舞台

バーチャル・バックステージツアー@朝日新聞社

先日アップした怒濤の日々の合間に2回一時帰国していたのですが、2回目の先月4月は朝日新聞社で「バーチャルバックステージツアー」なる講演会をさせて頂きました。

聴講希望者募集の記事

今年は1957年のボリショイ劇場初来日公演から丁度60周年記念の年になります。6月に来日公演を控えており、そのプレイベントとして早稲田大学バレエ史研究家の川島京子先生とご一緒させて頂きました。

以前、同志社大学の学生さんのゼミで講演をしたことはありましたが、その時は劇場の話ではなく仕事の話がメインだったので、今回のような登壇して講演するというのは初めての経験。

ツアーの様子や劇場内の写真を多用していつも案内しているバックステージツアー同様、劇場の歴史や仕組み、またダンサーやバレエ学校の話も少し触れたのですが、やはり平面だと伝えづらいというか、自分の工夫も足りなかったのは勿論ですが、あの臨場感はどう伝えたらよいのだろうか・・・と終始考えていました。

それにしても、劇場は歴史を包括した空間でやはり圧倒的な存在。それを今更ながら改めて実感しました。
百聞は一見にしかずではありますが、この空間の魅力を言葉と写真でどこまで伝えることが出来るのか。
劇場を離れて説明するときのもう一つの課題となりました。普段のツアーで私はすっかり劇場に甘えていたのだと思います。
舞台は美術・デザイン・衣装・音楽・踊り・歌、そして劇場そのものが、舞台を創り上げる要素の一つなのだということを、今回自分自身が改めて気付くことになりました。

ツアーの最後に

『劇場は単なる建物ではなく歴史的博物館であり、ひとつの芸術作品です』

といつもお伝えしているのですが、本当にそうなんだなと実感。

ご来場頂いた皆さんには少しでもボリショイ劇場がどんな感じか、楽しんで頂けたなら幸いです。

以前モスクワでとてもお世話になった知人、ツアーに参加頂いた後にたまたま「ねこのきもち」(丁度1年前の号でした)でも御縁が繋がった編集者さん、実際にバックステージツアーに参加頂いたことのあるご婦人なども来て下さって本当に嬉しかったです。

また次回も講演する機会があるのですが、その時はもう少し工夫して劇場の空気感をもっと伝えられたらと思います。

こんな感じでした↓

講演会の様子

モスクワ写真部の方に撮って頂いた劇場の写真をフル活用させて頂きました

会場に足を運んで下さった皆さま、そしてこのような機会を与えて下さった主催・関係者の皆さま、
本当にありがとうございました。

極寒クリスマスとくるみ割り人形

極寒クリスマス(1/7)となったモスクワ。

分かりますか?吐く息で髪の毛が凍っています

マイナス30度近くなると、外に出た瞬間目がパリっという感覚を覚えます。眼球が凍ると知人が言っていました。笑
確かにそういう感覚です。
そして鼻の中が一瞬で凍り、ちくちくします。
頬もぴりぴりしてくるので、出掛ける前にはクリームやワセリンなどを塗っておく方が安心。

そんな中、

モスクワ国立クラシックバレエカサートキナ&ワシリョーフの『くるみ割り人形』の舞台を観に行ってきました。

連日公演の最終日ということもあり、皆かなりお疲れだったと思いますが、皆良く踊りきりました!!さすがです。1月2日の夜公演でスタートし、その後3日から8日まで(7日だけお休み)1日2公演ずつというハードスケジュールをこなしていました。

このバレエ団で日本人の友人が踊っているのですが、既に大ベテラン。吉田むつきさんと言います。バレエ学校留学時代からの戦友(笑) キャストも彼女しか踊れないという役も多く、任せておけば大丈夫というバレエ団の甘え?が彼女を疲労させているようにも思うのですが・・・しかしその信用を得られるというのは並大抵のことではありません。

毎度おなじみ2幕の中国の踊り。カーテンコールにて

バレエ団はプリマ・ソリスト・コールドバレエ(群舞)等と分けられていますが、その階級によって踊るものが変わっていきます。ベテランにしか踊れないものもありますが、作品を引き継いでいく若手も舞台経験を踏まないと育ちません。
つまりバレエ団は若いダンサーを「育てる」役割も担っています。若手に多少無理させたり思い切った経験をさせたりすることはどこの世界でも同様ですよね。ロシアの劇場やバレエ団はとにかく舞台数が多いので、挑戦出来る場数は圧倒的に多いです。だからこそ舞台度胸がつくダンサーが増えますし、観客の層が厚いのも踊り手が育つ所以です。

主役のふたり 左:ガジムラード・ダーエフ 右:ナタリヤ・オグネワ

この日の主役は大ベテランのオグネワと新人の男の子。彼が彼女に引っ張られてどんどん良くなっていく感じがしました。やはり、一緒に踊る事でしか学べないことが沢山あります。彼女の堂々とした振る舞いや呼吸など、側にいると引っ張られるんですね。それが芸というものだと思います。

どうなりたいか目標とする人を定めたり、どこに身を置くかというのはとても重要なことだと思います。

また舞台はプリマだけいても仕方がありません。主役だけでなく群舞や周りがいることで、はじめて生き生きとし観客を楽しませてくれるスペクタクルとなるんですね。

つまり有名な絵も、額縁がないと引き立たないのと同じです。

バレエは物語を言葉を使わず、踊りと音楽と衣装そして舞台美術で創り出すエンターテイメントであり総合芸術。それを時代時代のダンサー達が身体を通して引き継いでいく。
そうやって舞台芸術という形の残らない芸術が残っていきます。

真っ直ぐに伸びた不思議な雲が1日中ずっと流れていました

丁度大寒波に見舞われた新年。晴れた日が続くとても気持ちの良いお正月休みとなりました。