CATEGORY

東京

モスクワ・クラシックバレエ団 in Japan

久しぶりのブログ更新です😅 12月初旬、モスクワ・クラシックバレエ団の日本公演に行ってきました。 丁度日本で別の用事があったので、せっかくだからとバレエ団の日程にも合わせて帰国。 久しぶりに入った上野の東京文化会館の楽屋では、とても懐かしい気持ちでいっぱいになりました。 舞台袖の柱は各国の来日した劇場のアーティストたちのサインが残されています。文化会館はその柱を残して全体をリフォー […]

カラーセッション、色ってすごい!体験談

雪やみぞれが続いた5月前半とは打って変わり、モスクワも一斉に緑が芽吹く良い気候になりました。 今日は3月に受けたカラーセッションについてです。 バックステージツアーをはじめ4月に頂いた講演の機会など、人前に出ることが増えたので自分に似合う洋服等客観的なアドバイスがほしいなーと考えていたのですが、その思いが叶いました。 怒涛の日々が続いた2−3月の間、一時帰国の合間を縫ってカラーコンサルティングをさ […]

バーチャル・バックステージツアー@朝日新聞社

先日アップした怒濤の日々の合間に2回一時帰国していたのですが、2回目の先月4月は朝日新聞社で「バーチャルバックステージツアー」なる講演会をさせて頂きました。 今年は1957年のボリショイ劇場初来日公演から丁度60周年記念の年になります。6月に来日公演を控えており、そのプレイベントとして早稲田大学バレエ史研究家の川島京子先生とご一緒させて頂きました。 以前、同志社大学の学生さんのゼミで講演をしたこと […]

束の間の東京滞在

11月末〜12月初旬にかけて一時帰国をしていました。到着した日に限って天気が悪く、東京も雪。ロシアと変わらない・・・むしろ底冷えがすごい!とがっくりでしたが、翌日からお天気は回復。びっくりするくらい暖かい日が続き、ぺたんこ靴に薄いタイツでOKという軽装で東京の街を闊歩していました。モスクワだと既にブーツ以外は考えられないので(大げさですがブーツじゃないと身体冷えて病気になっちゃいます)所変われば・ […]

>総合芸術としてのバレエ

総合芸術としてのバレエ

舞台というものは演者たちだけでは成り立ちません。裏舞台で支えている多くの人々の尽力あってこそ表舞台がより引き立ちます。
建築・歴史・哲学・文学・音楽・美術・デザイン・踊り・歌、全てを包括しているのが劇場芸術です。
生活の中で芸術はなくても良いものかも知れません。しかしあるとより豊かになるものだと私は考えます。 人でしか紡ぐことの出来ない伝統の世界。色んな角度から眺めてみると、きっと新しい発見があるはずです。

CTR IMG