Mavita blog “人と芸術時々猫”

Latest Posts

ロシア人とねこ

こんにちは。
ふぁーにゃと一緒に暮らし始めてから、ロシア人の驚くほどの動物好きを目の当たりにします。

こっとり

こっとり

意外に思われる?かも知れませんが、ロシアはとても犬猫好きな方が多いんです。
それはもう、びっくりするくらいです。

例えば・・・

同じ階に住むある初老の女性は、私が今の家に越してきてから一度もこんにちはのご挨拶もしてくれず、話した事もありませんでした。外人の私にどこか苦手意識を持っているのかな?という感じでした。
しかし私が猫を飼い始めたことをお向かいさんから聞いたらしく、ふぁーにゃが来た2・3日後に階段でばったり会ったとき、

「あなた、猫を飼ったそうね!!しかもブリティッシュ・ブルーって聞いたんだけど、本当!?」

と目をらんらんと輝かせて話しかけてきました。(未だに彼女の名前は知りません。笑)

しかも

「会わせて・・・」と。

勿論、と、玄関先でふぁーにゃと対面して貰うと、もうこれでもか!と言うほど
「いい子ね〜可愛いわね〜なんて小さいの〜おちびちゃん〜かわいこちゃん〜こっちへおいで〜あ〜〜も〜〜・・・」
とずっと話しかけ、いつまでたっても抱っこしたまま放してくれませんでした。
ふぁーにゃも分け分からず、しかし嬉しそう。

おばちゃんは昔同じ種類の猫を飼っていたそうで、どうやらかなり溺愛していたようです。
今はわんちゃんと暮らしています。
この日以来、会う度に「ねこちゃんはどう?」と、私の事ではなくふぁーにゃの近況を尋ねてきます。

元気ですけど、何か?

元気ですけど、何か?

そして当時お向かいにいた一人暮らしのおばあちゃんは、猫と犬と暮らしていました。
ベーカというその犬は私にとてもなついてくれていて、玄関で会うと勝手に家に進入してくることがありました。そして嬉しそうにふぁーにゃを追いかけるんです。ふぁーにゃはというと、分けが分からず目をまん丸にしながら、怒ったり引っ掻いたりすることなく、何となく逃げていました。猫でもヒトでもない生き物にびっくりしたのかも知れません。

そのおばあちゃんも滅多に家に用事で来る事がないのに、お孫ちゃんが遊びに来たときにピンポンと訪ねてきました。

「子猫を孫に見せてあげたいの」と。

お孫ちゃんたちは目がキラキラ☆

犬猫のお陰で近所づきあいが良くなるんですね。おそるべし動物パワー。

そしてふぁーにゃを連れてタクシーに乗ると、大体いつも運転手さんは私にではなくふぁーにゃに話しかけ、大体いつも自分の家の猫のことを嬉しそうに話してくれます。
行きも帰りも、猫を飼っている運転手さんに当たるということも、今まで数回ありました。

冬の長いロシアでは、家の中で共に暮らす猫や犬の存在は家族そのものなんですね。ペットという感覚とはちょっと異なる気がします。
今では随分減りましたが、野良猫も野良犬も勿論います。しかし大体、誰かが餌をあげ世話をしています。更に野良犬に関してはメトロの入り口に入れてあげて寒さを凌がせてあげていることも多く、文句を言う人は殆どいません。狂犬病など噛まれると危ないとは思いますが、撫でたりするかわいがり方ではなく、そこにいることに対して普通に接しているという感じです。
春先になると、どこかで冬を越した野良の犬や猫がうろうろし始めます。

トド猫

トド猫

動物が好きというか、動物と近い存在という感じ。

そんなロシア。これからもふぁーにゃにはお世話になります。

 

成人の日に思うあれこれ

ロシアは長いお正月休みが終わり、11日の今日から仕事始めです。
日本からすると長い休みで良いなと感じますが、実際は大多数の企業が12月31日まで
お仕事をしているので理解出来なくはないですね。

ただ毎年10日までお休みかというとそうではなく、ロシアは1月7日がクリスマス
(*ロシア正教がユリウス暦に基づいているから)ということもあり、
1日〜7日は確実にお休みですが、その後はカレンダーによって異なってきます。
今年は9・10日が土日だったので10日迄がNew Year Holiday となったわけです。

さて、12月31日の大晦日はやはりお休みにして欲しいと皆考えているようです。
それはそうですね。長い休みに向けて色々と準備もあるしお料理もしておきたいですし。
こちらのブログ『モスクワの大晦日』でも取り上げましたが、オリビエというサラダを
作らなくてはいけませんし。笑

オリビエとふぁーにゃ

オリビエとふぁーにゃ。何故かうっとり

しかし!!ロシア人の知人から聞いたのですが、『オリビエの日』として12月31日を
国民の休日にしようという動きがあるそうです。(!)
冗談のような本当の話・・・

 

さて、日本は今日成人の日ですね。
20代は今から思うと経験が少なく悩みも多く大変なことだらけで、実際戻りたいとは全く思いませんが
体力もあるし色んな事に躊躇なく挑戦出来るし、失敗しても失敗ではなく学びだと1から
やり直しがいくらでも可能。
勿論、人間一生が勉強ですし、いくら年齢を重ねてもいつでも失敗するし、満足行く事なんて
殆どないと思いますが、自分でどんどんしがらみを作ってしまうので、窮屈さを感じる事は
多くなると思います。

しかし、これ世間一般論。

物事をしがらみだと捉えるかどうか。そして窮屈さを作り出すのは結局自分自身の頭の中なんですよね。
年齢を重ねるほどに自由になる人も多い。
余計な力が抜けてきて、良い顔になってくる。
良い意味での諦めが、解放してくれるんですよね。自分自身が作り出した重荷から。
・・・重荷って人と比べて自分を苦しめる「くらべっこの自分」なんです。自分が作り出しているだけ。
しかも人によってそれぞれの人生なんです。同じ人なんていません。

何歳だからこうしていないと、とか皆がこうしているからそうじゃない自分はおかしいのかもとか
「もう何歳だから」とか「周りはこうなのに」とか、人と同じで良いのでしょうか。

大切なのは、自分自身が満足しているか。自分自身でいられるか、ということ。
人によって歩くペースって異なると思うんです。学びをすとんとお腹に落とし込むのに
時間が掛かる人もいれば、あっという間に進んでいける人もいる。皆それぞれ。
ただ、自分で経験して噛み砕いて消化して、はじめて自分のものになるんです。
誰か代わりに引き受けてくれません。笑

だからこそ「何歳だからこうしてないといけない」というのはナンセンス。

 

ここでお勧め、MIKAの『Lollipop』
久々に聴きましたが、やはりこのポッピ−な映像大好きです。歌詞の中にママが言った
「本当の愛が見つかるまで、あなたの人生を生きなさい。恋で落ち込むことになるからね」
というフレーズがあります。そう、人と深く関わる事によって落ち込んだりハッピーになったり
忙しいんです。しかし、あなたの人生を生きなさい、という言葉こそがとても大事。
自分のことを精一杯出来れば、相手のことも大事にしたいって思うようになるのではないでしょうか。

20歳になったからといって全てが急に一変するわけではありません。
数字の羅列です。そして皆順番に巡ってくることです。
しかし自分に責任を持って人生を歩んでいけるようになるんです。
だったら楽しい人生を歩んでいって欲しいと思います。

いつ自分の人生がどう変わるか分かりません。テロだの戦争だの、現在世界は不穏な空気ですし
日本が関係ないかというとそうではありません。
平和に見えるようで実はカモフラージュだと言うことも沢山あります。
いつ自分の人生が終わっても後悔のない様に、
同僚、友人、恋人、家族、その他自分の周りを取り巻いてくれている大事な人たちを
思いきり幸せにして、愛情の出し惜しみはしないことですね。

出し惜しみしていると、結局自分を消耗します。
変にべたべたしたり依存することではなく・・・
言葉が少なくても自分なりの誠意を持って接することが出来れば、きっと相手には届きます。

朝の挨拶、御礼、お詫び、本当に一言でも良いんです。
自分に正直に、大切な人には是非言葉をかけてみてください。

猫には猫の人生が。鳩にも鳩の人生?が。

人と同じく猫には猫の人生が。鳩にも鳩の人生?が。

では、良い1日を!  素敵な人生を。