コンサート

極寒クリスマスとくるみ割り人形

極寒クリスマス(1/7)となったモスクワ。

分かりますか?吐く息で髪の毛が凍っています

マイナス30度近くなると、外に出た瞬間目がパリっという感覚を覚えます。眼球が凍ると知人が言っていました。笑
確かにそういう感覚です。
そして鼻の中が一瞬で凍り、ちくちくします。
頬もぴりぴりしてくるので、出掛ける前にはクリームやワセリンなどを塗っておく方が安心。

そんな中、

モスクワ国立クラシックバレエカサートキナ&ワシリョーフの『くるみ割り人形』の舞台を観に行ってきました。

連日公演の最終日ということもあり、皆かなりお疲れだったと思いますが、皆良く踊りきりました!!さすがです。1月2日の夜公演でスタートし、その後3日から8日まで(7日だけお休み)1日2公演ずつというハードスケジュールをこなしていました。

このバレエ団で日本人の友人が踊っているのですが、既に大ベテラン。吉田むつきさんと言います。バレエ学校留学時代からの戦友(笑) キャストも彼女しか踊れないという役も多く、任せておけば大丈夫というバレエ団の甘え?が彼女を疲労させているようにも思うのですが・・・しかしその信用を得られるというのは並大抵のことではありません。

毎度おなじみ2幕の中国の踊り。カーテンコールにて

バレエ団はプリマ・ソリスト・コールドバレエ(群舞)等と分けられていますが、その階級によって踊るものが変わっていきます。ベテランにしか踊れないものもありますが、作品を引き継いでいく若手も舞台経験を踏まないと育ちません。
つまりバレエ団は若いダンサーを「育てる」役割も担っています。若手に多少無理させたり思い切った経験をさせたりすることはどこの世界でも同様ですよね。ロシアの劇場やバレエ団はとにかく舞台数が多いので、挑戦出来る場数は圧倒的に多いです。だからこそ舞台度胸がつくダンサーが増えますし、観客の層が厚いのも踊り手が育つ所以です。

主役のふたり 左:ガジムラード・ダーエフ 右:ナタリヤ・オグネワ

この日の主役は大ベテランのオグネワと新人の男の子。彼が彼女に引っ張られてどんどん良くなっていく感じがしました。やはり、一緒に踊る事でしか学べないことが沢山あります。彼女の堂々とした振る舞いや呼吸など、側にいると引っ張られるんですね。それが芸というものだと思います。

どうなりたいか目標とする人を定めたり、どこに身を置くかというのはとても重要なことだと思います。

また舞台はプリマだけいても仕方がありません。主役だけでなく群舞や周りがいることで、はじめて生き生きとし観客を楽しませてくれるスペクタクルとなるんですね。

つまり有名な絵も、額縁がないと引き立たないのと同じです。

バレエは物語を言葉を使わず、踊りと音楽と衣装そして舞台美術で創り出すエンターテイメントであり総合芸術。それを時代時代のダンサー達が身体を通して引き継いでいく。
そうやって舞台芸術という形の残らない芸術が残っていきます。

真っ直ぐに伸びた不思議な雲が1日中ずっと流れていました

丁度大寒波に見舞われた新年。晴れた日が続くとても気持ちの良いお正月休みとなりました。

テオドール・クレンツィス@モスクワ音楽院大ホール

今月はじめ、モスクワ音楽院大ホールであったテオドール・クレンツィス(Теодор Курентзиc)のコンサートに行ってきました。曲目は125名のオーケストラによるマーラーの交響曲第6番。
この曲自体は1904年に作曲されたもの。クレンツィス曰く「大きなオーケストラには最良の曲目」だそう。i
クレンティスはギリシャ生まれ、サンクトペテルブルグ音楽院で指揮法を学び、2007年と2008年に「黄金のマスク演劇賞」の2回の受賞歴もあります。2004年から2010年の間はノボシビルスク国立歌劇場と同管弦楽団の音楽監督を務め、現在はペルミ国立オペラ・バレエ劇場の芸術監督、そしてアンサンブル・ムジカエテルナ/ムジカエテルナ室内合唱団の芸術監督を務めています。現在世界から注目されている指揮者です。
クレンツィスのプロフィール(日本語)

私自クレンツィスのことは知らなかったのですが、知人から是非一度聴いてみたい指揮者なんだという話を聞き、調べた所運良く7月に音楽院である今回のコンサートを見付けました。しかし通常と比べてとても高価な上見付けたのが5月でコンサートの2ヶ月前だったのですが、7・8割のチケットがもう売れており、一番高い席で25000ルーブル/4万円ちょっと(!)でした。なな、なんと・・・

しかしコンサート当日、総勢100名を越えるオーケストラがぎっちりと舞台上に出てきたとき、全員連れてきたのならそれは仕方ないのかなと思いました。(それにしても異様なくらい高いですが^^;)

マーラーって実はそんなに好んで聴かないですし難解なイメージだったのですが、今回のコンサートでその思い込みは吹っ飛びました。クレンティスの破天荒(に見える)な指揮、呼吸が聞こえてきそうなくらい勢いのあるオーケストラに1時間半食い入るように聴き入って(見入って)しまいました。
クレンティスのだだっ子のような指揮には始めド肝を抜かれましたが、全身でマーラーが迫ってくる感覚は「面白い」の一言。指揮は勿論ですが振る舞いにも目が行ってしまう特異なオーラが彼にはありました。

第2楽章と3楽章の間に指揮台に腰を下ろして水を飲み、頭にかける姿には思わず笑ってしまいましたが・・・

あー、つかれた〜

あー、つかれた〜

そりゃ疲れますよね。

みるみる内にシャツが汗でべったりと背中に張り付き、そのすさまじさに前方の席の人は汗がかかっているのではないか?と思う程でしたが、その様子は本当に圧巻でした。

IMG_0762

若いオーケストラのメンバー達はこの指揮者の指揮に食いつくように挑んでおり、そこでまた化学反応が起こるというサイクルを繰り返しているのではないかと感じました。毎回、きっと何かしら違う波動を生んでいると思います。それくらい勢いのある楽団でした。彼ほどユニークで癖のある人だと場所によっては反発を買うこともあると思いますが、ノボシビルスク→ペルミと、芸術レベルは高く観客の目も肥えている場所でかつ地方都市というのが彼に自由な創作活動の場を与えることになったのではないかと思いました。これからの活動もとても楽しみです。個人的には是非彼のストラヴィンスキーを聴いてみたい♪

この日のコンサートの記事(ロシア語)

マーラーの交響曲2番の一部。指揮の感じが分かると思います↓

いつか彼らの本拠地、ペルミを訪れたいと思いました。

クルレンツィスのHP(ロシア語/英語)
ペルミ歌劇場のHP
IMG_0776

終了後も騒然としていたホール前

音楽って楽しい!と改めて感じた夜になりました。日本でも近い将来彼のコンサートがあるかも知れませんね。