美術館・博物館

リガ・ぶらぶら街歩き/レオン・バクスト展

先日行ったラトビアのリガではたまたまですが、バクスト展を見付けてしまいました。

発見!!

!!!

現在モスクワのプーシキン美術館でも開催中ですが、ここでも・・・!と一気にテンションが上がってしまいました。

どきどきしながら入ってみると

どきどきしながら入ってみると

やっぱりここでも!!

やっぱりバクスト!!

チケット販売スペースは吹き抜けになっていて気持ち良い空間

チケット販売スペースは吹き抜けになっていて気持ち良い空間

今年はバクスト生誕150周年の年に辺り、あちこちで展示会が開催されているんですね。

レオン・バクストは1866年現在のベラルーシ生まれ。一家で当時ロマノフ王朝の都であったサンクトペテルブルグに移住しペテルブルグ帝室美術院で美術を学びます。1898年からディアギレフが手がけた「芸術世界」の表紙や挿絵などを任されるようになり、その名が知られるようになっていきました。1909年よりディアギレフ率いるバレエ・リュスが旗揚げされ、バクストはこのバレエ団の舞台装置や衣装のデザインなどを行うようになり、「火の鳥」「バラの精」「シュヘラザード」「牧神の午後」「青神」など、現在でも高く評価されている作品を手がけています。

2007年に京都国立近代美術館で開催されたバレエ・リュス展を京都で見に行った時、衣装の色合い、空気感、特にバクストの衣装デザイン画からは、ロシアで感じていた雰囲気がそのままそこにあり、懐かしいとしか言えないものでした。私の中でのロシアの色合いのイメージはバクスト。と、ちょっと大げさですが、そんな感じです。

この懐かしさからかなり興味を持ち、この展示会をきっかけに大学では改めてバレエの要に当たるバレエ・リュスに焦点を当て調べるようになりました。

さて、リガのART MUSEUM RIGA BOURSEで開催中のバクスト展。

バクストだけでなくジャン・コクトーやシャガールなどバレエ・リュスに関わった画家やアーチスト達の作品、プログラムや衣装、デザイン画、絵画など石造りの古い美術館の空間にしっとりと収まっていました。

ジャン・コクトー

ジャン・コクトー

IMG_1365

写真資料も豊富

IMG_1391

実際のプログラム

実際のバレエ・リュスパリ公演のプログラム

IMG_1374

《ナルシス》より。緑色がとても美しいデザイン画

《ナルシス》より。緑色がとても美しいデザイン画

森の精だと。にくらしい♪

森の魂。可愛い・・・

この躍動感。こんなプログラム素敵です

この躍動感。こんなプログラム素敵です

 

もふもふ。かわいい

もふもふ。かわいい

じっくりじっくり見入ってしまいました

じっくりじっくり見入ってしまいました

ディアギレフ率いるバレエ・リュスは1909年から1929年のディアギレフの死まで続き、ロシア・バレエ団とも呼ばれていました。20世紀初頭のヨーロッパでは衰退の途を辿っていたバレエ界に新風を巻き起こし、ロシアバレエの高い水準を見せつけただけでなく、エキゾチックな衣装やデザインは瞬く間に女性達を虜にしてモードの象徴にもなり、更に現在でいうモダンバレエの発展の要となる存在となりました。イタリアで生まれフランスで確立されたバレエを、ロシアで更に成長させ西欧に逆輸入したバレエ団なんですね。

バレエ・リュスに関わった芸術家は本当にびっくりするくらい豪華なメンバーです。ダンサーはミハイル・フォーキン、ニジンスキー、バランシン、音楽家はプロコフィエフ、ストラヴィンスキー、ラヴェル、ドビュッシー、美術はピカソ、マティス、ミロ等々挙げ切れていません。またシャネルも金銭的な援助をしたことも有名です。何か面白く新しいことをやってやろうというディアギレフに、沢山の芸術家が賛同し化学反応を起こしていたんだと思います。当時若手だった芸術家を早くから見抜き、また成熟していた芸術家とも関わり舞台を作り上げていたんですね。何て贅沢!としか言いようのない仕事っぷりです。その時代に行ってみたいです。ただ押しの強いディアギレフとは喧嘩別れする仲間も沢山いたようです。

しかしこのディアギレフを突き動かしていたのは芸術へ信念と明確なビジョン、そして絶対出来るはず!と言うものではないかなと思います。
楽しいことをやってやろうという思いが根本にあると、人はどんどん巻き込まれていきますよね。

サプライズで大満足なリガでの一時でした♪

 

モスクワのプーシキン美術館でも《レオン・バクスト生誕150年展》は8月28日まで開催中です。

こちらも併せてどうぞ♪
リガ・ぶらぶら街歩き/ラトビア
リガ・ぶらぶら街歩き/お土産編

MIYAKE ISSEY展 in 国立新美術館

国立新美術館企画展示室2Eで開催中の『MIYAKE ISSEY展 −三宅一生の仕事−』に行ってきました。

IMG_9095

今回諸々の用事で短期間日本へ一時帰国していたのですが、東京・京都・実家また東京と、旅人でした。笑
日本は新緑の本当に美しい季節。新しい芽吹きに力を貰いました。連休で混んでいましたが、良い時期に帰れて嬉しかったです。
いずれここでもご紹介しようと思っていますが、現在ある計画を進めており、ロシアと日本とを繋げる具体的な企画になると良いなーと思っています。

さて、そんな中モスクワへ戻る前日朝からこちらの展示会へ。
国立新美術館へ行くのははじめてでしたが、地下鉄乃木坂駅から直通で便利でした。

駅から真っ直ぐ

駅から真っ直ぐ

美術館とはあるものの、ここは展示会場という場所で、あらゆるイベント・展示が可能なようです。

活動方針から↓

国立新美術館は、コレクションを持たず、国内最大級の展示スペース(14,000m2)を生かした多彩な展覧会の開催、美術に関する情報や資料の収集・公開・提供、教育普及など、アートセンターとしての役割を果たす、新しいタイプの美術館です。
内外から人やモノ、情報が集まる国際都市、東京に立地する美術館として、「美術」を介して人々がさまざまな価値観に触れる機会を提供し、相互理解と共生の視点に立った新しい文化の創造に寄与します。

中もモダンですっきりと広く、カフェのスペースや独立した椅子が多く置かれており寛げる空間という感じ。
都会と空間アートとの融合です。

IMG_9092IMG_9096IMG_9097

展示内容は写真が撮れないのでこちら、芸術新潮5月号から↓

芸術新潮1

芸術新潮1

英術新潮2

英術新潮2

記事の写真だとその迫力というか存在感が伝わりにくいかも知れませんが、三宅一生の1970年〜現在に至る仕事を紹介しています。三宅一生の洋服作りの根底にある一貫したテーマを、この展示会では目にする事が出来ます。

三宅一生は1938年生まれ。1970年に自身の事務所を設立し、以来コレクションの発表をし続けている日本を代表するデザイナーです。皆さんもどこかで彼の洋服や記事などを見かけたことがあるのではないでしょうか。私の中では奇抜でつんつんしているようなイメージでしたが、今回の展示内容を見て、彼の発想の豊かさ、尽きない好奇心を目の当たりにしました。
三宅一生は「1枚の布」が服作りのテーマだそう。その概念が実際に分かるよう、彼のデザインした洋服を縮小し、小さいマネキンに着せる体験コーナーも設けてあり、皆興味津々に挑んでいました。見ているだけで面白かったです。
「プリーツ プリーツ」「A-POC」など、彼の代表作のテーマが並んでいましたが、動きの豊かなマネキンに、彼の創造性に満ちた作品がぴったり吸い付いていて、静止しているのに動いているようなそんな印象を受けました。デザインが凝っているにも拘わらず、動きやすそうな感じだったからでしょうか・・・
コレクションとして出す作品なので実際日常で着るような感じではありません。しかし日常のスパイスとなり、人間の動きを華やかにそして面白くするんですね。デザイナーさんの仕事って布の特性を生かして人の身体を生き生きさせるものなのだなと改めて思いました。

展示室の8メートルにも及ぶ天井の高さを生かした内容となっており、その縦にも横にも広がった展示は一見の価値ありです。

印象的だったのは、ドレープの陰影で色が濃くなったり薄くなったりして、同じ「布」でも重なり合ったり引っ張ることでその表情を豊かに変えるということ。当たり前の事なのかも知れませんが、同じ色でも色っぽい艶やかさやシャープな印象を与えることが出来るんですね。

舞台の衣装は照明を当てダンサーや歌手の動きに沿ってはじめて「それらしく見せる」ように出来ています。日常に着る私たちの洋服は奇抜なデザインである必要はないのですが、自分らしさを表現する一つの手段として楽しむと良いんだなと思いました。
この予告映像も素敵です。展示内容のイメージとピッタリだったなと思います。

6月13日(月)まで開催。東京近郊にお住まいの方、東京に行く機会のある方は時間があったら是非ぶらっとお出かけ下さい。当日券一般で1300円、大学生800円。前売り券やオンラインチケットもあります。

詳しくはこちら国立新美術館HPをご覧下さい♪
http://www.nact.jp/exhibition_special/2016/MIYAKE_ISSEY/