Mavita blog “人と芸術時々猫”

Latest Posts

ロマン・ヴィクチュクの世界 オスカー・ワイルド『サロメ』

先日『サロメ』を観てきました。
シュトラウスのオペラ『サロメ』ではなく、演劇の方です。
ロマン・ヴィクチュク劇場の『“サロメ” オスカー・ワイルドの奇妙な戯れ』です。
劇場はA・Jigarhanyana (А.ЖДИГАРХАНЯНА) 最寄りはウニベルシテート駅。
今年初の舞台鑑賞は演劇でスタートでした。

プログラムの表紙。このプログラム、15年以上前から変わっていないそうです。

プログラムの表紙。このプログラム、15年以上前から変わっていないそうです。

キャスト表とオスカー・ワイルドの写真

キャスト表とオスカー・ワイルドの写真

オペラ『サロメ』は

オスカー・ワイルドの耽美的、退廃的な戯曲を、R.シュトラウスが極彩色の音楽でオペラ化し、大反響を呼んだスキャンダラスな傑作。1905年にドレスデンで初演されるや衝撃と賞賛を呼び、R.シュトラウスは本作品でオペラ作曲家としての名声を確立しました。(http://www.nntt.jac.go.jp/opera/performance/150109_006151.html 新国立劇場オペラより)

サロメというと、オーブリー・ビアズリーの生首を持った独特な絵を思い浮かべる人が多いかと思います。

この絵は有名ですね

この絵は有名ですね

元々オスカー・ワイルドの戯曲自体がとてもスキャンダラスな内容だとは思うのですが、今回観たロマン・ヴィクチュク演出のものはもっともっとスキャンダラスでした。
というのも、

①まずサロメを男性が演じている
②女性出演者は母親役の1人のみ(しかしすごい舞台が締まりました)
③他の周りの男性陣も皆それぞれに異なったトランプ模様みたいな、どこか男色の香りを漂わせる衣装に身を包み、半裸の状態で踊りまくる
④最後はもっとすごく、サロメが肌色のパンツ1丁でロックに合わせて踊りまくる
というものです。

かなり端的な説明ですが・・・。言葉で説明すると顔をしかめられてしまうと思いますが、役者さん達は本当にとにかく「本気」です。
とことん、オスカー・ワイルド@ロマン・ビクチュクの世界に自分自身を、そして観客を引きずり込んでいきます。この演出をしたロマン・ビクチュクの世界観は彼の中で確立されているのだろうなと感じました。そうでないとこんな奇抜なこと思いつきません。

ピンとこないとは思いますが、とにかくどんな進行をするのかと目が放せない演出。
これは一度劇場へ足を運んで頂かなければと思います。

やけに女性のお客さんが多いな〜と劇場に入ってから思っていたのですが、終わってみて納得。
演出の面白さや役者さん達の演技力は勿論、肉体美を観たいと思ったら、これは冗談抜きで満足のいくものだと思います。カーテンコールの時は花束を手渡しする女性だらけ・・・

カーテンコール

カーテンコール

私自身、ダンサーなど筋肉質な身体を見慣れてはいますが、主役を演じたドミトリー・ボージンの身体はもう、本当に彫刻みたいでした。古代ギリシャ・ローマの人間の肉体美に理想的な美しさを加えた、とにかくヘレニズムという様な身体。ちなみにチラシには+18とあります。つまり18歳以上が対象。

正にこのチラシの写真通り。妖艶な存在感がすごかったです

正にこのチラシの写真通り。妖艶な存在感がすごかったです

舞台衣装や装置は赤と黒そして白を基調にしており、音楽の使い方は人間の欲望やどろりとした感情を煽る効果が非常に高く、また無表情な役者さん達が紡ぐ言葉、そして迸る彼らの存在感は、ロシアの演劇界の奥深さを感じました。舞台人の演技力はもう抜群です。
ビデオはこちら。かなり激しいですよ〜!

また上演情報が分かり次第ここでご紹介します。

バレエ、オペラ、そして演劇。特に古典に強いロシアですが、改めてみっちり古典を基礎として叩き込まれた役者さん達の強さ、そして彼らによって繰り広げられる舞台は異世界への誘いです。ぼぅっと呆けてしまった夜となりました。

ジガルハニャナ劇場лемоновский проспект 17

ジガルハニャナ劇場лемоновский проспект 17

ロシアでお勧め毛皮のコート

ロシアは皮や毛皮製品が沢山あります。
寒くなるこの季節になると、街ゆく人たちの大半が何かしらもこもこした上着を着ています。

代表的なのはшуба(シューバ)と дубленка(ドゥブリョンカ)です。
シューバは毛皮。ミンクが代表的ですが、他に狸やとても貴重な貂もあります。

画像はイメージ。金髪のお姉さんが良く着ているイメージ。

画像はイメージ。金髪のお姉さんが良く着ている気がします。

ドゥブリョンカは辞書で調べると「なめし皮製羊毛外套」とあります。
つまり外側が皮で、中がもこもこの毛になっているものです。

写真はイメージ。中がもこもこ

イメージ。中がもこもこ

毛皮に対してやはり良く思わない人もいるとは思いますが。この国では実用的な日用品です。
ダウンも勿論需要が高いですが、友人曰く縫い目の所から風が入るので、とても寒い日だとちょっと頼りないんですね。スキーウェアのごついのであれば問題ないと思いますが、やはり極寒の時に着られるのは革製品だなと思います。マイナス20度を超えるときに外を歩かなくてはいかないことを思うと、しかもそれが日常だということを考えると、やはり生活の中で大切にされている存在なのだと思います。装飾品として捉えられますが、どちらかというと命を守ってくれる存在という気もします。大げさですが。

勿論、お洒落やお金持ちを装って珍しい毛皮を着て嬉しそうにしている人もいますが、一度買った毛皮のコートは一生物。更におばあちゃんやお母さんから譲って貰ってリメイクして着たりと、随分長いこと活用しているという印象です。そのリメイクの技術も、やはり優れていると思います。
ドゥブリョンカは中が羊毛や山羊の毛になっていてとても暖かく、また革製品は呼吸をするので蒸れにくいとも言います。
色んな意見があると思いますが、そして毛皮製品の実態を知るととても心が痛みますが、その土地に根付く文化として、実用性の高い国もあるということを知って貰えたらと思います。

一番良く見かけるの毛皮はこのタイプ↓。ソ連時代からずーっと着ているおばさまが多いです。膝下まであり、身体がすっぽりと収まります。これを着ている人がメトロの中で特に混んでいてぎゅうぎゅうの時に隣に居ると、もこもこしていて気持ちが良かったりします。たまに寄っかかっています(笑)

shuba_enot
最近は日本でもムートンのコートとかフェイクの毛皮、またラビットファーなど、全体にではなく部分的にもこっとしているコートが沢山ありますよね。しかもデザインも可愛いですし。しかしデザインが可愛いと実用的ではなく、お洒落に偏っていたりすることがあります。
ロシアのものは中々実用的なのですが、サイズの小さいものが少なかったように思います。しかしここ数年でお洒落なものが出回り始めました。
しかしどこで買って良いか分からないという方がいると思うので、以下、見に行ってみて損はないお店を↓

*****

Университет(ウニベルシテート)
駅を出てすぐ横にあるショッピングセンターの3階が全て毛皮屋さんになっています。
各お店の前におばさまがでーんと座って「ほらほらそこのあなた、見て行きなさいよ」と声を掛けてくるのでちょっとどきどきしてしまうと思いますが、何となく良さそうだなと思ったお店があれば入ってみて、気に入ったのを試着させてと言えば大丈夫です。
しかも着てみないと分からないので、遠慮はいりません。値段も交渉出来ます。

そしてこちらは工場直営店でロシア人女子お勧めです。
Каляев(カリャーエフ)
↑こちらサイトでも沢山写真が載っているので是非覗いてみて下さい。
大きな建物の地下がすべて毛皮製品のお店になっています。上の階はワンフロア全てが靴屋になっています。
メトロの駅だとкантемировская(カンチェミーロフスカヤ)が最寄りです。
こちら行き方の地図も載っています。http://www.fursk.ru/kontakty

このお店は週末だと本当にすごい人になり店員さんが掴まらないことがあるので、午前中からお出かけすることをお勧めします。とにかく沢山試着してみて、ぴったりな物が見付かると良いですね。

値段はピンキリですが、毛皮で6万ルーブル前後、ドゥブリョンカで3万ルーブル前後からありました。こちらは口頭での値段交渉は出来ませんが、縫製や毛皮の質も良い割にはお手頃だと思います。

i-4

こちらもイメージです。

ちなみに私がドゥブリョンカに出会ったのはウクライナのオデッサ。
どこでお気に入りと出会うか分からないものです。

そしてロシアで着る場合は絶対にフード付きをお勧めします。
寒い時は毛糸の帽子を被ってその上にこのフードを被ると怖い物なしです。首回りに隙間を作らないと言うのが、寒さを凌ぐコツです。

写真はイメージ

正にこのようなフード。写真はイメージです

そしてロシアでは室内が暖かいので沢山重ね着していると暑くなってしまいますが、毛皮が良いのはそんなに厚着しなくても大丈夫だということです。
昔運転手さんが言っていました。
「正しい格好をすれば寒さなんて怖くない」と。本当にそうです。
気温に正直な服装で、帽子・手袋しっかりしてストレスなくお出かけしましょう。

雪が続き大分積もって除雪が間に合っていないモスクワですが、足下には十分に気を付けて下さいね。