リガ・ぶらぶら街歩き/レオン・バクスト展

先日行ったラトビアのリガではたまたまですが、バクスト展を見付けてしまいました。

発見!!

!!!

現在モスクワのプーシキン美術館でも開催中ですが、ここでも・・・!と一気にテンションが上がってしまいました。

どきどきしながら入ってみると

どきどきしながら入ってみると

やっぱりここでも!!

やっぱりバクスト!!

チケット販売スペースは吹き抜けになっていて気持ち良い空間

チケット販売スペースは吹き抜けになっていて気持ち良い空間

今年はバクスト生誕150周年の年に辺り、あちこちで展示会が開催されているんですね。

レオン・バクストは1866年現在のベラルーシ生まれ。一家で当時ロマノフ王朝の都であったサンクトペテルブルグに移住しペテルブルグ帝室美術院で美術を学びます。1898年からディアギレフが手がけた「芸術世界」の表紙や挿絵などを任されるようになり、その名が知られるようになっていきました。1909年よりディアギレフ率いるバレエ・リュスが旗揚げされ、バクストはこのバレエ団の舞台装置や衣装のデザインなどを行うようになり、「火の鳥」「バラの精」「シュヘラザード」「牧神の午後」「青神」など、現在でも高く評価されている作品を手がけています。

2007年に京都国立近代美術館で開催されたバレエ・リュス展を京都で見に行った時、衣装の色合い、空気感、特にバクストの衣装デザイン画からは、ロシアで感じていた雰囲気がそのままそこにあり、懐かしいとしか言えないものでした。私の中でのロシアの色合いのイメージはバクスト。と、ちょっと大げさですが、そんな感じです。

この懐かしさからかなり興味を持ち、この展示会をきっかけに大学では改めてバレエの要に当たるバレエ・リュスに焦点を当て調べるようになりました。

さて、リガのART MUSEUM RIGA BOURSEで開催中のバクスト展。

バクストだけでなくジャン・コクトーやシャガールなどバレエ・リュスに関わった画家やアーチスト達の作品、プログラムや衣装、デザイン画、絵画など石造りの古い美術館の空間にしっとりと収まっていました。

ジャン・コクトー

ジャン・コクトー

IMG_1365

写真資料も豊富

IMG_1391

実際のプログラム

実際のバレエ・リュスパリ公演のプログラム

IMG_1374

《ナルシス》より。緑色がとても美しいデザイン画

《ナルシス》より。緑色がとても美しいデザイン画

森の精だと。にくらしい♪

森の魂。可愛い・・・

この躍動感。こんなプログラム素敵です

この躍動感。こんなプログラム素敵です

 

もふもふ。かわいい

もふもふ。かわいい

じっくりじっくり見入ってしまいました

じっくりじっくり見入ってしまいました

ディアギレフ率いるバレエ・リュスは1909年から1929年のディアギレフの死まで続き、ロシア・バレエ団とも呼ばれていました。20世紀初頭のヨーロッパでは衰退の途を辿っていたバレエ界に新風を巻き起こし、ロシアバレエの高い水準を見せつけただけでなく、エキゾチックな衣装やデザインは瞬く間に女性達を虜にしてモードの象徴にもなり、更に現在でいうモダンバレエの発展の要となる存在となりました。イタリアで生まれフランスで確立されたバレエを、ロシアで更に成長させ西欧に逆輸入したバレエ団なんですね。

バレエ・リュスに関わった芸術家は本当にびっくりするくらい豪華なメンバーです。ダンサーはミハイル・フォーキン、ニジンスキー、バランシン、音楽家はプロコフィエフ、ストラヴィンスキー、ラヴェル、ドビュッシー、美術はピカソ、マティス、ミロ等々挙げ切れていません。またシャネルも金銭的な援助をしたことも有名です。何か面白く新しいことをやってやろうというディアギレフに、沢山の芸術家が賛同し化学反応を起こしていたんだと思います。当時若手だった芸術家を早くから見抜き、また成熟していた芸術家とも関わり舞台を作り上げていたんですね。何て贅沢!としか言いようのない仕事っぷりです。その時代に行ってみたいです。ただ押しの強いディアギレフとは喧嘩別れする仲間も沢山いたようです。

しかしこのディアギレフを突き動かしていたのは芸術へ信念と明確なビジョン、そして絶対出来るはず!と言うものではないかなと思います。
楽しいことをやってやろうという思いが根本にあると、人はどんどん巻き込まれていきますよね。

サプライズで大満足なリガでの一時でした♪

 

モスクワのプーシキン美術館でも《レオン・バクスト生誕150年展》は8月28日まで開催中です。

こちらも併せてどうぞ♪
リガ・ぶらぶら街歩き/ラトビア
リガ・ぶらぶら街歩き/お土産編

リガ・ぶらぶら街歩き/ラトビア

今回はバルト三国のラトビアについて。

バルト三国

バルト三国の位置

ちなみに日本ではバルト三国と聞いてもあまり馴染みがなく、どんな所か想像しにくいかなと思います。

ラトビアは自分自身の感想ですが、欧州とロシアと、そして北欧の雰囲気が織り混ざった独特な文化を持つ国というイメージ。パリほど洗練されておらず、ロシアみたいな派手さはなく北欧ほど物価は高くない、素朴、しかし何となくお洒落な空気が漂うところ、という感じ。リトアニアのタリンともまたちょっと雰囲気が違います。

バルト三国は20世紀初頭ロシアの支配下にありましたが、1917年のロシア革命で帝政が崩壊して1918年に独立。しかしその後20世紀はナチス・ドイツやソ連からの占領・支配を受け、共産主義の元反体制と見なされるとシベリア送りにされたり、国外追放される運命を辿りました。またソ連から大量にロシア人を入植し市民レベルでもロシア化を進めたため、現在でもロシア語が通じます。

このロシア語が通じるということは、歴史的に辛い過去を背負っているからこそなのだなと改めて思いますが・・・。

第二次世界大戦後はソ連の15の共和国に組み込まれ、本当の意味で自由をえたのはソ連崩壊時の1991年です。戦争に翻弄され闘いや他国の支配を余儀なくされ、また他民族に抑圧された過去を持つ国なんですね。
しかし実際は20世紀以前の13世紀頃から、バルト三国を巡って隣国のスウェーデン、ポーランド、ドイツそしてロシアからの侵略が繰り返されており、常に隣人の支配に遭いながらも民族意識を持ち続け、独自の文化も守り続けた国でもあります。

 

何故これほど他国の支配を受けたかは、海に面していたその地形にあると思います。欧州とロシアとの文化が交差する丁度真ん中に位置するバルト三国は国交の中心となりやすく、ドイツ諸都市とタリン・リガを結んだハンザ同盟は各都市の文化や経済発展の基盤となっていたんですね。

やはり港町として栄えた街はどこか開放的でゆったりとしており、異国の文化を受け入れるおおらかさがあります。

川の向こうはグンナ・バーカーツ設計の新国立図書館

川の向こうにはグンナ・バーカーツ設計の新国立図書館

この図書館が建築されるまでの映像↓

ラトビア新国立図書館のHP吹き抜けになっていて中もユニークなデザインのようです。次回は是非訪れたいと思います。川沿いにある図書館って何だかやっぱり開放的。

 

更に国土の半分以上が手つかずの自然だそうで、古代から自然崇拝に基づくラトビア神道が浸透しているとか。日本の八百万の神を崇める感覚と似ているんだと思います。お土産+生活必需品のミトンの手袋の柄は、その自然の神様のモチーフになっています。

たまたまですが、ラトビアのニュースで日本の雑誌にミトンが特集されたというニュースを見付けました。ラトビア語でさっぱり分かりませんが、伝統的な柄が良く分かる映像です。

こちら民芸品専門店Sena Klets(セナ・クレーツ)のHPに載っていました。

 

常に他国の支配を受けながらもその雄大な自然と共に独自の文化を守り続け、自国への深い思いと人々の力が根付く国。

日本からだと直行便はありませんし中々行きにくい場所ではありますが、モスクワからだと飛行機で1時間半。ロシア旅行のついでにバルト三国へというのも良いと思います。(*ロシアから往復する場合はビザをダブルエントリーで取る必要がありますが、バルト三国からヨーロッパへ抜けて日本へ帰国する場合はシングルビザでOKです)

ちなみに寝台列車でリガ(ラトビア)/タリン(エストニア)までは16時間。ビリニュス(リトアニア)までは13時間。

いつか電車でも行ってみたいです。

リガ駅の近くの橋を走る電車。ガタンゴトン

リガ駅の近くの橋を走る電車。ガタンゴトン

 

☆おまけ☆興味がある方はRETRIPというサイトにラトビア情報がまとめて載っています。是非ご参照下さい♪

こちらも併せてどうぞ♪

リガ・ぶらぶら街歩き/お土産編

リガ・ぶらぶら街歩き/レオン・バクスト展