劇場

極寒クリスマスとくるみ割り人形

極寒クリスマス(1/7)となったモスクワ。

分かりますか?吐く息で髪の毛が凍っています

マイナス30度近くなると、外に出た瞬間目がパリっという感覚を覚えます。眼球が凍ると知人が言っていました。笑
確かにそういう感覚です。
そして鼻の中が一瞬で凍り、ちくちくします。
頬もぴりぴりしてくるので、出掛ける前にはクリームやワセリンなどを塗っておく方が安心。

そんな中、

モスクワ国立クラシックバレエカサートキナ&ワシリョーフの『くるみ割り人形』の舞台を観に行ってきました。

連日公演の最終日ということもあり、皆かなりお疲れだったと思いますが、皆良く踊りきりました!!さすがです。1月2日の夜公演でスタートし、その後3日から8日まで(7日だけお休み)1日2公演ずつというハードスケジュールをこなしていました。

このバレエ団で日本人の友人が踊っているのですが、既に大ベテラン。吉田むつきさんと言います。バレエ学校留学時代からの戦友(笑) キャストも彼女しか踊れないという役も多く、任せておけば大丈夫というバレエ団の甘え?が彼女を疲労させているようにも思うのですが・・・しかしその信用を得られるというのは並大抵のことではありません。

毎度おなじみ2幕の中国の踊り。カーテンコールにて

バレエ団はプリマ・ソリスト・コールドバレエ(群舞)等と分けられていますが、その階級によって踊るものが変わっていきます。ベテランにしか踊れないものもありますが、作品を引き継いでいく若手も舞台経験を踏まないと育ちません。
つまりバレエ団は若いダンサーを「育てる」役割も担っています。若手に多少無理させたり思い切った経験をさせたりすることはどこの世界でも同様ですよね。ロシアの劇場やバレエ団はとにかく舞台数が多いので、挑戦出来る場数は圧倒的に多いです。だからこそ舞台度胸がつくダンサーが増えますし、観客の層が厚いのも踊り手が育つ所以です。

主役のふたり 左:ガジムラード・ダーエフ 右:ナタリヤ・オグネワ

この日の主役は大ベテランのオグネワと新人の男の子。彼が彼女に引っ張られてどんどん良くなっていく感じがしました。やはり、一緒に踊る事でしか学べないことが沢山あります。彼女の堂々とした振る舞いや呼吸など、側にいると引っ張られるんですね。それが芸というものだと思います。

どうなりたいか目標とする人を定めたり、どこに身を置くかというのはとても重要なことだと思います。

また舞台はプリマだけいても仕方がありません。主役だけでなく群舞や周りがいることで、はじめて生き生きとし観客を楽しませてくれるスペクタクルとなるんですね。

つまり有名な絵も、額縁がないと引き立たないのと同じです。

バレエは物語を言葉を使わず、踊りと音楽と衣装そして舞台美術で創り出すエンターテイメントであり総合芸術。それを時代時代のダンサー達が身体を通して引き継いでいく。
そうやって舞台芸術という形の残らない芸術が残っていきます。

真っ直ぐに伸びた不思議な雲が1日中ずっと流れていました

丁度大寒波に見舞われた新年。晴れた日が続くとても気持ちの良いお正月休みとなりました。

明けましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。
本年もどうぞ宜しくお願い致します☆

あ、カレンダー変わってる・・・

あれ?カレンダー変わってる・・・

大晦日から0時を過ぎて新年を迎えてからも、あちこちで花火がピカピカしていました。市民の迷惑を考えることなく、モスクワは夜な夜な花火をあげます。近場からも遠いところからもどーんどーんと音が鳴り続けていました。

元旦の朝は外を歩いている人は殆どなし。行き来しているバスも空の状態。静かーな元日でした。夜中の方が車も人も多かったです。
街中も人が少なく、大晦日で盛り上がって飲み食い→1日はお家でのんびり昼まで寝るという感じなんでしょうね。カフェやお店もさすがにお休みでした。

2日は通常通りか午後からのオープンであちこち営業開始していました。

年越し鍋に参加する気満々?のふぁーさん

年越し鍋に参加する気満々?のふぁーさん。じっ・・・

気温はどんどん上がり現在プラスです。雪が一気に溶けて川状態に・・・
しかし明日からまた気温が下がるようで、ー15度という予報が。何だか本当に極端です。

さて、今年のボリショイ劇場のカレンダーはこちら

2017年のボリショイ劇場のカレンダーはユーリー・グリゴローヴィチ

グリゴローヴィチ。かっこいい

ユーリー・グリゴローヴィチは今年90歳。今日1月2日がお誕生日です。

ボリショイ劇場の歴史も、そして現在上演中の作品も彼なしでは語れないものばかり。年末年始のお楽しみ「くるみ割り人形」も彼の改訂版。

グリゴローヴィチ作品の特徴は、とにかくステップや踊りが音となり、群舞の使い方、フォーメーションの作り方が本当に天才的です。特にボリショイ劇場の男性ダンサーの地位というか存在感を引き上げたのは彼の振付ありきだと思います。英雄は英雄たりというマッスルな感じも特徴的。それは女性の美しさを引き立てるだけでなく、舞台のドラマチックさを盛り上げる作用があり、キャラクターの感情表現に深みを増す効果もあります。そんな彼の振付作品は現在ボリショイで上演されている演目と切っても切り離せません。特に「スパルタクス」はお勧め。

ロシアNowで特集記事がありました。ユーリー・グリゴローヴィチ 参考下さい♪

90歳の今でもリハーサルを見ることがあるそうです。舞台美術のシモン・ヴィルサラーゼと当時のダンサー達と化学反応を起こしボリショイの黄金期を飾った要の人物。彼の作品を是非一度観て貰えたらと思います。

HPにあった動画↓

 

さて、新しいカレンダーを眺めつつ・・・
何が変わる訳でもないのですが、やはり新年って新しい気持ちになりますね。スタート、という感じ。
素敵な2017年となりますように☆

☆おまけ☆

巨人兵?と。ベラルースカヤのツリーは今年はなんとなくハロッズぽい、とのご意見でした

巨人兵?と。「連れて行かれる図」にしたかったのにるんるんしてしまいました。今年のベラルースカヤのツリーはなんとなくハロッズぽい、とのご意見です