舞台

シェミャーキンの世界『くるみ割り人形』@マリンスキー劇場

先日サンクトへ行ってきましたが、今回の最大の目的はマリンスキー劇場でミハイル・シェミャーキン演出/美術、キリル・シモノフ改訂/振付の『くるみ割り人形』を観ることでした。

シュミャーキン

ミハイル・シェミャーキン

独特な色遣いと世界観

独特な色遣いと世界観

2007年/ゲルギエフ指揮@マリンスキー劇場の映像です。こちらのサイトで観られます
https://my.mail.ru/list/kapa/video/181/601.html
*この映像でドロッセルマイヤーを演じているアダセンスキーは名演。実際にこの舞台を観ている友人は彼の為にある舞台だと言っていました。生の舞台を観たなんて羨ましい限り!

 

ずっと観たいと思っていたので念願叶いました。とにかく舞台も装置も衣装も何もかも、徹底的にシェミャーキン・ワールド。
グロテスクだの変わっているだのマリンスキーらしくない等と評価は色々聞いてきましたが、正直、私はこれはありだと思いました。マリンスキー劇場のダンサーもだんだんと良い意味でも悪い意味でも変わってきていますし、いわゆる昔からあるワイノーネン版の『くるみ割り人形』も上演を続けているのなら双方ともレパートリーとして持っていても良いのではないかと。しかしこれだけが『くるみ割り人形』です、となると話は別だと思いますが。

この『くるみ割り人形』は子どもは大人の犠牲者であるとか独裁政治の暗い過去だとか、色々とブラックな側面を反映しているようですが、キリル・シモノフの解釈とシェミャーキンの世界観がマッチしたのだとは思います。そうして化学反応が起こり新しい作品が生み出されるということに関しては、これはきっと成功なのだと思います。ちなみにキリル・シモノフはフィギアスケートのプルシェンコの振付もしていますね。
ホフマン原作と思うと、こういうブラックな演出になるのもなんとなく納得します。

良く考えてみると、古典作品と言われるチャイコフスキーの『白鳥の湖』『くるみ割り人形』『眠れる森の美女』をはじめ、『ロミオとジュリエット』『ジゼル』等々、クラシック・バレエの人気は落ちてはいませんが、その古典作品のリメイクというか、改訂版や違う解釈による振付を試みる事は世界中を見ても今に始まったことではありません。

・・・それにしても
舞台セットは勿論、衣装も何もかもシェミャーキンの世界観満載・・・本当に独特でした。
こちらシェミャーキンについての記事↓
http://jp.rbth.com/multimedia/pictures/2013/11/29/46223

 

さて、この舞台を観てしみじみ感じたのは、やはり時間が経つと言うことは変化しているということだということ。

ボリショイ劇場で起こっている現状にも繋がります。またこれは次回にここに書きたいと思います。

ちょっとぼやけていますが写真を数枚。

雪の精。真っ黒の衣装にピンポン球の様な白い玉が沢山付いていて斬新でした

雪の精。真っ黒の衣装にピンポン球の様な白い玉が沢山付いていて斬新でした。終わった後、頭飾りを取ってパタパタ仰ぎながら腰に手を当てて舞台袖に入っていく雪の精がいてこれまた笑えました。

アラビアの踊りは蛇そのものの踊り。イリーナ・プロコフィエヴァでした。しゅっとした細身のいかにもマリンスキーっぽいダンサーです。ピッタリでした。

アラビアの踊りは蛇そのものの踊り。イリーナ・プロコフィエヴァでした。しゅっとした細身のいかにもマリンスキーっぽいダンサーです。この踊りは長くてゆっくりな曲で途中で飽きてしまうことも多いのですが、彼女は1人で最後まで魅せてくれました

主役のお二人。エレナ・エフセーエヴァとアレクセイ・ティマフェーエフ。二人とも踊りはちゃんとこなしていました。しかしアレクセイはちょっとジャンプが固かったです

主役のお二人。エレナ・エフセーエヴァアレクセイ・ティマフェーエフ。フレックスの多い振付でクラシックではないため実際踊るのは大変でしょうが、2人とも楽しそうでした。しかしアレクセイはちょっとジャンプが固かったです

 

シュミャーキンも登場!黒ずくめの不思議な存在感でした。ねずみの仮面とイメージがぴったり

シェミャーキンも登場!黒ずくめの不思議な存在感でした。ねずみの仮面とイメージがぴったり

シュミャーキンとねずみ

シェミャーキンとねずみ

そしてとても印象的だったのは・・・

今までこれほど目で追うのが楽しかった花のワルツはなかったです。コールドのフォーメーションの変化、独特な色遣いの衣装と配色、おうどう色・緑・青・紫色の4人のソリストと、その4色から派生した色の衣装で、とにかく動き回ります。花のワルツと言えば息つく間もなく周りのコールドも動き続けるイメージですが、ここの演出はほんとにもうずっとくるくると動き回り、色の華やかさを最大限に生かした振付と言えるのではないかなと思います。とても美しかったです。

花のワルツ。左のおうどう色の衣装は日本人ダンサー石井久美子さん

花のワルツ。ソリスト4人の左、おうどう色の衣装は日本人ダンサー石井久美子さん

機会があったら是非これは生の舞台で観て頂きたい。舞台上にある絵や装置のことを一緒に行った仲間とあれこれ話し合うのも楽しいですし、とにかく話題が尽きません。色の使い方はとにかく必見!

 

 

谷崎潤一郎『秘密』の朗読劇

久しぶりのブログ更新です。モスクワを暫し離れ、遅ればせながらのお正月休みを日本で過ごしています。

昨日福井市美術館にて朗読劇を観てきました。

福井市美術館

福井市美術館

名古屋を拠点にし、全国で公演を行っている「劇団クセックACT」の看板俳優榊原忠美さんと、福井FM放送のアナウンサー飴田彩子さんによる“ブランノワール”の朗読です。

朗読と音楽や踊りなどとコラボする朗読劇を主催する今年9年目のグループだそうです。
IMG_6483
ブランノワールのサイトには
『朗読劇&音楽&照明&舞台&制作&美術のコラボレーション』とあるように
照明とシンプルな舞台設定により、朗読が引き立つ劇を展開しているんですね。

谷崎潤一郎

谷崎潤一郎

今回の題材は谷崎潤一郎の『秘密』
更にタップダンサーの浦上雄次さんとのコラボレーション。(浦上さんは北野武監督作品『座頭市』(2003年)にも出演されています)
途中、白地に赤と黒の模様の入った着物を肩からかけ風に乗せながらタップを踏んでいました。その姿は、カツンという音に合わせ空気もふるわせ、臨場感が出ていました。特に「路地で雨がざあざあ降っている」というシーンでの連続的な足を踏む音は、まるで観客もその路地に迷い込んだような錯覚を与えるのに十分な効果がありました。

谷崎潤一郎の『秘密』のあらすじはこちら

元いた環境から逃げ出したくなった「私」は、とある寺に住み着いた。夜な夜な読書したり酒を飲んだり変装したりして街に繰り出していたが、古着屋で見つけた小紋縮緬の袷をきっかけに本格的な女装をはじめる。古風なセンスとその美貌とで女性としての魅力に自信を持つようになった「私」だったが、ある日、昔関係を持っていたT女と再会する。それからお互い秘密を纏ったまま逢瀬を重ねていたが、男はその秘密が知りたくなり、ついには女の住処を突き止めてしまう。秘密を知った男はT女への興味を失くし、より色濃い、血だらけな歓楽を求めるようになる。(by Wikipedia)

谷崎潤一郎の小説はなんとなく耽美的というか、美しいものに酔いしれて痺れてしまっている?ような勝手な印象がありましたが、今回の『秘密』は正にそうですね。
福井FM放送のアナウンサー飴田彩子さんの朗読もどこかドスが効いており、妖しい謎の女のイメージがぴったりです。

IMG_6389

会場の様子。真ん中に大きめの舞台があり箱型の座れる黒い椅子が二つ。

会場の様子。真ん中に大きめの舞台があり箱型の座れる黒い椅子が二つ。

装飾とライトの効果も面白い

飾ってあった装飾とライトの効果も面白い

影や音を効果的に使う演出は、この『秘密』以外の作品にも見られる特徴だそう。朗読というと座って本を読むという動きの少ないイメージがありますが、効果的な照明、踊りや音楽とのコラボによって演劇でもありミュージカルの様でもある独特な世界を見せることが出来るものなんですね。
語り手の榊原忠美さんはジャン・ジオノ原作『木を植えた人』の朗読プロジェクトというのも主催しており、全国で活動されているそう。「話のどんぐりを植える」と語る彼の言葉は、ネットや情報にまみれた現代において、人の肉声で物語を展開し耳を傾けることという原点に回帰するような、人のぬくもりを伝える活動なのだなと感じました。

影絵の様な美術館。ちょっと宇宙ちっく

影絵の様な美術館。ちょっと宇宙ちっく

サイト等はこちら

劇団クセックACT 
木を植えた人のひとりごと(榊原忠美さんのブログ)
浦上雄次HP