人生あれこれ

“無” は豊かさの原点

今日はスペインでは3賢者の聖書の物語を祝う日(Three Kings Day / Dia de los Reyes Magos)なのですね♪

3人の賢者の美しいカードを頂きました♡

2018年が明けてあっという間に1週間が経とうとしています。

寝正月だった人、お仕事に追われた人、家族や友人と密な時間を過ごした人、皆それぞれに満喫されたでしょうか。

ここ数年、モスクワの年末年始の装飾が煌びやかになり、また街並みが整備されるに従ってロシア人の生活様式がどんどん変化しているんだろうなと感じます。このスピード感は世界中同様かもしれませんね。
90年代の混乱期からすると、本当に全くの別世界です。

12月24日のボリショイ劇場

特に年末年始の装飾に関しては、ヨーロッパの真似をしようとして大分洗練されつつあります。が、何よりも土地が広いため全てが大きくなり“やり過ぎ感”が出ています。そうすると、どうしても野暮ったくなるのが関の山。
派手な色を好み「小さくまとまって小綺麗に」なんていう発想も概念もほぼないに等しい人たちなのでどうしても 
うーん・・・という感じ。
しかしそれを否定しているわけではなく、それがロシア人らしさ、広大な大陸の人たちらしさなのだろうなと思います。

ラッピングされてしまっているツム百貨店

このお正月は19世紀前後に活躍した指揮者及び音楽家をあれこれ調べていましたが、0を1にする作業の方が、1を10にする作業よりも何倍ものもがきや葛藤があるのだと改めて思いました。

無から有を生み出す力って、やはり並大抵のものではありません。しかしそれをやってのけた巨匠たち、そして才能を与えられたが故に苦しみも味わった音楽家たちの努力あってこそ、現在の芸術は人から人へ繋がって繋がって今に至っているのだと思います。何かしらの楽曲を生み出しても、その真価を理解し、また人々に受け入れられて初めて「作品」として世に残ります。たとえ素晴らしいものだったとしても、それを演奏する技術や理解力また意図を読み取る感性や忍耐力がなければ、永遠に世の中に残らない作品だってきっとあるはずです。そしてあったのだと思います。
これは音楽だけでなく文学も美術でもなんでも同様です。

しかし、有名な芸術作品だけでなく、私たちの生活にはそれこそ色んな美があふれています。

たとえば、手仕事による日用品を「用の美」とし、柳宗悦は “生活の中に美が宿る” と民藝運動を提唱しました。
当たり前にある日常の中に散りばめられているあたたかなものに目を向けています。
これはさらに言うと、物質的なものだけでなく自分たちの日々の生活の中にあるちょっとした出来事を愛しんだり、また自身の感性を信じてみることが原点なのではないか、なんて思います。

結局自分の好きなもの、何か心に触れるものが、自分の生活も人生も彩るのだと思います。

キラキラ

またキャンパスいっぱいの豪華さよりも、引き算や余白の美を尊ぶ日本画のように “ないところ” ーその余白にこそ想像や豊かさが含まれているのではないでしょうか。歌川広重などの浮世絵には余白から生まれる情景があります。

何かで埋めてしまうのではなく、その「ない」ことも、怖がらずに大事にしていけば良いのかもしれませんね。

胸のうずく旋律、ひと筆の傾き、言葉を紡ぐ音色
こういった無から有を生み出す人の感性が、人を感動させまた力づけます。

何も「ない」からこそ、無限なのだなと。

・・・なんて思った2018年の始まりでした。

モッフリぐっすり

では、良い週末を!

 

覚悟とは

留学を考えているとか、お子さんをバレエ留学させたいとかそういう話を聞くのですが、「留学」が果たして良いのかなーと思ったので、今日はそれについてです。

以前コンプレックスという記事をアップしましたが、それにちょっと似ている内容になるかも知れません。

この薔薇私の?

私がバレエ学校に留学した時は15歳で、中学校の卒業式間近の時でした。
その時はとにかく高校へ行くならその3年間留学する!と決めていたので、その夢が叶ってウキウキしていた状況でした。

しかしモスクワに来てみると全く予想出来ていなかった環境で、かつ職業訓練としてバレエに従事している同年代の生徒達を目の当たりにして、バレエは趣味の延長でしかなかったこと・自分の不甲斐なさなど、とことん凹んでしまい挫折のようなものを味わいました。

「こんなはずではなかった」という思いを抱えた私。

それはつまり、全く覚悟が足りてなかったのです。

 

あれから大分時間が経ってしまいましたが、中学生の後(15歳)に留学するのと、高校を終えてから(18歳)留学するのとでは、根本的に気持ちの構え方が違うのだなと友人と話していて気がつきました。

高校生だと卒業後は友人達も大学生になったり専門学校へ入ったり、就職したりそれぞれの人生に進んで行きます。その時に留学を選ぶのと、周りの皆と一緒にある意味中学の延長上にある高校へ上がる時に留学するのではやはり将来に対する考え方が違いますよね。若ければ若いほど、漠然とした不安はもっと漠然としています。しかし二十歳も近くなると、やはり自分の人生の捉え方のようなものがぼんやり、しかし少しリアルに見えるようになります。たった3年の差なんですけど。

10代って多感な時期で、物事の捉え方があやふやで、自信がなくてけれど何でも一生懸命で気持ちと身体のバランスがずれて…と忙しい時期ですよね。なので留学は若ければ良いという訳でもなく、また非常に個人差のあることだと思います。

親の理解や周りの人たちのサポートがあってこその留学だとは思いますが、そこへ行って現実と向き合うのは本人です。そこで何が出来るのか、何をするのか、どんな状況でも本人も親御さんも受け止める覚悟がないと現実に飲まれてしまうだけです。

・・・と別に脅かす訳ではありませんが(笑)

バレエ留学に限らず、語学留学や浪人、進学、就職、転職、結婚、子育てなど生活の中で何かを選択するときって、きっと何かしらの覚悟が伴います。
ただそれはそんな大それたことでもなく、単純に「自分で選ぶ」ということなんだと思います。

 

なので情報に流されることなく、チャンスがあれば掴めば良いし、やってみて失敗しても、それは失敗ではなく人生の糧になるわけだし、そこから学ぶことも沢山あります。やってみてその方向へ進まなかったということは、きっとそれ以外に自分がやらなきゃいけないことや行くべき場所があるという事ですし。それに気がつけるチャンスなのだと。

 

何でも試してみないと分かりません。
なので躊躇することなく、自分が良しと思う事があれば思い切って飛び込んでみてはどうかと思います。

自分が選んだのであれば、きっとどんな結果になっても後悔しないですし。
というか後々振り返ったときに、後悔するよりもきっと学びの方が断然多い人生になりますから。

どんな毎日でも夜は明けます

どんなことも、挑戦あるのみですね。