Mavita blog “人と芸術時々猫”

Latest Posts

コンプレックス

前回取り上げたバレエスタジオに友人の紹介で通うようになって4ヶ月。
フロア・バレエ(床に座ってバレエの動きやエクササイズなどを行うもの)から始め
そろそろ・・・と思い、12月に通常のレッスンも試してみました。
フロア・バレエでさえ毎回レッスン終了後は身体中の筋肉がわなわなして
回復まで数日という情けない状況でしたが、久しぶりのレッスンは言わんこっちゃない
ほぼ次のレッスンまで筋肉痛持ち越しでした(笑)

本文とは全く関係ありませんが、ストレッチ中の友人

本文とは関係ないのですが、ストレッチ中の友人

レッスン中のロシア人女性達を見ていて思ったのが、やはりスラブ人の体型はバレエに
向いているのだな〜ということ。初心者の人も沢山いるのですが、それにしても甲高で
股関節の開き方もスムーズ。体型はバレエの動きにフィットしており、
考えなくても動けるし無理感がない。(注:勿論個人差はあります)

・・・改めてバレエというのが西洋のものだということを実感しました。

そしてふと思い出した自分の頑固なコンプレックス。

かれこれもう15年以上も前になってしまいますが、ボリショイバレエ学校のお稽古場に入った時、
すらっとして手足の長く頭や顔の小さい8等身の女の子達に度肝を抜かれ並んでレッスンしたらもう、
鏡に映る自分の姿を見るのが情けなく絶望。場違い感に打ちのめされ、一瞬で挫折を味わいました。
15歳という多感な時期だったから尚更。
その傷はとても深く親や日本人であることをどれだけ恨んだことか・・・(笑)

しかし今思うととても貴重な貴重な経験をさせて貰えていました。ナルハール(キャラクターダンス)の試験後の1枚

しかし今思うととても貴重な経験をさせて貰えていました。こちらバレエ学校時代。ナルハール(キャラクターダンス)のテスト後の1枚

その挫折は怪我をして克服し、バレエ団に入って退団して、バレエから離れて大学に入って卒業して
またロシアに戻って客観的にバレエや自分を見られるようになってきて、少しずつ形を変えて
自分の中に落とし込まれていった感じがします。

いやー、時間がかかるものです。色々消化に時間が掛かるタチですが、ここまでとは、という感じ。

しかしバレエ団を辞めて月日は流れ、
周りでずっと頑張っている友人との会話の中で
色んな舞台を観ている時に
ロシアのバレエ界の変化
ロシアという国やロシア人の生活スタイルの変化を目の当たりにし
客観的にバレエを眺めることが出来る様になった今、感じるのは
全ては「成るようになるのだ」ということ。

私はたまたまロシアやバレエと出会い、その中で色んな事を学ばせて貰っているのですが、
これは何もバレエに限ったことではないと思います。
一人一人の人生が、出会う人やものや機会に巡り合いながら成るように流れているのだと思います。

そして・・・先生や親や周りの言葉が気になって体型に自信が持てず、
変なコンプレックスに囚われてしまっている子達に声を大にして言いたい。

世界はそこだけではなくもっと広い世界で闘わなくてはならないこと。

バレエ団に入ると、そして社会に出ると、そこにだけに構ってられないほど沢山のことが待っていて
無理なダイエットをして自分の身体をいじめることが出口ではないって分かります。
更に結局無理は自分に跳ね返ります。ダイエットは、言わばある一種の逃げ場なんですね。
理由付けというか。
実力が足りない事やクラスメイトと比べて劣っている事を認めたくないあまり、自分は太っているから
とか体型が悪いから、あの子は痩せているから、細いからとか、変な方に回答を求めるようになる。
精神的に追い込んで、違った方法で自分を守ろうとしなくて良いんです。
体型とか容姿とか、本当はそこが理由ではないのです。

コンプレックスをバネにしよう

コンプレックスをバネにしよう

どう踊りたいか、その為にはどのような技術的な工夫が必要か、そしてその工夫にはどんなレッスンや
トレーニングが合うのか、角度を変えて考えてみる。人と比べるのは体型ではありません。
自分で踊れる身体を目指すこと。細いだけでは薄っぺらい踊りになるだけ。
日本人は特に骨格が華奢なので注意しないと外人ダンサーにはね飛ばされます(笑)

人を見るときは良い所は盗む、悪い所は反面教師で己の注意とする。羨ましがる前に努力した方が
何倍も今後の自分に差が出ます。これは私自身の体験です。反省を込めてここに綴ります。

15歳とは思えない大人っぽかった同級生たち

15歳とは思えない大人っぽかった同級生たち

バレエは自分自身と向き合う媒体だと思って、少し離れて眺めることを意識してみて欲しいです。
趣味でもプロを目指すにも、好きなものを食べて、いっぱい動いて、自分の頭で考えて踊る。
身体と向き合う手段としてのバレエでもいいじゃないですか。

何でも出来ることから始めましょう。そして楽しみましょう♪

おまけ。今日のお邪魔虫

おまけ:お邪魔虫

ブリティッシュ・ブルーふぁーにゃのご紹介

外国で動物を飼うと帰国する時が大変・・・と思い、ずっと猫を飼うことを自分に禁じていた私。
しかしある一時帰国の時に実家の猫をいじっていじってぎゅうぎゅうしている私を見て母が一言

母:「モスクワでも猫飼ったら??」
私:「でも・・・」
母:「何かあれば家に連れて来れば良いじゃない」

この一言でガラガラガラ・・・と私の中の何かが崩れました。2014年の春。
その後モスクワに戻って1ヶ月もしない間に、出会ってしまいました。
ブリティッシュ・ブルーの子猫。
IMG_2347

ロシアにもこんなお店あるんだなぁ何となく入ったペットショップにいたんです。この状態で・・
「今日入って来たんですよ」というお店の店員さんの言葉も放心状態で聞いていました。

ぶるぶる震えて丸まっていました

ぶるぶる震えて丸まっていました

イケアに用事があって行ったはずが、イケアでの買い物全く覚えていません。
その日はぐっと堪えて帰宅。もし明日になっても気になったら迎えに行こうと思って就寝。

翌朝、起きたら速攻迎えに行く準備してました。

まだいるかな、そんな不安も抱えつつ急いで向かったペットショップ。
前日のひっそり丸まっている感はどこへやら。ケージの真ん中で仰向けになって寝ていました。
・・・結構神経図太いのか?と一瞬思いましたが、即購入手続き。
猫砂や餌など言われるままに購入し、マルシュルート(バスの小さいもの)→メトロと乗り継ぎ帰宅。

帰ってきてお家に放すと、なにやらすごいモーター音が。なんの音かな?と思いきょろきょろしていると、犯人はこの子猫でした。ぐるぐる喉を鳴らしてたのですが、音が半端なく大きくて小さい身体のどこから?と驚きでした。
そして即トイレを用意→初おしっこも無事に終え、買ってきたおもちゃで狂った様に遊び、家の中をあちこち探検。

動くモノは何でも気になる

動くモノは何でも気になる

何となく感じてはいたのですが、かなり鈍い性格の様で、噛みついたり引っ掻いたり殆どしません。
小さい頃は遊びで噛んだりすることはありましたが、それもかなり少なかったと思います。
今に至っては、自分に爪があることを知っているのか疑問です。爪研ぎはしますが、引っ掻く凶器になることは多分気がついていないご様子。
爪切りの時は、“肉球を揉みもみすると気持ち良いのだ”ということを小さい頃から刷り込んだお陰様で、うっとりしている内にパチパチ切ってしまうという感じです。最後の方、8・9本目辺りで何となく切られているという事に気がつく、という感じ。(←これから猫を飼う方、お勧めです)

おてんばです

はい、おてんばです

人懐こくお客さんが来てもどなた?とお出迎え。
友人・知人は勿論、ガス点検の図体のどでかいおじさんにまで嬉々として絡んでました。
人のお家に預けてもすぐにその人のお家の子になってしまうほど。
安心と言えば安心ですが、たまに飼い主を不安にさせます。

今ではすっかりたっぷりな猫になり、初めの予感通りとてもにぶちんで、ゆるーい感じの性格です。
もふもふした毛に触れると結構神経使ってたんだなぁと、気付かせてくれます。
猫ってすごいなと、しみじみする毎日。

どうなってるにゃ?

何かご用かしら?

こんなふぁーにゃのモスクワ生活もこれからご紹介します。お楽しみに〜