劇場

ピアニスト ニコライ・ルガンスキー

ニコライ・ルガンスキーのコンサートに行ってきました。

演奏中、こうやって何度も天を仰いでいました

演奏中、実際にこうやって何度も天を仰いでいました

ずっと行きたかったのですが、人気があって高価なことも多く中々チケットが入手が難しかったのですが、とうとう見付けることが出来ました。

場所はフィアルモニア2というセンターではなくちょっと遠くにあるホール。だからなのか、お値段も少し安かったです。2階席で2000ルーブル(現在のレートで3500円くらいでしょうか)

綺麗なホール

綺麗なホール

段も高くなっていて観やすいです

段も高くなっていて観やすいです

行き方は*こちら*
有料のバスやマルシュルートカもありますが、メトロのユーゴ・ザーパドナヤから無料のシャトルバスが出ています。センターから行く場合はワゴンの後ろ側の出口を出て、左に行き上がった所にバス停があります。19:00からのコンサートだと、18:00/18:15/18:30/18:45など15分おきに出ていますが、渋滞が酷い場合があるので、早めに向かう方が安心です。更にコンサート後も勿論バスは出ていますが、1台で往復しているようで、中々来ない場合もあるのでタクシーを事前に頼んでおくことをお勧めします。

さて、演目はこちら

セザール・フランク 前奏曲 フーガと変奏曲

シューベルト 4つの即興曲

メトネル 「忘れられた調べ」より7つの歌

ラフマニノフ 4つの楽興の時作品16 3ー6

ルガンスキーは国民芸術家と国で認められており、世界各国で演奏会も行っています。繊細と言ってしまうとベタなのですが、繊細で精巧な音の連打に加えて、優しさと力強さも共存するような、何というか言葉にならない感動でした。特に彼のラフマニノフは定評があり、現代において彼ほど正確にラフマニノフを理解しているピアニストはいないとも言われています。勿論好みの問題もあるとは思いますが、実際、彼の奏でるラフマニノフは本当に感動しました。ずしりと重い不協和音ともの悲しいメロディの中にすっと通った光があるような、そんな演奏です。

シューベルトってこれほど美しい旋律なんだ、と思いましたし、メトネルの物語達も一曲一曲が終わってしまうのが勿体ないほど。世界中には巨匠と言われるピアニストは沢山いますが、彼もその1人なのだろうなと思います。

スラブ人の血と言ってしまえばそれまでなのですが、ロシア人の作曲家や芸術家に共通する「熱烈なドラマチックさ」は、冬の長い気候が大いに関係しているのではないかといつも思います。うっぷんを芸術で晴らす!みたいな感じです。それは弾き手も聴き手も同様です。ルガンスキーの演奏はドラマチックでありながらもとても繊細で、ピアノの一音一音がとーんと響き胸に迫ってきます。

鳴り止まない拍手

鳴り止まない拍手

終わった後のお客さん達の高揚した顔が印象的でした。
機会があれば是非、足を運んでみて下さい。

次回のコンサートは6月10日(金)チャイコフスキーコンサートホールです。

 

彼について:http://meloman.ru/performer/nikolaj-luganskij/?

 

シェミャーキンの世界『くるみ割り人形』@マリンスキー劇場

先日サンクトへ行ってきましたが、今回の最大の目的はマリンスキー劇場でミハイル・シェミャーキン演出/美術、キリル・シモノフ改訂/振付の『くるみ割り人形』を観ることでした。

シュミャーキン

ミハイル・シェミャーキン

独特な色遣いと世界観

独特な色遣いと世界観

2007年/ゲルギエフ指揮@マリンスキー劇場の映像です。こちらのサイトで観られます
https://my.mail.ru/list/kapa/video/181/601.html
*この映像でドロッセルマイヤーを演じているアダセンスキーは名演。実際にこの舞台を観ている友人は彼の為にある舞台だと言っていました。生の舞台を観たなんて羨ましい限り!

 

ずっと観たいと思っていたので念願叶いました。とにかく舞台も装置も衣装も何もかも、徹底的にシェミャーキン・ワールド。
グロテスクだの変わっているだのマリンスキーらしくない等と評価は色々聞いてきましたが、正直、私はこれはありだと思いました。マリンスキー劇場のダンサーもだんだんと良い意味でも悪い意味でも変わってきていますし、いわゆる昔からあるワイノーネン版の『くるみ割り人形』も上演を続けているのなら双方ともレパートリーとして持っていても良いのではないかと。しかしこれだけが『くるみ割り人形』です、となると話は別だと思いますが。

この『くるみ割り人形』は子どもは大人の犠牲者であるとか独裁政治の暗い過去だとか、色々とブラックな側面を反映しているようですが、キリル・シモノフの解釈とシェミャーキンの世界観がマッチしたのだとは思います。そうして化学反応が起こり新しい作品が生み出されるということに関しては、これはきっと成功なのだと思います。ちなみにキリル・シモノフはフィギアスケートのプルシェンコの振付もしていますね。
ホフマン原作と思うと、こういうブラックな演出になるのもなんとなく納得します。

良く考えてみると、古典作品と言われるチャイコフスキーの『白鳥の湖』『くるみ割り人形』『眠れる森の美女』をはじめ、『ロミオとジュリエット』『ジゼル』等々、クラシック・バレエの人気は落ちてはいませんが、その古典作品のリメイクというか、改訂版や違う解釈による振付を試みる事は世界中を見ても今に始まったことではありません。

・・・それにしても
舞台セットは勿論、衣装も何もかもシェミャーキンの世界観満載・・・本当に独特でした。
こちらシェミャーキンについての記事↓
http://jp.rbth.com/multimedia/pictures/2013/11/29/46223

 

さて、この舞台を観てしみじみ感じたのは、やはり時間が経つと言うことは変化しているということだということ。

ボリショイ劇場で起こっている現状にも繋がります。またこれは次回にここに書きたいと思います。

ちょっとぼやけていますが写真を数枚。

雪の精。真っ黒の衣装にピンポン球の様な白い玉が沢山付いていて斬新でした

雪の精。真っ黒の衣装にピンポン球の様な白い玉が沢山付いていて斬新でした。終わった後、頭飾りを取ってパタパタ仰ぎながら腰に手を当てて舞台袖に入っていく雪の精がいてこれまた笑えました。

アラビアの踊りは蛇そのものの踊り。イリーナ・プロコフィエヴァでした。しゅっとした細身のいかにもマリンスキーっぽいダンサーです。ピッタリでした。

アラビアの踊りは蛇そのものの踊り。イリーナ・プロコフィエヴァでした。しゅっとした細身のいかにもマリンスキーっぽいダンサーです。この踊りは長くてゆっくりな曲で途中で飽きてしまうことも多いのですが、彼女は1人で最後まで魅せてくれました

主役のお二人。エレナ・エフセーエヴァとアレクセイ・ティマフェーエフ。二人とも踊りはちゃんとこなしていました。しかしアレクセイはちょっとジャンプが固かったです

主役のお二人。エレナ・エフセーエヴァアレクセイ・ティマフェーエフ。フレックスの多い振付でクラシックではないため実際踊るのは大変でしょうが、2人とも楽しそうでした。しかしアレクセイはちょっとジャンプが固かったです

 

シュミャーキンも登場!黒ずくめの不思議な存在感でした。ねずみの仮面とイメージがぴったり

シェミャーキンも登場!黒ずくめの不思議な存在感でした。ねずみの仮面とイメージがぴったり

シュミャーキンとねずみ

シェミャーキンとねずみ

そしてとても印象的だったのは・・・

今までこれほど目で追うのが楽しかった花のワルツはなかったです。コールドのフォーメーションの変化、独特な色遣いの衣装と配色、おうどう色・緑・青・紫色の4人のソリストと、その4色から派生した色の衣装で、とにかく動き回ります。花のワルツと言えば息つく間もなく周りのコールドも動き続けるイメージですが、ここの演出はほんとにもうずっとくるくると動き回り、色の華やかさを最大限に生かした振付と言えるのではないかなと思います。とても美しかったです。

花のワルツ。左のおうどう色の衣装は日本人ダンサー石井久美子さん

花のワルツ。ソリスト4人の左、おうどう色の衣装は日本人ダンサー石井久美子さん

機会があったら是非これは生の舞台で観て頂きたい。舞台上にある絵や装置のことを一緒に行った仲間とあれこれ話し合うのも楽しいですし、とにかく話題が尽きません。色の使い方はとにかく必見!