記念日・祝日

2019年大晦日

大晦日ですね。2019年ももうあと少し。

皆さんにとってこの1年はどのような1年だったでしょうか。

ボリショイ劇場前はキッラキラ

大人の方やお子さんのバレエの教えに関わることで、やはり一人一人の骨格に向き合うということが
バレエを練習する上ではとても大切だということに再度気付かされました。
そして、個人が自分の身体を知る媒体としてのバレエでも良いのだなと言うことにも、改めて。

 

ボリショイ劇場のバックステージツアーは、毎回様相の違う劇場で、未だに緊張していますが
毎回違う顔を見せてれる場所でドキドキします。
15歳の時に初めて訪れて受けた衝撃は、未だに色褪せないなと感じています。

ツアーを始めてそろそろ9年目に入りますが、劇場の方々とも良い関係が築かれているのは
本当に有難いことだと思います。続けさせて貰えたからこそ、です。

 

そして様々な出会いに恵まれて、プロジェクトの実現に近づきつつあります。

 

今の自分に出来ることに集中してやって来ましたが、そのスタンスは変わらず、しかし少し余白を持って
これからも楽しみながら目の前のことに尽力したいなと思います。

工事中の建物にもツリーが…

 

「やっちゃったかな」とか「失敗だ」と感じることも、実は長い目で見たら絶対に失敗ではありません。

自分がそう思っとったら、そうなるように出来とるんじゃい

と祖父が夢で言っていた言葉は真実だなーと思います。

数年前の元旦に見た夢なのですが、ある意味座右の銘です。笑

 

 

皆さんにとっても素敵な2020年となりますように。

良いお年をお迎え下さい✨

ね、眠いぞぅ
良いお年を〜

 

 

 

 

 

 

平成の終わりに思ったこと

日本は平成が終わり令和の新しい時代が始まりましたね。

モスクワはメーデーのお休みと、5月9日の戦勝記念日に向けて全体的にお祝いムードです。

玉ねぎの皮で煮詰めて染めた卵。復活祭のお祝いをしました

 

最近感じたことなのですが、

世界中を旅行して、違う文化に触れて、沢山の人に出会って

価値観や考え方にいろんな影響を与える機会があったとしても

その景色の中ではあくまでも自分は旅人であって

人々の生活を、束の間垣間見せてもらう立場で。

 

結局自分というものは 今どこにいて誰と時を過ごしているか、その中にしか真実がなく

だからこそ、それを俯瞰する為に世界を大きく捉えて見る目も必要ですが

今目の前の物事を丁寧に愛でる心がなければ

本当の意味で自分を大事に出来ていないのだろうなと思います。

 

つまり

たとえ世界を旅して見聞を広めたとしても

目の前の人を大事に出来ないのであれば

それは世界を知ったことにはならないんだなってこと。

 

そんなことを改めて思った平成の終わりでした。

コツコツ目の前のことに向き合いながら、出し惜しみない愛を持って周りの人も自分も大切に生きていきたいと思います。

まるで夜桜のような新緑たち。パスハ(イースター)の前夜に眺めた景色。

新しい時代が平和で、人々が自分と違う人や他者を自分と同じくらい大事にできる時代でありますように。

 

もふもふ平和です

 

素敵な毎日を。