ロシアとは

ロシアの物件事情

今月は例年にないほど寒い6月となり、先週は日中も10度以下の寒い日が続きました。今日も冷たい雨が降っています。
片付けていた長袖やコートなどを引っ張り出して着ており、洗って片付けたのにorクリーニング出したのにあぁぁ・・・という方が結構いるのではないかと思います。

寒いっす。もっふり

もっふりも寒いっす。

さて、私事ですが5月の半ばに引っ越しをしました。
2年ほど前から引っ越し先を探してはいたのですが、ちょっと良いなと思うお家は大体レモント(リフォーム)をしているお家で「猫がいるんです」と言うと微妙な表情になり、また返事すると言って曖昧になることがありました。犬や猫に寛大なロシア人ですが、さすがに新しくリフォームしているお家だと大家さんも嫌がります。というのも、実はロシアでは家具やカーテン、電化製品の必要最低限のものは全て大家さんのものが始めから備え付けられていることが多いからです。

日本ではお引っ越しとなると空っぽの物件に住む人が家具等を運び入れるのが通常ですが、ロシアでは
①家具は備え付け
②必要な物があれば大家さんが買って揃えてくれる(備え付けとなる)
③食器や布団(!)まで揃っている所もある
④洗濯機や生活に必要な電化製品も大家さんが買う

等々、日本とはちょっと事情が違います。
大家さんによっては店子が自分たちで家具等を買う代わりに家賃を安くするという場合もあります。

探し疲れ既に引っ越しは諦めていたのですが、突然ご近所さんからお声掛けを頂きとんとんと決まってしまいました。猫がいることも勿論承知の上でのお誘い。ほんとラッキーでした♪(^o^)/

今回の新しいお家ではキッチンには何が必要??と聞かれ
「食器は?」→自分のあるからいい
「電子レンジないの。ごめんなさい。買う?」→使わないからいらない
「食洗機もつけれなかったの。必要かしら?」→全くもって使わないからいい

という状況でした。

勿論、駐在員の方やご自宅にお客さんを招くことが多い人は食洗機はあった方が良い人(小さい子どもがいて大変な人や水や洗剤で手が荒れるから必要という方もいますね)もいるので、人それぞれですが、私の場合は食洗機を使うほどの事ではありませんし、電子レンジはない生活に慣れているので不便を感じていません。今回お願いしたのは電気ケトル、仕事机と靴箱です。ということで多分初期費用はそこまでかからない店子となりました。
ソファベットがあったのですが、ベットは自分で気に入ったのを買いました←置いていくことになりますが、気に入ったものを買いたかったのとやはり新品は気持ちが良いですしね。

私も気に入った〜

私も気に入った〜

前の家は1960年代に建てられてから一度もリフォームすることなく、家具もずーっとソ連の物が使われていた部屋でした。マニアにはたまらない部屋だと思いますが、やはりちょっと古い感じでした。こんな感じです↓

ソ連家具の揃う部屋

ソ連家具の揃う部屋

びっくりされる方もいるかも知れませんが、バレエ学校の寮生活をたことがあるので私的にはあまり気になりませんでした。
この部屋には入居当初、前に生活していた大家さんのお姉さん夫婦のものが洋服以外はほぼ全て残っていて、私の荷物が棚に入らず外に出しっぱなしで生活をスタート。当時大家さんだったおばあちゃんは「勿体ないから使いなさい」と捨ててくれず、どうにかスペースを作ったりこっそり捨てたり(!)で凌いでいました。しかしそのおばあちゃんが亡くなって息子さん夫婦が大家さんに変わった時、奥さんが潔く色んなものを処分したりダーチャ(別荘)に持って行ったり、またお風呂や窓をリフォームしてくれたりとチャキチャキした人だったのでかなり快適になりました。

日当たりの良かったキッチンはレトロな家具も可愛くお気に入りでした

日当たりの良かったキッチンはレトロな家具も可愛くお気に入りでした

 

ソ連のものやベルニサージュで売っている食器等々、古い物が好きな人にはたまらないんじゃないかと言うくらい色々残っていましたが、息子さんの奥さんは容赦なくばしばし捨ててしまいました。今思うと好きな人にあげたら良かったのではと・・・

モスクワのセンターの方だとリフォームをして綺麗にし、外国人やお金持ちに貸し出して本人達はその家賃収入で郊外の広い家や外国に住んでいるという大家さん業務だけで生活をしている人もいます。ソ連時代、親や親戚がセンターの良い場所にアパートを貰った人たち、また90年代の混乱期に破格でアパートを買った先見の明のあった人など、不動産を持っていると現在非常に助かっているという場合があります。

やはり持つべき物は不動産なのでしょうか…

ただロシアの物件は外観やエントランス等はソ連のままでぼろぼろ、しかしドアを開けるとそこは別世界!というものが多く、そのギャップに驚きます。むしろ面白いです。それに見た目は綺麗でもアパート自体のパイプや排水事情は悪いので、水漏れ・さびが混じった茶色い水が出てくる等々問題は結構多発します。しかし家賃は東京の都心と同じ、センターだとNYと同じくらいだとも言われています。(現在ルーブルの下落で多少安い感じはしますが)特にリフォーム済み物件はびっくり家賃な物件もあります。←値段に見合っていない、というのが多くの方の見解ですが・・・

しかし何よりもこの国で大切なのは大家さんとの相性です。不動産屋さんが間に入ったり会社のスタッフが面倒を見てくれる場合はそこまで心配はありませんが、何かあったときに関わるのが大家さんなので好い人に越したことはありません。特に外国人でこの国に住む場合は、生活の軸となるアパートは要です。何かあったときに頼れる大家さんかどうかは死活問題とも言えると思います。

大家さんと仲良くね

大家さんと仲良くね

モスクワでお家を探す際は、是非その点を念頭に置いて探して下さいね。

ロシア人の恋愛観その②

以前、つらつら書いたロシア人の恋愛観①のあと、何だかまだあるなぁと思ったので、今日はその②を。

鏡よ鏡・・・「誰?これ」

鏡よ鏡・・・「って誰、これ?」

3、セクハラがないロシア

最近の日本では「何ちゃらハラスメント」というのがかなり多いと思いませんか?セクハラは勿論パワハラやモラハラ、アカハラやらスモハラ等々、沢山あります。ハラスメント=つまり嫌がらせですが↓

特定、不特定多数を問わず相手に対し、意図的に不快にさせることや、実質的な損害を与えるなど強く嫌がられる、道徳(モラル)のない行為の一般的総称。英語では「harassmentハラスメント」に相当し、日本でも、こと嫌がられる行為をすること(または何がしかの行為に不快感を示すこと)を指してハラスメント[1]と表現する場合もある。類似の概念に「いたずら」がある。by wikipedia

日本では何でも過剰反応だと思うのですが、ある意味言葉遊びのような感覚で新たな「○○ハラ」が生まれているような気もします。記号のような感じですね。

さて、ロシアではこのハラスメントの代表セクシャル・ハラスメント「セクハラ」がありません。断言出来ると思います。
例えば、オフィスで部下の女の子が胸元が大きく開いた服やミニスカートなどのセクシーな格好をしてきたときに、日本人だと男女問わず「おいおいおい」で陰で話題になるんでしょうが、こちらだと「今日は可愛いね」とか「どうしたんだい!デートなの?」みたいな言葉が掛けられます。そして言われた方もはにかんで「うふふ」みたいな感じです。目の前で見たことあります。この風景。言って!気付いて!と言わんばかりの女子も非常に多いです。
そしてむしろ褒めないと、機嫌が悪くなったりつんつんし出したり、ちょっと空気が悪くなります。

日本人の感覚では男性は目のやり場に困ったり、女性は何となく下品だとか嫉妬も混じって複雑な心境になりますが、それは日本が隠しているのに少しちらりと見えるところが色っぽいと感じる《隠す文化》がベースにあるからだと思います。うなじや鎖骨なんかが代表的ですね。身体のラインが出ない着物とコルセットのドレスを比べてみても一目瞭然。西洋の人にとってはくびれを見せる、つまり胸や腰の身体のラインを見せることはある意味女性らしさの象徴なんですね。

セクシーな女性達。前列!!

セクシーな前列の女性達・・・

しかしやり過ぎの人もいます。白いスカートにくっきり見えてしまう青色のTバックやらシャツもブラジャーもすけすけやら、下着が丸見えで本当に目のやり場に困ったり、呆れたりするくらい下品な格好をしてるんるんしている人もたまに、というか結構良く見かけます(特に夏場)
多分、胸も足もこちらの人にとってはセックス・ポイントではないんじゃないかと思います。女性は綺麗だったら見せて何が悪い、という感じ。綺麗じゃなくても見せているおばあちゃんもいるのでちょっと厄介ですが。

「ロシア人は薄着をするほどに暑苦しい」 これは友人の言葉。名言です。(笑)

・・・話は逸れましたが、リップサービスだとしても、「綺麗だね」とか「今日も可愛いね」とか些細な事を褒めるとお互い何だか物事がスムーズです。
女性同士でも同じで、それ素敵!とかどこで買ったのとか、その色あなたに合っているとか、相手の良い所や素敵だなと思うところを褒めると楽しいですし、相手も嬉しいなら尚更会話が華やぎます。勿論男性でも同様。
知人は、奥さんが朝綺麗な格好をしてたら褒めないと後が怖いですよ(笑)なんて言っていました。義務みたいになるのは苦痛かも知れませんが、逆を言えば褒められることに貪欲なそのポイントを抑えておけば、仕事も人間関係もスムーズに行くと行っても過言ではありません。
それにしてもロシア人の男性は奥さんや恋人を褒める人がとても多い様に思います。そして逆に、女性も自分の恋人や旦那さんの話をするときは何だか自信に満ちていたりします。(勿論愚痴を言ったり文句を言う人もいますが)好きな人や気に入っている事は正直に言うのはとても普通なことなんですね。当たり前のことだと思うのですが、何となく出来ない事が多いですね。照れ隠しに謙遜したり卑下したり余計な事を言ってしまったり・・・。褒められることに慣れてないと素直に「うん。でしょ。彼って素敵なの」って言えない。それならば、何も言わずうふふと笑っていれば良いのです。

 

4.強い女性

これまたちょっと知人の話なのですが、去年再婚したロシア人女性とドイツ人男性のカップル。
この二人、出会いはオーストリアとのこと。それまで彼は放浪の旅のその日暮らしを10年間続けていたそう。一所には数ヶ月しか滞在せずヨーロッパは勿論、世界中あちこちうろうろしてたどり着いたオーストリア。そこに旅行で訪れていた彼女と出会い恋に落ち、一緒にロシアに来てしまったといういきさつ。
彼自身、学生の時に第二カ国語でロシア語を勉強していたようですが、彼女とは出会ったときは英語が中心。しかし今では不自由なくロシア語も話しています。

彼らの自宅のダイニングのタイルの床。全て内装は彼の手作業。この作業、気が遠くなる作業だったとのこと。ドイツ人のきっちりした性格が良く表れている惚れ惚れするくらい綺麗な床でした

彼らの自宅ダイニングの床。このお家、全て内装は彼の手作業。このタイルをこつこつ貼る作業に気が遠くなったとのこと。ドイツ人のきっちりした性格が良く表れており、惚れ惚れするくらい綺麗な床でした

しかし、旅先で出会ってそのまま呼び寄せちゃう、という辺り、中々真似できませんよね。
彼女はバツイチで娘さんが一人。仕事も楽しんでやっているしお友達も多いし英語もぺらぺら。ということで、好きになったのであれば、一緒にいたいのであれば一緒にいるのが自然でしょ?という流れだったんだと思います。
ロシアはビザの問題もあるし、子どもも当時10歳だし、結構複雑だったのでは?と思いますが、何だかんだやってのけた様です。
今は親子3人で仲良く暮らしています。娘さんも彼になついており、ドイツ語も教えて貰っているとか。

このカップルはちょっと特殊ではあるとは思います。彼自身も結構変わり者だとは思います。あちこち放浪の旅暮らしって聞いたことはあるけど実践している人って中々お目にかかれないですし。しかし、何よりすごいのは「連れて帰ってくる」女性の強さですね。責任だとか後先のことよりも、「放浪の旅?じゃあ終わらせてロシア(私んとこ)来る?」みたいな感じだったのだと思います。

このカップルを例に考えると、相手は定職に就いていないし、10年放浪しているし、外人だし、受け入れるには結構ハードルが高いですよね。彼女も大金持ちでもないし、普通にお仕事をして子どもを育てているシングルマザーだし、どう考えてもリスクが高い!って普通なら思います。
けどそうじゃないんですね。恋に落ち、一緒にいることの居心地の良さに正直に行動しただけのこと。一緒にいればなんとかなるって、そういう思いしかなかったんじゃないでしょうか。ロシア人の女性ってほんとに逞しいです。

彼女の手作りのケーキ。中にベリーが入っています。ものごい美味でした♪3個食べちゃった(笑)

彼女の手作りのおやつ。ものごい美味しかったです。2つぺろり

最近の日本での恋愛に関する情報やネットに載っている記事を見ると、まず条件を見て、年収とか学歴とか、相手に付属しているものをまず調べてそこで値踏みする傾向がとても強いように思います。あと、周りにどう評価されているかに重きを置いています。
勿論真面目で堅実な事に越したことはないのでしょうが、自分たちの感情はそっちのけで、盲目的に焦っている(焦らせる)傾向を否めません。本当にそれで良いのかなと、何となく疑問に思います。

日本では「相手にどう思われるか」に重きを置き「自分がどうしたいか」をおろそかにすることが多いのかなと思います。これは日本という島国の文化的な背景が影響していると言えるかも知れません。しかしおもてなしではピカイチだと言われている日本でも、最近は全てオートマチックで感情のこもらないサービスも多く、「マニュアル通りにやっていれば良いんでしょ」という風潮も否めません。マニュアルに従い過ぎて、自分がどうしたいのか考える隙を与えなくなっているんでしょうか。

ロシア人の人たちを見ていると、人は人。自分は自分ととてもはっきりしています。お互い別に同じ意見じゃなくたって良いんです。「こう思う」ということを結構皆はっきり言います。始めは「こういったらきついかな」とか「大丈夫かな」とどきどきしていましたが、言った方が自分の為だという事がわかりました。「Yes or No」をはっきり伝えないでいると、あとでそのストレスは自分にのみ降りかかってきます。そして相手にも「なぜ言わなかった」とただ呆れられます。意見をはっきり言っても実際全く後に引きずりません。

大陸の人との違いといってしまえばそこまでですが、
自分の感情に素直に生きる=自分の事を大事にするっていうことなんでしょうね。
本当にシンプルです。

なので「恋がしたい」と思う、自分の正直な気持ちに従う人のなんて多いこと。
離婚率も50%以上を超えていますし、再婚、バツイチ、バツ2なんて普通。周りにどう思われるかよりも自分がどうしたいか。好きな人と一緒にいたいという気持ちが大切。それで周りに迷惑をかけていたら問題ですが・・・。

恋愛は2人の人間関係。その基本をとことん大事にするのは素敵なことではないかなと思います。

さぁ、しっかり目を空けて!良く見るのだっ!

さぁ、しっかり目を開けて!良く見るのだっ

 

ロシア人の恋愛観その①はこちら