踊ることに自然に繋がる

ことが、幼少期に得られるものです。

 

ただバレエには型があります。その型は日々のレッスンで繰り返し繰り返し身体に刷り込んでいくもので
一朝一夕には身につかないものです。
そしてこの型を訓練するのは、変な癖がつかないようにある程度の年齢になっている方が好ましいです。
その訓練をする前段階として、リトミックや「身体が動くこと」を知っておくような時間を持って貰うということが
幼少期のバレエではポイントとなることだと思います。
自分の身体を考える機会がバレエを習うこと。

バレエは自分の身体を知る一つの媒体なのだと私は考えています。

 

また踊りで身体能力を鍛えることだけでなく、役柄を考えたり感情を踊りで表現したりすること、
例えば、幼児はちょうちょ、鳥やミツバチなどの役、小学生以上になると妖精やキューピット、
外国の民族舞踊や童話の中の登場人物など、成長するにつれて演じる役も複雑化していきます。

つまり「どんなものと感じているか・考えているか」
を表現出来る機会になり、情操教育にも繋がるとても豊かなものです。

 

現状、日本ではバレエが習い事として広く親しまれていることは皆さんもよくご存知だと思います。

ロシアでは国を挙げて職業としてバレエ教育が根付いています。
一般教養とバレエ教育が一緒になっている国立の学校で、バレエ一辺倒ではないものです。
卒業後はプロとして踊れる劇場/職場が複数あります。勿論就職出来るか否かは本人の実力次第ですが。
一方、日本でバレエは学校の後に通う習い事という認識ですが、
専門学校もありますしバレエ科がある大学もあります。留学してプロになる方も沢山いますし
バレエ団も存在し優秀なダンサーは沢山育っています。
ただ、観劇という習慣が欧州やロシアほど根付いていないこと、またプロとして生きていくことを
国が守ってくれるものではないので職業としては正直難しいのが現状です。
(今後は色々と変わっていくとは思います)

もし万が一、お子さんが大きくなってバレエで生きていきたいと言い出した時は、
ちゃんと立ち止まってしっかりお子さんと向き合ってあげてください。
留学したいのか、日本で頑張りたいのか、進学はどうするか、
留学中に怪我をしたら、リタイアしたら、バレエ以外にもどんな選択があるのか。
何歳だからとか何年習っていたから大丈夫とか、コンクールで賞を取ったからとかが全てではありません。
やはりこれも、個人個人の問題で、その子自身のタイミングがあります。

 

・・・と、こういう日が来る前にバレエやーめたっ!となるお子さんも沢山いると思います。笑

日本の受験勉強や教育システムを考えると、中学生や高校生まで習うというのも自然な環境です。
ですのでそこまで重く捉えず、

リズム感をつけたい、想像力を伸ばしたい、身体をいっぱい動かしたい

こういうモチベーションでバレエを習うことはとても良いことだと思いますし
その教育は十分に叶うものだと思います。

出来ることが増えることも、お子さんにとっても親御さんにとっても嬉しい発見だと思います。
楽しい時間が積み重なりますように。

 

*こちらの記事もご参考まで*

バレエ留学を考える子どもたち、そして親御さんへ

 

 

 

 

 

 

 

 

子どもにバレエを習わせたい、と思ったら

子供にバレエを習わせたい、又は習わせることに興味を持っている親御さんへ
予備知識として参考になればと思い、自分の意見を述べてみます。

 

プロになるにしてもならないにしても、せっかくバレエを習うのであれば
きちんとした基礎を教えてくれる先生を探してみましょう。
良く言われますが、バレエの動きはあらゆる踊りの基礎になるというのは本当ですし、
他の運動をするときにも役立つ鍛え方が出来るとも思います。
姿勢が鍛えられるのも利点でしょうね😊

美しい動きの全ては基礎にあります

 

「いつトウシューズを履かせたら良いのか」
「〇〇ちゃんはもうあれを踊らせてもらえてる」などがありますが、
早くトウシューズを履くことが良いことでも、習わせてすぐに発表会に出させることが正しいこととは限りません。

 

身体の成長に合わせて無理なく動けるようになっていくような指導をしていくこと
これがバレエ教師に求められるものであり、親御さんたちも注意して頂きたいところです。

早くトウシューズを履かせたい!と思うのは大人・親のエゴです。
逆に早く履きたい!という子供心も理解しつつ、心を鬼にすることも大人に求められるスキルです

 

年齢によって出来ることは違いますし、身体の成長に負担にならないことが大切です。
またバレエの動きに入る前の準備段階というのも必要だとも思います。

 

例えば、

3歳からバレエをと思っても、まずそのくらいの年齢の子供達は、バレエではなく
お遊戯とリズムを感じる遊びのようなレッスンとなります。
各バレエ教室では幼児科クラスではそのような内容になっていると思います。
3歳から5歳にかけては、
バレエではなくリトミックで遊ばせるようなもの
体の柔軟性を勝手に伸ばすような体操
スキップなど音に合わせて動けるようになる、が中心になります。

 

とにかく見本になる先生が美しいということも必要要素かなとも思います。
これは容姿というよりも立ち振る舞いと正しいポジションの美しさです。
子供は「見て」学ぶので、侮れません

『ライモンダ』のカーテンコール

6歳以降、小学1年生くらいになると少しずつ出来ることは増えますが、
それでもやはり柔軟体操やリトミックが主で良いと思います。
音に合わせて行進することや、まっすぐ立つこと、足の裏を使えるようになること
足の1番ポジションから5番など、「立つ」訓練を始めても良い年齢だと思います。

 

7歳から9歳にかけては、そろそろバレエの基本的な動きを始めてもするっと入ってくる年齢になるので、
リズムを取れるように拍子がはっきりした音楽に合わせて体を動かすレッスンを始めても大丈夫です。
足と手のポジションなど、基本的なバレエの動きをしっかり仕込むと良いかと。

 

そして10歳以降になると、バレエの基本的な動きはもちろんですが、
筋肉強化のための訓練も始めても大丈夫です。
しかしその時にやたら力を入れること、「お腹を引っ込める・お尻をぎゅっと閉める」ではなく
「お腹を引き上げる・お尻を寄せる」という動詞が本来適切だと考えています。

無理やりお尻を閉めるやり方は股関節に無駄な力が入り、動きに制限をかけ踊りにくくなるので
そこは注意が必要です。

 

と、言葉での説明は非常に難しいのですが…😅

 

10歳以上の年齢から始める場合、通常の基本レッスンから始めることになるので
前述のような基礎準備がない…と気負わずに本人の努力に任せるべきだと思います。

 

そして何よりも、教わる先生の考え方を尊重し委ねることも大切です。
子供に対して丁寧に向き合って下さる先生と出会えると良いですね。

 

ちなみに・・・
大人バレエですが、大人の方は頭で考えて踊ることになるので、
動きの仕組みを丁寧に言葉で教えて貰える方が、結果身体に入りやすいということもあると思います。
見よう見まねだけでなく、考えながら自分の身体に動きを落とし込んでいくと
段々動けるようになっていく自分にワクワクすると思います。

 

いろんな意見があるかとは思いますが、1つの目安として参考にして頂けたらと思います。

 

沢山回れたり足が上がったりすることがバレエではありません。
バレエを通してきちんと立つこと、身体を知ることをしっかり身につけられますように。

みょーん。柔軟体操もしっかりね。私には必要ないけれど