CATEGORY

人生あれこれ

インドの話と人の死について

今日は人の死とインドの話と、ちょっと突拍子のない話です。   あまり世間のニュースには関心がないのですが、自死を選ぶ人は一定数いるのであり、それはその人の選択だと周りは受け止めていくしかないと言う風に私は考えています。 何か出来たのではないかと、残された人たちは必ず後悔の念に苦しめられますが、実際、出来ないんです。 死に至ってしまうと言うことは(どんな理由であれ)その人の寿命だからです。 […]

自粛生活で思うこと。比較を良い方に捉えてみる一考

朝起きた時に外が明るい。 この感覚日本にいると当たり前ですが、この国だと「季節が変わった」を知る重要ポイント。笑 引きこもり生活続いていますが、呑気にそこに至福感を感じている今日この頃。   さて、今までのロシア政府の措置を振り返って考えてみると… ◉3月18日から5月1日まで全ての外国人の入国制限措置 ◉3月26日に、27日午前0時から全ての国際線の運航を停止すると発表。*執行18時間 […]

なぜ留学に至ったか。思い込みの激しさも一つの才能?

今日は思い込みの威力について。 自分の例なのでバレエに纏わることにはなるのですが…   「本場の海外のバレエ学校でバレエを学びたい」 私は昔ずっとそう考えていました。   なぜ海外に行きたいと思っていたかと言うと、 6歳の頃にボリショイ・バレエ学校の日本公演を観たからです。   幼馴染がバレエを習っており、そのお母さんから一緒に観に行こうと誘われました。 舞台の幕が上 […]

異文化を知る。言葉は文化を作るもの

今日は国際婦人デー🌷 ロシアではバシモイマルタと呼ばれる祝日です。 金曜日から、花束を持った男女で街中溢れています😃   今日は言葉と文化のお話を。   ネットが主流となった現代において、 〈どこに住んでいるか〉というのは案外関係なくなってきている昨今。   選ぶ職種によってはパソコンや携帯があれば、世界のどこにいても仕事は可能になって […]

ロシアで起業すること。持続の秘訣

ロシアで起業して、一人で仕事をしています。 と言うと、大変でしょうと驚かれることが多いのですが、 突っ走ってきた時間を思い出してみると…確かに本当に、大変だったなぁと。笑     その渦中にいると、沢山あり過ぎて意識し切れませんでしたが やはり言いようのないストレスで身体おかしくしたりなど、常にプレッシャーと闘っていたなと。 きっちり体調崩してますし。(自慢できることでは全くあ […]

海外で住むという事

コロナウィルスの騒ぎは中々治りませんが、一人一人が落ち着いて対処出来るように 情報に翻弄されることのないように、平常心で過ごされる事を願って止みません。     ロシアでもイタリアからの帰国男性の感染が認められ、親族や周りの友人も感染したというニュースがあります。 先日ロシア人の方に「コロナだ」と吐き捨てられました。 そういう偏見や心ない差別はやっぱり結構傷つきます。 &nbs […]

コロナウィルスのロシアでの反応

コロナウィルスで世界中が像然となっていますね。 ロシアは春節の辺りから中国人のロシア国内への入国規制を始め、1月終わりには観光地やメトロから 殆どの中国人団体観光客の姿が消えました。   そして2月20日に観光は勿論、商用ビザでも特別な理由でない限り、中国人の入国拒否が遂行され、 また続けて韓国やイラン、イタリアからの観光客、そして渡航も規制をかけられました。 ビザの申請拒否は勿論です。 […]

バレエ留学を考える子どもたち、そして親御さんへ

先月、ボリショイ・バレエ学校の夏期講習会に参加する子供たちがバックステージツアーに参加してくれました。 レッスン初日の感想を聞くと、皆口を揃えて「楽しかった!」と頼もしくエネルギッシュな答えが返ってきました。 ワガノワ・バレエ学校への短期講習会の参加者も、今丁度ロシアを訪れている最中だと思います。 ロシアに限らず世界中のバレエ学校で現在沢山の日本人の子供たちが短期・長期留学で学んでおり、卒業後はそ […]

Kバレエカンパニー時代の仲間との再会

先週ボリショイ劇場新館でイングリッシュ・ナショナル・バレエ団の『ジゼル』が来ていたのですが FacebookでKバレエカンパニー時代のダンサー仲間がモスクワ行きまーす というようなアップを見て、あ、そうだ、彼はこのバレエ団だった!と記憶が繋がりました。   今回上演されたアクラム・カーンのジゼルはこちら⬇︎ 2019 Dance Europe 長野由紀さんの解説を発見。←是 […]

平成の終わりに思ったこと

日本は平成が終わり令和の新しい時代が始まりましたね。 モスクワはメーデーのお休みと、5月9日の戦勝記念日に向けて全体的にお祝いムードです。   最近感じたことなのですが、 世界中を旅行して、違う文化に触れて、沢山の人に出会って 価値観や考え方にいろんな影響を与える機会があったとしても その景色の中ではあくまでも自分は旅人であって 人々の生活を、束の間垣間見せてもらう立場で。   […]

>総合芸術としてのバレエ

総合芸術としてのバレエ

舞台というものは演者たちだけでは成り立ちません。裏舞台で支えている多くの人々の尽力あってこそ表舞台がより引き立ちます。
建築・歴史・哲学・文学・音楽・美術・デザイン・踊り・歌、全てを包括しているのが劇場芸術です。
生活の中で芸術はなくても良いものかも知れません。しかしあるとより豊かになるものだと私は考えます。 人でしか紡ぐことの出来ない伝統の世界。色んな角度から眺めてみると、きっと新しい発見があるはずです。

CTR IMG