Monthly Archive: 7月 2017

「モスクワ・ナビ」紙媒体発行終了のお知らせ

2013年6月号からスターツコーポレーション株式会社(STARTS)から発行していましたフリーペーパー「モスクワ・ナビ」は今月の2017年7月号をもちまして紙媒体での発行が終了となりました。

モスクワナビ7月号表紙はモスクワ写真部部長の杉本大介さん

スターツ・ロシアに駐在されていた前任者の方から始まったこのフリーペーパー。その方は以前駐在されていたトルコでイスタンブール・ナビを始め、モスクワに異動されてから日本人向けのフリーペーパーがモスクワにはなかったためこちらでも発行する流れとなりました。

その編集作業のお手伝いを依頼されて、土台作りの情報収集には本当に骨を折りましたが、その後モスクワに駐在されている日本人の方達の間に少しずつ浸透していく様は、お話を聞く度にじわじわ嬉しくなっていました。

コラムのページも充実しており、大使館情報、モスクワ・ジャパンクラブのお知らせ、三菱UFJ銀行による経済ニュース、バトンを繋いでいく駐在員リレー(モスクワでのリアルなビジネス情報や自社紹介等)をはじめ、
グリニッチ+9のユリアさん、
4コマ漫画で楽しく解説かみむら会計事務所の税理士の上村大輔さん、
日露ビジネスをサポートするジェトロ
NHKでドキュメンタリーを作製されていた馬場朝子さん、
ちびっこいのにパワフルなスプートニクの徳山あすかさん、
独自の世界観を展開する元voice of Russia安本浩祥さんにコラムを書いて頂いておりました。
私も4年間「舞台芸術の宝庫・ロシア」という舞台芸術のあれこれについてコラムを書かせて頂いていました。

以前はEMCの江崎先生の健康コラム、ミナト国際コンサルティング小川弘美さんによる《プリベート、マスクヴァ!》ロシアの法律に長けたCIS諸国での日系ビジネスをサポートしている弁護士の松嶋希会さんによる《リーガル・プロフェッショナルを探せ!!》、メインどころだけでなくマニアックなモスクワの博物館を紹介する石島健さんによる《博物館の風来メモ》ヤールバンクの《日ロビジネスの日常》TOTO便り等等その他広告掲載して頂いた企業など、様々な方にお世話になってきていました。

思い返すと沢山の人たちのサポートを頂いていたなと改めて思います。しかも多岐に渡る分野の方達の知識をお借りしていました。

2018年1月にweb媒体で発行の予定ではありますが、今後はどのような展開になっていくかは手探りの状況です。細々でも継続の方向で色々考えています。

またモスクワ在住の方やこれからいらっしゃる方、そして旅行で訪れる方達の情報として役に立てる媒体となれば良いなと思っています。

モスクワ・ナビをご支援して下さった皆さま、大変お世話になりありがとうございました。

ここで一旦終了とはなりますが、引き続きどうぞ宜しくお願い致します。

 

 

 

覚悟とは

留学を考えているとか、お子さんをバレエ留学させたいとかそういう話を聞くのですが、「留学」が果たして良いのかなーと思ったので、今日はそれについてです。

以前コンプレックスという記事をアップしましたが、それにちょっと似ている内容になるかも知れません。

この薔薇私の?

私がバレエ学校に留学した時は15歳で、中学校の卒業式間近の時でした。
その時はとにかく高校へ行くならその3年間留学する!と決めていたので、その夢が叶ってウキウキしていた状況でした。

しかしモスクワに来てみると全く予想出来ていなかった環境で、かつ職業訓練としてバレエに従事している同年代の生徒達を目の当たりにして、バレエは趣味の延長でしかなかったこと・自分の不甲斐なさなど、とことん凹んでしまい挫折のようなものを味わいました。

「こんなはずではなかった」という思いを抱えた私。

それはつまり、全く覚悟が足りてなかったのです。

 

あれから大分時間が経ってしまいましたが、中学生の後(15歳)に留学するのと、高校を終えてから(18歳)留学するのとでは、根本的に気持ちの構え方が違うのだなと友人と話していて気がつきました。

高校生だと卒業後は友人達も大学生になったり専門学校へ入ったり、就職したりそれぞれの人生に進んで行きます。その時に留学を選ぶのと、周りの皆と一緒にある意味中学の延長上にある高校へ上がる時に留学するのではやはり将来に対する考え方が違いますよね。若ければ若いほど、漠然とした不安はもっと漠然としています。しかし二十歳も近くなると、やはり自分の人生の捉え方のようなものがぼんやり、しかし少しリアルに見えるようになります。たった3年の差なんですけど。

10代って多感な時期で、物事の捉え方があやふやで、自信がなくてけれど何でも一生懸命で気持ちと身体のバランスがずれて…と忙しい時期ですよね。なので留学は若ければ良いという訳でもなく、また非常に個人差のあることだと思います。

親の理解や周りの人たちのサポートがあってこその留学だとは思いますが、そこへ行って現実と向き合うのは本人です。そこで何が出来るのか、何をするのか、どんな状況でも本人も親御さんも受け止める覚悟がないと現実に飲まれてしまうだけです。

・・・と別に脅かす訳ではありませんが(笑)

バレエ留学に限らず、語学留学や浪人、進学、就職、転職、結婚、子育てなど生活の中で何かを選択するときって、きっと何かしらの覚悟が伴います。
ただそれはそんな大それたことでもなく、単純に「自分で選ぶ」ということなんだと思います。

 

なので情報に流されることなく、チャンスがあれば掴めば良いし、やってみて失敗しても、それは失敗ではなく人生の糧になるわけだし、そこから学ぶことも沢山あります。やってみてその方向へ進まなかったということは、きっとそれ以外に自分がやらなきゃいけないことや行くべき場所があるという事ですし。それに気がつけるチャンスなのだと。

 

何でも試してみないと分かりません。
なので躊躇することなく、自分が良しと思う事があれば思い切って飛び込んでみてはどうかと思います。

自分が選んだのであれば、きっとどんな結果になっても後悔しないですし。
というか後々振り返ったときに、後悔するよりもきっと学びの方が断然多い人生になりますから。

どんな毎日でも夜は明けます

どんなことも、挑戦あるのみですね。