人生あれこれ

NHKの番組 BS1【国際報道2019】で放送されました

2月5日の火曜日に、NHKの番組【国際報道2019】の中でボリショイ劇場バックステージツアーの様子を取材して頂いた映像が放送されました。

見て下さった方からメッセージを頂き、本当に嬉しく思いました。ありがとうございます。

番組のHPからネットでもご覧になれます。

http://www6.nhk.or.jp/kokusaihoudou/bs22/lounge/index.html?i=190205&fbclid=IwAR1NGKq24mrkZ9i_vFcovTBZiAkqIlel-AaWHr6RZfQ5K-OfEC2kKH9SEGw

 

このツアーを始めたのが2012年。

当時は手探りでしたし、ボリショイ劇場の美術館員の話をその場で訳すという形式で私が直接お話するというスタイルではありませんでした。ただ回数を重ねる毎に、今度は美術館員さんの方から「自分で直接案内したら。もう十分にこの劇場のこと分かっているでしょう」と言われたのがきっかけで、それからは日本語のみの内容となりました。

部屋によっては鍵がかかっていたり電気がついていなかったりする場合があるのと、私はボリショイ劇場の従業員ではないので、ツアーの時は美術館の方が何かあった時の為に一緒について回ってくれます。

彼らは最近の劇場情報や舞台の話などを移動の時に話してくれるので、情報交換の場にもなっています。

15歳の時に始めて入った劇場で天井を見上げた時に、空気が渦巻いているというか、今思うとざわざわした観客達の声が反響して空気が振動しているように感じたのだと思いますが、歴史の渦のようなものを見た気がしたのを覚えています。

長い時間をかけて伝統を築いてきている劇場の姿を、体感した経験でした。

じっと動かない、しかし確実にその向こうでは違う世界が広がっている厳かな大きな幕、高揚している観客のざわつき、音を調整しているオーケストラの楽器音、写真を撮ったり劇場内を探索している子供達、そういった全てを丸っと包み込んでいる場所が劇場でした。
当時は修繕工事前でかなり古びていましたが、それが尚更趣を増していたように思います。

 

2011年4月にモスクワに再度戻ってきた時はまだ修繕工事中でしたが、その年の10月にリニューアルオープン。
その時に同級生からツアーの話をされ、劇場と再会しました。

オーケストラ・ピットと転換作業中の舞台

ダンサーや歌手、アーティストだけでは成り立たない舞台芸術の世界を、パフォーマンス以外の角度から知ってもらうきっかけになれば
と思い、このツアーを始めました。

今でもその思いは変わりませんし、毎回、ツアーの度に違う顔を見せてくれる劇場に私自身もワクワクしています。

 

勿論舞台を楽しむことこそ劇場の醍醐味です。しかし、どうして良いか・何を見て良いか分からないと苦手意識を感じてしまっている人も多いと思うので、そういった人たちのハードルをヒョイっと超えるお手伝いが出来たらと。
バレエを習っている子供達には、自分が練習しているバレエは技術だけではない総合芸術だということを少しでも知る機会になったら良いなと思います。

 

舞台芸術はとても多面的ですし、また関わっている人たちのプロフェッショナリズムに触れると「こういう世界もあるのか」と、知る機会にもなり生活のスパイスにもなります。

知らなくても良いけれど、知っていると人生がより豊かなものになるのではないか、

そんな思いでご案内しています。

取り上げて下さったNHKモスクワ支局の方達に感謝致します。

そして放送を見て下さって暖かい励ましのメッセージをくれた友人達、そして今までこのツアーに参加して下さった全ての皆様に、この場を借りて感謝申し上げます。

これからも地道に種まき頑張ります。

 

私は出ませんでした。残念。インタビュー邪魔したのに・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『服の色で、損する人、飛躍する人』刊行のお知らせ

カラーコンサルティングをされているT`s colorの後藤妙子さんがこの度本を出されます!

アマゾン詳細

著者について

後藤妙子
色と服で心を着替えさせるマインドリノベーター

大手ファッションブランドの第一線で、全国一位の実績を上げていた販売員だが、今までの常識としていた一般論としての「好きな色」というのが、間違いであるという事実に思い至る。
その後、色彩学、さらには心理学を学び、服の色が心の土台を形成しているという独自の理論を構築した。
この理論をもとに似合う服の色がメンタルの強化に決定的な影響を与えるという事実を伝える。

東京商工会議所1級カラーコーディネーター(ファッション色彩)
全国心理業連合会上級プロフェッショナル心理カウンセラー、メンタルトレーナー
厚生労働省・文部科学省等の受託業務 SNSカウンセリング相談員

 

後藤さんは「色」と「心」の専門家として、2000人以上の方のセッションを行って来たカラーコンサルティングのプロフェッショナルです。

彼女のところで診断を受けた時の体験談はこちらでご紹介しました↓

カラーセッション、色ってすごい!体験談

 

「パーソナルカラー診断」という言葉は、最近ではかなり耳に馴染むようになってきていると思います。

普段私たちはその時の環境や自分の置かれている立場、また気分で洋服を選びます。ただよくありがちなのが「無難」という観点からチョイスしている色があるということ。例えば黒がその良い例。何となく・・・あると便利だし、無難に着回せるし、用途も多いし、汚れも目立たないし(これはロシアに住んでると必須事項なのですが)などなど。

しかし本当に黒って無難なのでしょうか。

注)もちろん、黒がバッチリ決まるタイプの人たち(ウィンタータイプ)もいるので、ただ黒が悪いわけではなく、全体的に広がっている意識としてということです。

世の中はいろーんな色で溢れています

昔、私はとても大切な人を亡くした時に黒ばかり着ていた時期がありました。どうしても他の色が着られなかったというか、無意識で選んでいたと思います。体調もどんどん悪くなったしほとんど寝れないような日々を過ごしていたのですが、その時期に会った友人に「今は黒を着るべき時じゃない。なんか今そうじゃない方が良い気がする」と言われ、自分が毎日全身真っ黒で装備していることに気がつきました。
喪に服す時期もありますが、友人からすると負のオーラが出すぎていて重たいと感じたようです。
その後意識的に黒を避け、なるべく違う色を着るようにしていましたが、どうしても黒に引っ張られる自分がいたのを覚えています。(その後私は救急車で運ばれるほど体調を崩しました)

このようにその時の気分や状態で洋服の色をチョイスすることって普通にあることです。上記の例は思考が無意識に色を選ぶあまり良くない状態ですが、そういう状態が続くと、結果、どうしても気が滅入り落ち込む一方になります。

 

そして近年では、モスクワの長い冬は気温の上下で雪が溶けて道路がドロドロになったり、乾燥からホコリや道路の粉塵で空気が悪いので汚れやすい、また水の質もあまり良くないので洗濯する度に洋服が色あせていく、という色んな事情が重なり、結局汚れが目立たないかなという観点で黒い服を選びがちにもなっていました。

冬、長いですからね・・・レーニンさんも雪化粧

 

そんな時にふとやっぱり後藤さんに会ってみたい!と思い、友人に頼んで紹介してもらったのが2年前。
*この経緯は上にもある“カラーセッション、色ってすごい!体験談”をご参考下さい。

 

住環境や思考回路の影響で、似合わない色を選び続け、何となくの違和感を引きずるループにはまり
結局自分自信を苦しめたり、どこか不自由さを感じさせることがあります。
それが洋服の色にある、ということにはなかなか気がつけないのですが。

 

この「無難」という概念をひっくり返してくれたのが、後藤さん。

 

私の診断結果はオータムでした。秋の山や落ち葉、神社仏閣の厳かな感じ、朽ちていくような深く濁りある色。そういった秋を連想させるような渋みのある色が私には似合うのだと言われ、昔母親が自分に選んでいた洋服はそういう渋い色が多かったし自分も好きだったことも思い出しました。
母親の好みだったのもありますが、単純に私にも似合っていたんでしょうね。とてもシンプルです。

似合う色たち

ただ、カラー診断と聞くと「好きな色が着れなくなるのでは」と制限がかかると考えてしまう人も多いのではないかと思います。例えば、赤を着てはいけない、とか青は禁止!という風に。
しかしそうではなく、赤の中でも黄色ベースの色や、青でも赤みがかっている青だと大丈夫とか、4タイプ(春・夏・秋・冬)によって似合う色みがあるというのが分かります。

ただ、その結果に縛られるのではなく、似合う色が分かると洋服選びの目安が出来る、という感じ。

つまり

=楽チンになる。

私は後藤さんのセッションを受けることで、「肌やその人の気質を読み解き、本当に似合う色を選ぶことで人生が好転し生きやすくなる」というのを体感させて貰いました。

それってつまり

=自由になる

ということなんですよね。

 

世間体、情報の多さ、めまぐるしいスピード感の中、無意識に自分にかけている制限
時間もどんどん流れていくし毎日やることも沢山あると、自分を見失いがちになります。
自分の体と心が剥離しやすい世の中なのかなと思います。どこかふわふわしてしまうというか。
だからヨガとか内観とかカラダへのアプローチとか、そういうことが大事なんだって意識も芽生えますし。

 

私たちは洋服を着ないと生活できません。その一番ベーシックな部分を
自分に「近く」自分「らしいもの」にする
という作業を、実は見落としがちだったりします。

 

自分に似合う色が知りたい方、もっと自分を知りたい方。また何となく自分に違和感を抱えていたり、脱皮願望(!)があったり、動き出したいと思っている方にも。
このカラーセッションは背中を押してくれるきっかけになると思います。

興味のある方は是非、この本を手にとってみてください。私もとても楽しみです♬

*****
1月29日刊行。30日より店頭でも発売開始。
アマゾンで予約出来ます↓
http://www.amazon.co.jp/dp/443425619X

このパール、似合うー?