CATEGORY

演劇

子ども向け作品『チッポリーノ』の舞台

先日ボリショイ・バレエ学校の留学生仲間で戦友(!)でもあるむっちゃんが、ニコライ・アンドローソフ率いるバレエ団、ルースキ・セゾニの作品に客演するということでその舞台を観てきました。 彼女が踊ったのはラディッシュ(写真1列目ピンクの衣装です)1幕50分/全2幕で、常に舞台に出ずっぱりでした。よくあの短時間で覚えたなーと感心…笑   このバレエ団は現在ルースカヤ・ペースニャという劇場に所属し […]

パスチラのふるさと、コロムナ

皆さん、パスチラというお菓子をご存知でしょうか? ロシアに昔からあるリンゴとはちみつで作られたお菓子です。 リンゴのピューレにお砂糖やはちみつ、またベリーなどを入れて作るとても素朴なお菓子。卵白を入れるタイプのものもあり、それだとマシュマロにもちょっと似ています。 先月電車でお出かけしてきました。コンソモリスカヤのカザン駅から電車で2時間弱のちょっとした遠出です。 前から友人に話は聞いており、絶対 […]

谷崎潤一郎『秘密』の朗読劇

久しぶりのブログ更新です。モスクワを暫し離れ、遅ればせながらのお正月休みを日本で過ごしています。 昨日福井市美術館にて朗読劇を観てきました。 名古屋を拠点にし、全国で公演を行っている「劇団クセックACT」の看板俳優榊原忠美さんと、福井FM放送のアナウンサー飴田彩子さんによる“ブランノワール”の朗読です。 朗読と音楽や踊りなどとコラボする朗読劇を主催する今年9年目のグループだそうです。 ブランノワー […]

ロマン・ヴィクチュクの世界 オスカー・ワイルド『サロメ』

先日『サロメ』を観てきました。 シュトラウスのオペラ『サロメ』ではなく、演劇の方です。 ロマン・ヴィクチュク劇場の『“サロメ” オスカー・ワイルドの奇妙な戯れ』です。 劇場はA・Jigarhanyana (А.ЖДИГАРХАНЯНА) 最寄りはウニベルシテート駅。 今年初の舞台鑑賞は演劇でスタートでした。 オペラ『サロメ』は オスカー・ワイルドの耽美的、退廃的な戯曲を、R.シュトラウスが極彩色の […]

>総合芸術としてのバレエ

総合芸術としてのバレエ

舞台というものは演者たちだけでは成り立ちません。裏舞台で支えている多くの人々の尽力あってこそ表舞台がより引き立ちます。
建築・歴史・哲学・文学・音楽・美術・デザイン・踊り・歌、全てを包括しているのが劇場芸術です。
生活の中で芸術はなくても良いものかも知れません。しかしあるとより豊かになるものだと私は考えます。 人でしか紡ぐことの出来ない伝統の世界。色んな角度から眺めてみると、きっと新しい発見があるはずです。

CTR IMG