大晦日ですね。2019年ももうあと少し。

皆さんにとってこの1年はどのような1年だったでしょうか。

ボリショイ劇場前はキッラキラ

大人の方やお子さんのバレエの教えに関わることで、やはり一人一人の骨格に向き合うということが
バレエを練習する上ではとても大切だということに再度気付かされました。
そして、個人が自分の身体を知る媒体としてのバレエでも良いのだなと言うことにも、改めて。

 

ボリショイ劇場のバックステージツアーは、毎回様相の違う劇場で、未だに緊張していますが
毎回違う顔を見せてれる場所でドキドキします。
15歳の時に初めて訪れて受けた衝撃は、未だに色褪せないなと感じています。

ツアーを始めてそろそろ9年目に入りますが、劇場の方々とも良い関係が築かれているのは
本当に有難いことだと思います。続けさせて貰えたからこそ、です。

 

そして様々な出会いに恵まれて、プロジェクトの実現に近づきつつあります。

 

今の自分に出来ることに集中してやって来ましたが、そのスタンスは変わらず、しかし少し余白を持って
これからも楽しみながら目の前のことに尽力したいなと思います。

工事中の建物にもツリーが…

 

「やっちゃったかな」とか「失敗だ」と感じることも、実は長い目で見たら絶対に失敗ではありません。

自分がそう思っとったら、そうなるように出来とるんじゃい

と祖父が夢で言っていた言葉は真実だなーと思います。

数年前の元旦に見た夢なのですが、ある意味座右の銘です。笑

 

 

皆さんにとっても素敵な2020年となりますように。

良いお年をお迎え下さい✨

ね、眠いぞぅ
良いお年を〜

 

 

 

 

 

 

最新情報をチェックしよう!
>総合芸術としてのバレエ

総合芸術としてのバレエ

舞台というものは演者たちだけでは成り立ちません。裏舞台で支えている多くの人々の尽力あってこそ表舞台がより引き立ちます。
建築・歴史・哲学・文学・音楽・美術・デザイン・踊り・歌、全てを包括しているのが劇場芸術です。
生活の中で芸術はなくても良いものかも知れません。しかしあるとより豊かになるものだと私は考えます。 人でしか紡ぐことの出来ない伝統の世界。色んな角度から眺めてみると、きっと新しい発見があるはずです。

CTR IMG