ご挨拶

「モスクワ・ナビ」紙媒体発行終了のお知らせ

2013年6月号からスターツコーポレーション株式会社(STARTS)から発行していましたフリーペーパー「モスクワ・ナビ」は今月の2017年7月号をもちまして紙媒体での発行が終了となりました。

モスクワナビ7月号表紙はモスクワ写真部部長の杉本大介さん

スターツ・ロシアに駐在されていた前任者の方から始まったこのフリーペーパー。その方は以前駐在されていたトルコでイスタンブール・ナビを始め、モスクワに異動されてから日本人向けのフリーペーパーがモスクワにはなかったためこちらでも発行する流れとなりました。

その編集作業のお手伝いを依頼されて、土台作りの情報収集には本当に骨を折りましたが、その後モスクワに駐在されている日本人の方達の間に少しずつ浸透していく様は、お話を聞く度にじわじわ嬉しくなっていました。

コラムのページも充実しており、大使館情報、モスクワ・ジャパンクラブのお知らせ、三菱UFJ銀行による経済ニュース、バトンを繋いでいく駐在員リレー(モスクワでのリアルなビジネス情報や自社紹介等)をはじめ、
グリニッチ+9のユリアさん、
4コマ漫画で楽しく解説かみむら会計事務所の税理士の上村大輔さん、
日露ビジネスをサポートするジェトロ
NHKでドキュメンタリーを作製されていた馬場朝子さん、
ちびっこいのにパワフルなスプートニクの徳山あすかさん、
独自の世界観を展開する元voice of Russia安本浩祥さんにコラムを書いて頂いておりました。
私も4年間「舞台芸術の宝庫・ロシア」という舞台芸術のあれこれについてコラムを書かせて頂いていました。

以前はEMCの江崎先生の健康コラム、ミナト国際コンサルティング小川弘美さんによる《プリベート、マスクヴァ!》ロシアの法律に長けたCIS諸国での日系ビジネスをサポートしている弁護士の松嶋希会さんによる《リーガル・プロフェッショナルを探せ!!》、メインどころだけでなくマニアックなモスクワの博物館を紹介する石島健さんによる《博物館の風来メモ》ヤールバンクの《日ロビジネスの日常》TOTO便り等等その他広告掲載して頂いた企業など、様々な方にお世話になってきていました。

思い返すと沢山の人たちのサポートを頂いていたなと改めて思います。しかも多岐に渡る分野の方達の知識をお借りしていました。

2018年1月にweb媒体で発行の予定ではありますが、今後はどのような展開になっていくかは手探りの状況です。細々でも継続の方向で色々考えています。

またモスクワ在住の方やこれからいらっしゃる方、そして旅行で訪れる方達の情報として役に立てる媒体となれば良いなと思っています。

モスクワ・ナビをご支援して下さった皆さま、大変お世話になりありがとうございました。

ここで一旦終了とはなりますが、引き続きどうぞ宜しくお願い致します。

 

 

 

夫婦のかたち。人と人の間で生きるということ

小林麻央さんについては、今日本のメディアで報道されています。

盛んに言われている悲しみの言葉ですが、
私は麻央さんはとても幸せな人生を歩まれたのではないかと感じています。
勿論、幼いお子さんを2人残して旅立たれること悔しくて悔しくてしょうがないことだと思います。
しかし、自分を生かした職業に就き、そこで心から愛せる男性と巡り合えて、彼を支えて、かけがえのない子宝にも恵まれて。
愛の言葉を残して旅立てるって、本当に、素敵なことです。
34年間の人生を彼女は精一杯歩んだのだと思います。それに短い・長いというのはないのではないでしょうか。

勿論、残された側の心痛を思うと胸が張り裂けそうです。

消化不可能な、押し寄せる自分の感情と向き合っていくしかないのですし。

死を受け入れていくことは、時間がかかります。
けれど時間をかけるしか、人の死を昇華する方法はないのではないかと思います。
闘病生活を傍らで支えてきた人たちには、少しずつ覚悟をする時間はあったとは思います。愛する人が苦しみに耐える姿を見るのは、辛い作業に違いありませんが…
けれども、そこに「いるか・いないか」という事実は全く異なり、不在は予想をはるかに超えたひりひりした感情を伴います。

ただそこに生きているだけで良いと言うことに気付かされます。
人の生ってそのようなものなのだと思います。

海老蔵さんは記者会見の翌日も舞台に立たれたとのこと。
役者という役割が、彼を支える柱になっていくのかも知れません。
舞台に立つことは、弔いの作業となっていくのかなと感じました。

家族、身近な人、周りの友人たち、また過去にひとときでも時間を共有した人たち、皆、元気に笑って幸せに生きていて欲しい。
そんなことを改めて考えさせられた報道でした。

謹んでご冥福をお祈り申し上げます。